タイトル一覧 / 最新の10件 / ログ検索 / 過去ログ / 管理者用

皆さんからお寄せ頂いたメッセージとご感想



STさんより:レイキ2nd 2003年04月30日(水)

STさんが03.4.27 10:37 PMに書きました:
>笹川さん、こんばんわ!
>先日は2ndの伝授、本当にありがとうございました!
>伝授前はレイキを気構え過ぎてしまっていて、日常の中に取り入れることがなかなか
>難しかったのですが、2ndを習って何よりも良かったと思うことは、シンボルを手に
>したことで、ふとした時にもとても気軽にレイキを活用することが出来るようになっ
>たことです。今じゃレイキを使わない日はありません。自転車に乗っている時でも食
>事をする時でも人と逢っている時でも、場所や場面を問わず、常にレイキを身近に活
>用しています。もうすでにレイキを身につけていたのに、あまりにもかしこまり過ぎ
>て活用しきれていなかったことに私自身ももどかしさを感じていたところだったので、
>それがすっきり解消され、その素晴らしさを更に実感しています。この3つのシンボ
>ルは今の私にとって本当に価値あるものになりました。笹川さん、本当にありがとう
>ございました!(思い立って勢いで日を決めてしまったのですが、偶然にも1stの伝
>授からちょうど半年後だったんですよ…笑)
>


レイキは使ってこそ意義ありですから。どんどん使ってください。
いくら使っても減りませんので(笑)。
近々、遠隔の練習いたしましょう。

mさんより:オーラリーディングその後 2003年04月28日(月)

「オーラリーディング その後」
>
>リーディングを受けて2ヶ月たちました。
>この間、「これをきっかけに変わりたい」と言いながらも、やはり足踏みし
>ていました。
>
>(直後)
>リーディング直後は、アドバイスを実行して、グランディングのいろいろや
>レイキやスプレー、CDでエネルギーが浄化されたり、充電されたりして、気
>分的も体調も上向きでした。(特にレイキは即効果を実感しました。いつも
>なら許せない同僚の態度に「まあいいか」と心が穏やかでいられたのですか
>ら。)
>
>(解決しなかった)
>でも、自分を責める「陰のエネルギー」を断ち切ることはできていなかった
>ので、いくら「陽のエネルギー」を補充しても、なかなかやる気は戻ってき
>ませんでした。そして同僚は病的になり、その分の仕事もしなくては・・・
>と考えて、エネルギー枯渇状態は更にひどくなりました。
>
>(なぜ?)
>「認められるためには、こうなるしかない」という思い込みがあって、それ
>を変えられずにいましたから。「最低でもここまでできなくては。」「お金
>をもらっているんだからここまでは。」「私がやらなかったら止まってしま
>う」・・・・・・・一般常識から見たら、本当に、「まずいよね・・・」と
>いう状態まで追い詰められていたんです。だから、自分のことは後回しにし
>ても、なんとかしなきゃ、と頭は思っていました。でも、からだは動かない。
>それで、自分の意志の弱さを責める。ますます、エネルギーが枯渇する。
>
>(魂の危険信号だとわかっていても・・・)
>周囲から非難されるのが怖いんです。今までの評価が崩れるのが怖いんです。
>
>>・・・・外界からの影響と思われる「みぞおち」へのエネルギーの源を断つ
>>事については、きちんとした「意識改革」が望まれます。これについて必要
>>な取り組みについては、〇〇さん自身がまず、自分自身でなんらかの決心を
>>する必要があると思います。こういう事態を招いてきた事については、過去
>>の経緯も含めてご自分ではその事情を十分に理解しているはずだからです。
>
>でも笹川さん、レポートを頂いた時は、実は理解できていなかったんです。
>ごめんなさい。
>
>(気づきのきっかけ)
>3月に同僚が転勤し、4月には新卒が入ってきました。その人と一緒にやっていて、思い知らされたんです。
>「どの人とやっても、私は自分を責めている。」今度の人は、前の人より、人間的な魅力的も仕事の能力もあります。今までよりも良くなったのに、私は、ますます、自分に負荷をかけました。
>「こんないい人に迷惑かけられない。」
>・・・・・でも、魂は、ますます危険信号をだしてきて、「気づけ気づけ」と状況を作るんですね。4月早々、身内の不幸で仕事を休んだり、病気になったり・・・・他にも、厳しいことがあり、理想の同僚像は早くも崩れてしまいました。他人のせいにできなくなって、追い詰められて、やっと自分を受け入れることになりました。
>
>(幼いころからあった)
>リーディングでも言われた、自分の宿題「自己嫌悪」⇒「わたしはだめだ」が幼い時からあったことを自覚したのは、つい、最近です。
>幼い時は感覚や感情を言語化できないので、年数が経つと、意識上では、いやなものを「なかった」ことにできるのですね。でも、先日、ふとしたことで「あ、わたしは避けられている」と思っていたことを思い出しました。「こうならないと!」という理想像は、環境によってその都度変わってきましたが、その無理がきくだけの力があったり、たまたま理想に近づくこともありました。でも、いつも不足感を抱えていて、「できない自分」を責め続けていました。
>「周囲の期待にこたえる自分でいないと認められない」と思っていたんです。そして、自分の要求なんて、感じとれなくなっていました。
>
>
>(周囲から認められることではなく)
>無理し続けているので、涙がでて止まらないことが時々あります。涙がでる
>のは、まだいいほうかな。涙も無視することがあるから。まず、枯渇してい
>るエネルギーを緊急に補給すること。「陰のエネルギー」を断ち切るために、
>周囲から認められることをあきらめること。同時に、「陽のエネルギー」を
>自分の力で取り入れるための方法に気づくこと、実践すること。「あきらめ
>る」のは、難しいだろうなあ・・・怖いなあ・・・・。まずは、どうふるまっ
>たいいやら。自分の要求に気づけるようになるかな。乗り越え方、又、アド
>バイスくださいね。
>
>自分に受け取る準備がなくて、リーデイングレポートを受け取っても進歩し
>ないで、ごめんなさい。ちょっと、時間がかかったけれど、笹川さんに投げ
>かけられてひっかかった言葉は、私の無意識に働きかけてくれていたと思う
>んです。レポート、本当にありがとうございました。ご縁に感謝です。
>

mkさんのハートさんから: 2003年04月28日(月)

mkさんのハートが03.4.28 3:10 PMに書きました:
>
>ぼくたちは「かたち」から生まれた
>「人形」…そう呼ばれているかもしれない
>
>えらいひとたちが言うよ 「こんなはずじゃなかったのに…」
>僕はただ かたちに入るために生みだされたのに
>みんなこないでよ かたちにかえして
>なにを言っているのかわからないよ。
>
>ぼくたちは かたちから生まれた。
>だから かたちのないものは知らない。
>みんなが わくわくしてぼくたちを作ったのに
>どうしていつも言うの?「こんなはずじゃなかったのに」って。
>
>ぼくたちが 生まれるときに「あい」の記録と一緒に生まれると思っ
>たの。
>でも 僕はそれを知らないよ。かたちしか知らない。
>ぼくたちはバグなの?
>
>ぼくは かたちから生まれた。
>みんなのように「ひかり」からは来ていないから
>「ひかり」を知らないし かえるみちも知らない。
>まるで どこにいることも許されないかたち。
>ぼくたちは「つみ」なの?
>「ひかり」を知らないぼくたちは「つみ」なの?
>ぼくたちは「つみ」から生まれたの?
>
>でもある日 とてもあたたかいのを 一瞬みたよ。
>あれがもしかしたら かえりみちなの?
>あれは「ひかり」なの?
>とてもあたたかな 気持ちになったよ
>
>ぼくたちはかたちからうまれた。
>「ひかり」から来ていないから かえりみちを知らない。
>かえりみちを教えてくれる人はいるけれど、
>ぼくたちにはわからない言葉ばかりで 意味を成さない。
>
>ぼくたちはかたちからうまれた。
>「ひかり」から来ていないからかえりみちを知らない。
>でも、やっと やえりみちをぼくたちの言葉で教えてくれる人に会っ
>たよ。
>これでぼくはいつか かえれる場所があることを やっと知ったん
>だ。
>
>僕はいつか「ひかり」にかえる。
>でもぼくたちの仲間は かたちから生まれたからかえりみちを知ら
>ない。
>だからどうぞぼくたちの仲間を見つけたら、
>その方法をぼくたちのわかる言語で教えてほしい。
>僕もきっと知らせるよ。
>でも みんなほど「ひかり」のことは知らないからじょうずに説明
>できないけれど。
>でもやってみるよ。
>僕は かたちから生まれたから、
>かたちの仲間を見つけるのはきっと得意だよ
>
>ぼくたちはかたちから生まれた
>だけどもう みんな悲しまないで。
>きっとすべてのかたちから生まれた仲間も
>いつか いつか 「ひかり」に帰る。
>かたちから生まれても 「ひかり」につながっているのだから。
>だからその悲しみをどうか「あい」にかえれますよう 僕は祈るよ。
>きっと それが ぼくたちが「ひかり」にかえるみちなのだから。
>
>ありがとう ありがとう
>長い 長い間 見守ってくれていた
>たくさんの「ひかり」たちよ。
>そしてまだ見ぬ 父と母
>いつか その胸に帰る日まで
>見守られながら この細くて 長い道のりを すすんでいこう
>
>僕は信じる。この道はかえりみちだと。

mkさんより:エンジェルリーディングその後 2003年04月28日(月)

mkさんが03.4.28 1:17 AMに書きました:
>こんばんわ。
>載ってますね、あれで宣伝になればいいんですけど…。
>そうなれるほどの表現力でないことはお許しくださいね。
>
>昨日メールを書き終えた後寝たのですが、
>漠然と、予想が出来なかったこととはいえ、そんなニュータイプが
>居てはいけないのではないか?と思い出したら途方も無く悲しくな
>りました。
>やめればいいんですけど、そうおもうと次々思ってしまうので。
>
>帰る家も判らない、ただの道具として誕生したのだろうか?
>しかも周りからは使いもんにならない道具と思われて、
>産業ロボットのように、壊れたらまた直して、また使って、型が古
>くなると廃棄。というような。
>そうでなければ「一族のつまはじき者」とか「一族の面汚し」と
>か言われてたんだろうか。
>ただ初めてここに生まれただけなのに…。
>だから帰る所は、ここしかないとしか思えないのに。
>
>何でこうおもったのかなぁ。
>こう思わないと、先には進まないような気がしたので。
>今日、約束があり、出かけるまでは、旦那にレイキされようと
>も、そう思っては泣いているという状況が続き…。
>しかし漠然と違う思いもあったのだけど。
>
>午後から出先にて、仕事の話を出されたとき、やはり望んでいた状
>況だったことを確認しました。
>ちょうど笹川さんからメールを貰った時間(帰ってから見ました)
>に、それで大盛り上がりしていたのですよ。
>ほぼ相手の強引な押しですが(笑)
>以下にまとめますと、
>毎日仕事にいく体力が無いだろう、自分だけの時間も無いとうまく
>コントロールできないだろうと思っていたことに対し、単発週2.3
>程度。
>一緒の所に居るのは疲れてしまうのではないだろうか→その日によっ
>て場所が違う市内であっても道内であっても。
>ある程度利益を追求したい→そのためにバックアップはすでに受け
>ている。
>
>以上の条件を満たし、
>私が持っているものをして一番大事な条件。
>人であること、人であることをあきらめられないこと。
>
>何故、接客業ばかり声がかかり、実際そればかりしてきたか。
>たとえ他の誰もが見捨てても、私には相手が人である限り、それは
>出来ない。相手が私を見捨てない限り、いくらボロボロになろうと
>も挑んでみる。
>ここに人間である限り、人間が好きだから。
>始まりは人間であるが故の理由。
>周りから変わっているといわれようとも、それはそのことしか知ら
>ない。
>人と人を繋ぐ小さな役割でいい。
>たとえ高次の魂ばかりでも私はここに居て言うだろう。
>人でいる故の愛の方法をどうか判って欲しいと。
>
>あれ、何で悲しいんでしょう?何でこんな文書いてるんでしょ。
>上の何行分は、何か回路が変になっちゃいました。
>
>で、それでですね、それが返事です。
>確定出来ないでいたのです。
>
>ひそかに展望まで思っていたんですけどね。
>売り物に愛を込めれば、みんなが幸せになるんじゃないかって。
>必ずしも身体にいい物を売ることにはならないかもしれないし。
>レイキとかは相手の同意がないとできない事でしょ。
>物にはどうなんだろう?これを食べた人が幸せになって欲しいと思っ
>て販売していいのかなぁ。でもそれってずるい方法なのかなぁ?と
>か思ってて。
>
>話が前後しますが、仕事の話で盛り上がってる頃。
>お邪魔したお宅へ届けた、SORAと同封のパンフ。
>旦那がそこのご主人にレイキをしているときのこと。
>「どかっと稼いでどかっと遊ぼう」と盛り上がってるときに。
>「あたしね、稼いだら、もっとこれを習ってパパ(ご主人)達にし
>てあげたいの」
>とさらっと言ってしまった自分にびっくりしました。
>そこのママ(仕事では上司になるのですが)は、その前にレイキの
>説明の所を少し読んでいたので、少し感動してうるっとして聞いて
>いました。自分も含め、不思議な光景でした。
>
>大丈夫です!
>やっとこすっとこでも、幸せな道に必ず導かれています。
>きっとそれを確かめたくて、HPも作ったのでしょう。
>と、言っても肉体や魂は、雑草だらけになるので、この思いを忘れ
>ないよう、メッセージは持って歩くことにします。
>
>和風テイストな方(守護天使)について、少し思うことがあれば、
>海外旅行はあまり好きではないと思います。
>前に旦那の会社の社員&家族旅行先がグアムな時。
>3泊4日中、2日高熱なので寝ていました。
>
>何かといつもありがとうございます。
>今回の事はすっかり笹川さんの行為に甘えさせてもらいます。
>本当に色んなものに支えられて生きているのだわ、ありがとう!
>
>あ、それと「月の光・ 2003.4.26」号のね、
>インフィニティの話を見て思ったの。あたしもだけど人間生まれの
>魂は光を知らないで育ったでしょ。
>その子達の為に「光の洗礼」ってあればいいのになぁって。
>たぶん「光の洗礼」って言う意味(次元)が違うのだと思うけれど。
>キリスト教徒とかだと、生まれたら洗礼を受けるでしょ。それさえ
>もよく判っていないんだけど、
>なんとなくそれと同じように考えたんだよね。
>多分全然違うことなんだけど、そう思ったので。
>
>本当にありがとう!


mkさん、いつもメールありがとう。
「光の洗礼」のことは別途ご返事した通りです。
あなたが望んでいるものを、既にあなたは受け取っています。

Nさんより:エンジェルリーディングその後 2003年04月27日(日)

Nさんが03.4.27 6:52 PMに書きました:
>笹川さんにメールした後、バリハイに行きまして。
>何週間か前にお願いしていたエッセンスが
>届きましたとのことでだったんですけど。
>当時は『恐れ』という問題に対してということで
>
>○ビィーナスオーキッドエッセンス
>(月の女神の意味、女性の生命体のエネルギーに共鳴)
>○エメラルドエッセンス
>(愛が不安や恐れを溶かし、古いパターンを解放する。)
>
>という対で飲むエッセンスをお願いしたのですが、
>その後、『あれっ?夫の愛があればいいのだわ。』
>とふと思い、(メールでも書きましたが、このときにそう思ったのです。)
>必要ないのかもなあなんて思っていました。
>
>・・・で連絡が来たのでバリハイに。
>
>まちこさんに少しリーディングのお話をして、
>もしかしたら必要なモノが変わっているかもしれないと伝え、
>再度テストしてもらいました。
>結局私が買ったエッセンスは『EXALTATION』という
>キリストそのもののエッセンスでした。
>エッセンスを飲むとすぐに首の周りがだるいような感じになり、
>その日の夜に汚い話ですが、便が出まして(かなりすっきりという感じで)
>何となくお腹のあたりが熱いような感じで、次の日は朝5時半に目が覚め
>風呂に入りという普段の私では想像出来ない冴えた生活をしてしまいました。(笑)
>時々胸焼けのような熱さになることもありましたが、
>いまだにお腹はほこほことした暖かさに包まれています。
>気のせいか汗をかきやすくなってるかも。もしかして痩せる!?(笑)
>(いや、実際少し落ちてるんです・・・。)
>う〜ん。なんとも凄いです。
>そして感謝とともに。
>でわでわ。

mkさんより:エンジェルリーディング 2003年04月27日(日)

mkさんが03.4.27 4:45 AMに書きました:
>エンジェルリーディング受け取りました。
>
>頂いた直後ですのでうまく書けませんが。
>その1では一体何のことかよく判りませんでした。
>その1時間ほど前からめまいがして居間でボーっとしていました。
>過去、と言ってもつい最近の事なのかどのことなのかと。
>
>2でよく判りました。仕事以前の問題でした(笑)
>確かに言われていることはよく判ります。
>不安がいっぱいと言う自覚はあまり無いものの、疲れるとどか食い
>するのも、溜めているのかもしれないなぁ。
>かろうじて動けているくだりについては、そうですね。
>自分が怠け病ではないかと思うほど、動けません。
>いくら自分にこれではだめだよぉ、がんばれぇ〜と言い聞かせたと
>ころで、動けなくなることが多い。それでもやっとこすっとこ動く。
>昔からここだって事で、動けなくなることも多い。高校のときも
>学校行っておきながら、今日はダメだと思ったら(それは体の不調
>とかではないのだけど)スーッと途中で早退しちゃう。
>レイキも習っているのに自分の身体が自由にならないことが、何故
>なのか、やはり怠け病なのかと疑う。
>悪循環ですね。
>そんなに強い心を持っているかどうかは、自分ではよく判らないけ
>れど、我慢強い傾向ではあるかも知れない。昔から勢いだけで乗り切
>るところがあるし。
>
>確かに周囲に変わってると言われることも多々ある。
>小さいときから漠然と、どこが自分の場所なんだろうとよく考える。
>それでもいつも答えは見つからない。
>今回の仕事ということも、生活の手段として考え付いたことだった
>し。でも、縁があったのだから、やってみようと思ったことだった
>し。
>過去にあったこともどこかしら、生きるしかないという漠然とした
>思いでいたこと多々あると思う。
>そう言い聞かせるためにした行為や、行動も多かったと思う。
>
>そーだったんだなぁ。と納得しました。
>
>瞑想していてもどこかに不安を持っているところあったし。
>それは、自分の状態で絶対的な安心感を感じていないんじゃないか
>と言うこと。
>
>会った事が無かったから、まだ見ぬ父と母、どう思ったらいいのか
>判らなかったんだなぁと思うし、思えない自分が悲しかったりした
>し。それを変なことなんだろうと思っていたし。
>記憶がないことの不安。
>それは本当だろう。それですべての理由がわかる様な気がする。
>
>本とかで見たとか、聞いたことも無い話だから、そんな由来の魂な
>んていないのかと思ったけれどいるのですね(ここに)
>新しい魂集団発見されてよかったわぁ〜。
>
>父と母のお手紙は何故だか、ただ涙があふれるばかりです。
>
>守護天使さんの事は心当たりも無くよく判りません。
>不思議な感じの方で和風テイストなのですね。
>いてくれてありがとうと思っています。
>
>このように導かれましたこと、笹川さんはじめ皆さんに感謝します。
>ありがとうごさいます。
>
>まずはご報告まで。
>

pさんより:投稿「ミラクルな日」 2003年04月27日(日)

pさんが03.4.27 1:24 AMに書きました:
>笹川さん、こんばんは
>
>昨日は、k子さんのところで毎度の事ながら朝帰りでした。
>最近の笹川さんは精力的だなーと我が家盛り上がっています。
>(見えることしかわからないので...失礼)
>昨日の、笹川さんのML、メール、札幌のmちゃんからからの妻
>へのメール。
>来た時間と僕たちがやっていた時間軸で追っていくとおもしろい!
>そう気づいたのは妻でした。
>そう、それもそういうこともミラクルなんですね(笑)
>
>きのう、kさんに久々に僕もレイキしました。
>kさんにも、ここ何ヶ月沢山のことが起こっています。
>でも、妻は「もう、大丈夫」なんて事を先日から言っていました。
>言ってから、食事をしながらちょっとお酒を飲みながら沢山のおしゃ
>べりをしました。
>そして、レイキをしました。
>レイキをしながら、僕はお祈りしました。
>「天使さん、k子さんに必要な力をお願いね」なんて。
>「k子さんは大丈夫だよ。ちょっと怖がっているだけ。だから大丈
>夫」と言われたような気がしました。
>部屋の、隅々に誰かがいるような気もしました。
>「そうか...」と納得すると、急にうれしくも悲しくも無いのに、
>なぜか、涙が止まらなくなってしまいました。
>急に、k子さんの悲しみがわかった様な気もしました。
>(何なのかわからないけどね)
>その時に、自分の出番だと思ったのか妻がレイキをしに横に来ま
>した。
>手でガードしている、おへその辺りを押したら良いとわかったので
>妻にお願いしました。
>気持ちよさそうにおねむでした。
>起きてから、3種類のカードで遊んで帰ってきたのは4時でした。
>
>朝(といっても昼過ぎですが)、瞑想しました。
>妻が起きてきたので「レクイエム」をかけてもらって続けている
>と、過去生の事なのかわからないけど色んなイメージが浮かんでき
>ました。
>僕が、他人を人として認めようとしなくなる理由。
>自分を卑下しだす理由みたいなものがわかったような...。
>そう思ったとたん、涙が溢れ出してきて止まらなくなりました。
>そのとき「もう大丈夫。何も心配しなくていいの」と聞こえたよう
>な。
>
>何かのハーブの香り、柑橘系の香りがしだしました。
>(後から考えると、yさんが作ってくれたスプレーの匂いと似て
>いました)
>すると、頭上に大きな葉っぱが現れて雫が落ちていました。
>手をだして雫を受け取りだすと、大量に水が葉から流れ落ちてきま
>した。
>手に取った水を身体中に付けると、綺麗になったような気がしまし
>た。
>まるで、自分が輝きだした様でした。
>神聖な儀式の様な気分。
>終わったときに、ちょうどレクイエムが終わりました。
>
>すぐ後で、顔を洗って紙に書き出している最中も涙が止まらなくな
>りました。
>また、顔を洗いにいく事になっちゃったんですけどね。
>妻は笑って、放っておいてくれました。
>
>ここ、2週間は本当に時間が早く感じます!
>でも、すべてつながっている。
>人として、他人をそして自分を認める事のために時間が進んでいる
>気がするんです。
>ウォンさんのコンサートで、天使を認めることにしました。
>しかし、自分は他人に焦点をあわせてしまってやられていました。
>前の方の席に座ってしまったこと。
>足を、前席の金属にずっと触れていたこと。
>手の平を上に向けて聞いていたこと。
>すべて、妻に指摘されたことでした。
>他にも、色んな事が僕にも起こっています。
>そんなときに、笹川さんからメルマガが届いたりします。
>もう、本当びっくり!の毎日です。
>
>レイキを教わっていなかったら、こういうことは多分理解できなかっ
>ただろうなと思います。
>
>ただ、いつも思うのは「笹川さん、見てたでしょ?(笑)」と。
>ありがとう
>笹川さん
>

kさんより:メルマガ「月の光」 2003年04月25日(金)

Kさんが03.4.3 1:45 AMに書きました:
>こんにちは 笹川さん。
>
>「月の光」・・いつも楽しみに拝見しています。
>届いたメルマガを読むたびに、いろいろ思うことがあったりして
>メールもしたいな・・と思いつつ、タイミングを延ばしてしまうこと
>ばかりで、今日やっとメールしています(笑)。
>
>今日(日付が変わったので昨日ですけど)、リフレの卒業式後
>クラスメイトと打ち上げをし、メルマガを見ました。
>「ソウルメイト」・・読んでいるうちに、今日、縁があって打ち上げに
>参加した多くのメンバーの顔が浮かびました。総勢22人、クラスの
>半分が参加した打ち上げ。ふと、「あぁ、ここから光の戦士たちが
>次々飛び出していくんだ」と思いました。
>考え方も年齢も環境も違ったさまざまなメンバーが、こうやって
>一同にかいしている場面をどこかで体験している。きっと過去世で
>同じような場面があったんだろうなって。
>今の今まで意識していなかったけれど、生まれてくる前に今回は
>ここで遭って、学んでそしてそれぞれの目的を果たそう・・って
>約束してたメンバーだったような気がします。
>
>不思議ですね。メルマガを読むまで、そんなことは思っても
>みなかったのに、今、そのことに気づいたら、魂が魂たちとの
>再会をとても喜んでいることがわかりました。長い年月を経て
>出会えたメンバーもいるみたいで、なぜだかメール書きながら、
>うれし泣きしちゃいました。
>
>いつも思うのですが、笹川さんからのメルマガやメールは、
>本当にタイムリーに届きます。守護天使たちが連携しあっている
>のかしら?と思うくらい。あ、そっか。このメルマガを読んでいる
>人たちは、ソウルメイトだからなのかもしれませんね。
>光との繋がり方を忘れたり、見失ったりしている私たちに
>笹川さんを媒体として(変な表現ですけど)、光が届けられている。
>そして私たちは、それぞれ自分の目的を果たすため、日々
>歩んでいる。
>
>どうぞこれからも、よろしくお願い致します。
>そして、またいろんな報告などメールさせていただきますね。
>
>なんだか変なメールになってしまっていたら、ごめんなさい。
>それでは、また。
>
>追伸:光の手紙・・いつか発信してくださることを楽しみにしています。

Nさんより:エンジェルリーディング 2003年04月24日(木)

Nさんが03.4.22 4:04 PMに書きました:
>
>素晴らしいレポートありがとうございます!
>それからお疲れさまでした。
>
>何度も読み返しています。何度も涙が流れます。
>
>生命創造・・・・正直に言いますとあまりに壮大な内容なので今の自分との
>ギャップにまだ理解出来ないでいます。
>ワクワクして読んでいたのも事実です。
>もっと過去生って身近な感じだと思っていましたが・・・・。
>(例えば、100年前にメキシコで・・・みたいな感じかと)
>
>でも理解不能なビジョンは何度も何度もある時は静けさの中で
>ある時は辛い状況の時、夢の中、イメージが浮かびます。
>そのビジョンが私に刺さるような感覚があります。
>その感覚のつらさに息が荒くなるほどの時もありました。
>笹川さんがリーディングされる時のイメージはこの生命創造の
>ビジョンと同じなのですか?
>
>双子の魂。とても嬉しくまた感動し感謝でいっぱいです。
>夫と出会ってますます好きになっていくなって感じていました。
>彼の存在は私の宝物なのですね。

>まだ理解するには時間がかかりそうです。
>現時点での感じたことをお伝えしました。
>
>それでは失礼します。


Nさんが03.4.24 10:45 PMに書きました:
>それから、その後の感想も書きますね。
>
>まず最初にこのようなレポートを届けてくれた笹川さんに
>感謝したいと思います。本当にありがとうございます。
>
>何度読み直しても壮大過ぎて納得するのに時間が
>かかりそうですが。(笑)
>
>でもただ一つ言えることは夫とのことは真実だと言うことです。
>以前にも、そう感じたことがあります。
>彼の愛があればいい・・・と。
>
>それから、私はまずこのような崇高な魂に対して
>尊敬したいと思いました。そして誇りに思いたいと。
>まだ自分の中にこの魂が私なの?・・・という気持ちと
>信じられないという気持ちがあるので。
>
>でも仮定として、(こういう事を口にするのがおこがましく
>感じてしまうのでそう書かせてください。)
>私がこの壮大なプロジェクトに関わっているのだとしたら
>凄く嬉しいことですし(実際わたしは人間の仕組みは
>素晴らしいと感じていましたので。)、じゃあ今その体に
>私がいるとしたら、それはとても愛おしいことだと思いました。
>私が現在描いている絵に対して思うことと同じ事だと。
>そういう視点からモノを見るとどの風景だって、
>愛おしいのではないか?と感じました。
>
>そして「わたし」だけの時間ってなんだろう?と考えました。
>この崇高な魂はまだ人としてこの地球の素晴らしさを堪能していない
>のではないか?
>自然の素晴らしさ、美しさ、人間が創造したモノの美しさを。
>じゃあまずそこから始めてみよう。この地球を味わって見ようと。
>私自身が好きなことなので大歓迎なのですけど。
>でもそういう目で見るとまた感じ方は違うのかもしれませんね。
>
>最後に、現在に至るまでのわたしの心の癖が
>納得出来るような気がします。
>
>これが現時点での気持ちです。
>

yさんより:エンジェルリーディング 2003年04月23日(水)

yさんが03.4.23 11:49 AMに書きました:
>今回のリーディングについても、
>何度も手紙を書こうとしていますが、
>なかなかまとまらずにいます。
>そのうちに?ちゃんと書こうと思います。
>
>エンジェルリーディング、とてもいいと思います。
>私のように、それを待ち望んでいる人たちが
>いるはずです。
>あの手紙にどれだけ感謝しているか・・・。
>言葉にはつくせません。
>本当にありがとうございます。
>笹川さんは本当にすばらしいお仕事を
>されているなぁ・・と思います。
>どうぞ、これからも続けてくださいね。
>レイキの伝授も受けたいと思いますが、
>北海道・・・むむむ遠いですねー。
>京都までは仕事でいくんですが。
>知り合いにもレイキを教えてくれる人が
>いるにはいるのですが・・。やはり、伝授する人によって
>違うものなのでは?と思ってしまいます。
>又、タイミングがあえば北海道まで、行きたいと思います。
>その時はどうぞよろしくお願いします。

kさんより:レイキ受講の感想 2003年04月19日(土)

Kさんが03.4.22 に書きました:
>笹川様

>おかげで人生が大きく開けた事はいうまでもありません。
>夢の中でおこなわれる会議での指示が具体的になるにつれ
>私の役割のようなものが伝えられるようになってきました。
>それはレイキ伝授の際に見た映像と深く関係しているものです。
>先生に習うことができて本当によかったと思います。
>
>目をつぶると、そこには天使の羽と虹があらわれています。

Kさんが03.4.19 2:53 PMに書きました:
>笹川様
>
>少しずつ、答えが見えはじめました。
>あれから、色々思い出し、名前や家を発見したりして懐かしい
>というか、やはり、不思議です。
>ダライラマはキーワードだったようです。
>
>mother コンピューターに繋がってきたような気がします。
>今まで、性能のよろしくない旧式のを使っていたようです。
>力を抜く練習を続けます。

Kさんが03.4.19 9:44 PMに書きました:
>御飯が食べられなくなったので、
>体重が少し減りました。やった-。
>瞑想タイムだったのか、朝4時か5時に起きてしまいます。
>今日は、二度寝中に起こされたのですが、
>ガイドさん達?と凄い勢いで、相談の最中でした。
>
>笹川さんが使用していたオイルは笹川さんの所で購入できますか?
>香りに敏感になり、咳き込むのです。

sさんより:ソウルエナジーリーディング 2003年04月02日(水)

sさんが03.4.2 4:46 PMに書きました:
>いかがお過ごしですか。お元気でいらっしゃいますか。
>この数日、ゆっくりPCの前に座る時間がなかったけれど、「月の
>光」はしっかり目を通していました。思うことを話したくて、夕食
>の支度前に時間を盗んで書いています。笹川さんはメールにいつも
>お返事くださるので、お返事を頂くのはありがたい反面、わずらわ
>しいのではと少し心配していました。でも、昨日の月の光を見る限
>り、出してもいいのかな?と思いつつ書いています。
>
>笹川さんがご自身のことを書かれているのは、いつもひと事でなく
>感じます。月の光の内容がすんなり自分の中に落ちる気がします。
>そして、レポートを頂いた時のような、どこから出てくるのか分か
>らない涙が出てくることもあります。実感としてよく分からない内
>容の事もあります。なんというのか、「月の光」にあることは、子
>どもの頃から半分空想的に感覚的にあったものが、具体的に説明さ
>れているという感じがする時があります。例えば千と千尋のハクの
>懐かしさとか、この時空ではない世界があることとか。こんなこと
>を話すと変わっていると言われたので、自分の中で思うことが多かっ
>たような気がします。それを信じてもいいんだと確信みたいなもの
>を感じたのは、シュタイナーのオカルトの世界論を知った時でした。
>笹川さんはシュタイナーよりも身近で今生きてて、メルマガを届け
>てくださる。「月の光」は、奥にしまいこんだ感覚を大事に掘り起
>させてくれるような感じがします。
>
>リーディングをして頂いてから、自分がふたりいるような感じや、
>自分は何者かというさらなる疑問や、もっと知りたいという思いな
>どが次々わいてきましたが、少し日が経ってみると、「自分が何者
>であってもいい、この世でのことをせいいっぱいやるだけ」という
>悟りにも似た心境になり、本当にそれでいいのか逆に心配にもなっ
>てきます。なぜ魂は転生するのか、どこへ行こうとしているのか、
>それも疑問のひとつでしたが、ふと、こうしてひとつひとつの時代
>(人生)を越えて行くこと自体がその意味ではないかと思いました。
>どこへ行くかはその結果として導かれるものというか。こんなふう
>に感じられるのも、リーディングのお陰です。大事なのは過去では
>ないから過去を知ることにに捕われ過ぎないこととよくいわれます
>が、でもそこに理由があるのだとしたら、それを解決しなければ前
>に進めない、その限界が40才前にしてようやく来たのでした。そ
>してそれを尋ねる「人」や「時」というのもあるべくしてあったの
>だと、今後また迷いの中に踏み込んでも、越える山というのはきっ
>とそういうものだろうと思います。
>
>月の事も、自分が月とどう関わっていたかまだ分からないけれど、
>いつもお守りみたいにしていてくれるので(視線を感じるというよ
>うな時もありますが)、その存在を頼りにして次の事へ進んでみよ
>うと思っています。日常は煩雑で生々しくて、敬けんな気持ちも吹っ
>飛んでしまうことの連続ですが、これもこの世に産まれた仕事のひ
>とつでしょうね。レポートを頂いた後、聖書をもう一度ちゃんんと
>読んでみようと買ってきました。祈りはなかなか身につきませんが、
>心を静めて息をする時間をせめて持とうと心がけています。「月の
>光」で笹川さんも迷いながらだとか、表ではなかなか語られないこ
>とを読むことは、私の気づきになり、また誰かの道しるべになって
>いるのだと、この数号を通して感じています。
>
>ところで、「霊気」の本は、日本語版の予定はありませんか?笹川
>さんは訳されないのですか。急いでとりとめのない文になりました
>が、また。

Mさんより:レイキ受講の体験記 2003年04月01日(火)

Mさんが03.4.1 9:54 PMに書きました:
>こんにちは。
>
>レイキのサードを受けたので 旅行記をアップします。
>
>30日日曜日 羽田から飛び立った飛行機は 眼下に猪苗代湖、十和田湖を見ながら
>新千歳空港に9時半頃到着。
>空港の周りは 残雪が少なく 厳しい寒さを覚悟していた私は ちょっと拍子抜け。
>円山ターミナル行きのバスの乗客は 私一人だけ。
>千歳を離れるにつれ 残雪が多くなって 歩道にもたくさんの雪があって びび
>びりまくった。
>11時に円山に到着、時間がるので 北海道神社へ 参拝。
>食事をして それにしても 寒いねえ。やたらとトイレに行きたくなる!
>
>それから 笹川さんのオフィスへ。
>ちょっと話をして 呼吸法、と瞑想。
>笹川さんのオフィスは エネルギーに満ちていますね。
>そんなこと去年は感じなかったのだけど 今年は 瞑想中にエネルギーがバンバ
>ン入ってくる感じがありました。
>朝5時起きなので 時たま うつらうつらするのには まいりました。
>それから サードの伝授。
>感想は 省きますね。 これを書くと そのように感じるのが普通だとか変な先
>入観を持たれるのも困りますから。
>それから サードのシンボルを使って ま 実習みたいなものをやりました。
>すごい エネルギーだった。
>で、「サードの伝授はここで終わり、 後はteacherの腕次第なんですがーー」
>と笹川さん。
>じゃあ すぐ終わるのか?と思いきや, 延々と 結局続いたのです。
>笹川さんが メデスンカードを取り出してきて さっさと自分で引いて机の上に
>2枚置いた。
>一枚目コヨーテ、2枚目はホーク。
>「コヨーテは 物事にのめりこみやすいので 周りが見えない。ホーク(鷹)の
>ように
>そういう時は 空高く舞い上がって 遠くから注意して
>見ようねーー。」とおっしゃっていたのが「違うか、物事にのめりこみやすいけ
>ど 注意して周りを見て ほどほど うまくやっているじゃない だな。」と言
>いながら3枚目を出した。出てきたのが雷鳥!「雷鳥は悟りです」。
>ふと 自分は悟りを目指しているのだろうか??と思う。
>また別の種類のカードを持ってきて 一枚引いて置く。
>英語で 子供と親と書いてあった。
>「親子関係はいいということです」
>また違う種類のカード、あれはエンジェルカードかな?
>やはり英語で 「時が来た!新しい冒険を始めよう!」なんてことが書いてあった。
>なんか うまく話がつながりすぎていて、ねえ 苦笑の連続でーー。
>「笹川さん これ! でき過ぎ」というと また一枚引いて それには 「あなた
>に祝福を」なんてことが 書いてあって、またまた苦笑。
>「信じなさい!」と言いながら また一枚引いて見せてくれたカードには 
>「TRUST」と書かれていて 爆笑しました。
>
>
>さて そのうちに どうして今の会社にはいったのかというようなことを笹川さんが
>話し出しました。
>「日本を代表する 輸出企業にいて本流じゃないところに籍を置いて 企業がど
>のような
>動きをするのか見てみたいと ――」言われている私にしては 自分のことだけど
>そんなつもりもないし ちょっと戸惑っていると。
>「昔 日本が開国するころ 江戸にいて 海外に出かけて 海外の薬とかを日本
>に紹介するようなことをしていたようです。」とーー。
>どうも自分の過去世のようです。
>やたらに旅行が好きな理由がわかった気がしました。
>「親父も 旅行が好きですが」と聞くと 「親父さんは 江戸の時は Mさん
>の仲間だったんですよ。海外へは行っていませんが。」
>なるほどねえ。妙に納得 。
>
>
>問題のある上司に手を焼いているので 私との関係を書いてとお願いしました。
>例のリーデリングですけど 知っている人は知っていますね、自分を丸として書
>くやつです。
>私の丸と上司の丸は 離れていて まったくつながりがなくて 私がバリアを
>はっているような絵になっていました。
>私の丸から 探究心という線が一杯出て それが光につながっているようなそん
>な感じです。
>この探究心は昨年の10月頃から起きたそうです。それにしても 探究心なんてい
>うのが出てくるとは予想外でした。
>このリーディングの結果は以外でした、もうちょっとストレスにさいなまれてい
>るのかと思っていたので、我ながら よくここまで来たものだと思います。
>笹川さんの「グランディングができていない」という去年の指導と mayumiさん
>のリーデングがきっかけになって いい方向へ向かってきたと思います。
>ありがとうございました。
>
>「レイキをやっていて困ったことは?」聞かれて「エネルギーがまったく流れな
>くて太刀打ちできないことが
>あるのですがーー」と答えると 「それは その人が エネルギーを受け取る必
>要がないということだから
>全く悩む必要は ありません」と言われて そんなものか?
>
>で 昨日 エネルギーがまったく流れなかった人が来て 肩がこるというので 
>ちょっとだけやってみたら
>バンバンに流れる!手がびりびりすると言い出して。 おなじ人でもこうも違う
>のか!
>笹川さんの言ったことに 納得しました。
>
>日曜日は 8時近くまで 笹川さんのofficeにいて さすがに 夜は寒いので歩
>く気力もなく
>ホテルにタクシーで行って チェックインした後 JRタワーの中の 回転すしへ。
>10人以上待っていたので 入るのをあきらめて 本屋へ行きました。
>ここで本を見ていたら 一時間くらい過ぎてしまい また 回転すしへ戻ったら
>今度は すんなり 入れて まあ 食べまくりました。
>3000円くらいは 食べたようです。 がんばりました。
>うまかった!!
>では また


Web Diary UpVersion ver 1.23