タイトル一覧 / 最新の10件 / ログ検索 / 過去ログ / 管理者用

皆さんからお寄せ頂いたメッセージとご感想



s.nさん:レイキ2nd 2003年10月27日(月)

On 2003.8.7, at 12:47 AM, s wrote:
笹川 さん

2ndを受けて数日が経ちました。
毎日が充足している、という感じです。
シンボルとマントラを受けたことでレイキがとても身近になりました。日常のあらゆるとこ
ろで使っています。ここにも使えるかな、とかいろいろ試したりもしています。自分にも家
族にも、思いがあるところにはどこにでも使えることに驚いています。それもただ3つのな
のに、それで十分なのが本当に驚きです。1stでは知り得なかったことでした。
レイキを使うシーンが多いということは、同時にその数だけ感謝と祈りの機会が増えるとい
うことで、毎日それに満たされて何度泣いているか分かりません。
その涙は何かどうしようもなく温かで、こんなふうに心が一杯に満たされる思いは生まれて
初めてです。まだ泣き足りない、と言われたことだし、流れる涙は流しちゃおうとそのまま
泣いていますが、思わぬところでだーっと出てくるので困ってしまいます。
長い間の自己否定や行き場のない思いに陽が差した感じで、そのきつかった思いさえ意味が
あったことだと知ったのが、とても救われる思いです。レイキを習いに来る人は決まってい
ると笹川さんが言われていましたが、私にとっても導かれて行くべくして行ったという感じ
が強くします。カウンセリングでもなく、宗教でもなく、レイキだった。それが当然の流れ
だったとしても、そこに辿りつけたことと笹川さんに深く感謝します。

まだまだ呼吸だけでも涙が出るので、意識してシンボルを使ったグランディングと瞑想を毎
日しています。よくこれだけ泣けるものです。
シンボルを使ってのレイキで、「これはシンボルのせいか?」と思うことがいくつかありま
した。
夫が疲れと風邪のひきはじめで体調が一気に下りそうだった時に、覚えたばかりのシンボル
でヒーリングしました。始めてしばらくすると、両手が肘の辺りまで赤くなって血管が浮い
てきました。これまでは手のひらが熱い感じはありましたが、上の方まで赤くなったのは驚
きでした。夫はすぐに寝てしまいました。
夕方に畑仕事をする時、いつも私はすぐに虫に刺されるのでこれもシンボルを使ったら、
ひとつも刺されることなく終わることができました。ほんとに不思議。もしかしたら体質も
変わってきているのでしょうか。
アレルギー症状は少し改善しているように思います。1stを受けてから街にさえ行くのがき
つく、2nd前も人混みに行くとくたくたになっていましたが、今日行ってきたらなんだか大
丈夫。元気でその後も仕事できました。これも2ndのおかげかな。これなら○○温泉だって
大丈夫かも!ピカイチ大好きな温泉だったのに、1st後から硫黄がきつすぎるのかひどい湿
疹が出ていました。今度行くのが楽しみです。

2ndではkyokoさんに思いがけずお会いできたのもとてもうれしかったのです。HPの写真で
はちょっと魔女的な怖い方かと思っていました。でも実際はやはりそんな感じでいながらす
ごくラクチンという印象でした。私もあんなふうになりたいな。「新しい愛がほしい」とか
さらっと言える。
ストーンヒーリングもちょっと迷ったけれど、受けてよかった。kyokoさんだけでなく笹川
さんとの二人のマスターががりで「すごく贅沢!」と思いながら寝ていました。
尾張の若奥様のことは遠い感じしかしませんでしたが、多くの人の苦しみを私が持っていた
なんて、子どもの頃から何かが見えたりなどの霊的な要素は自分にはないと思っていたのに
思いがけなかったです。
尾張には縁はないなと思いましたが、ひとつだけ気付いたことがあります。学生時代の恩師
がたしか名古屋出身でした。今も本当によく気にかけてくれ、心配してくれるありがたい先
生なのですが、学生時代から私のことをなぜか「○○お嬢様」と呼んでいました。そんなこ
とを言われたのは初めてで、恥ずかしくてたまりませんでした。もしかしたらこの先生は尾
張時代の側近とか’じいや’だったのかも、などと思ってしまいました。
お守りアクセサリー欲しいなとしばらく思っていたところに、kyokoさんのアクセサリーが
始まり迷っていましたが、2ndを受けてみてシンボルとマントラは最高の宝石だと感じてい
ます。ふだんあまり「物」に捕われたくないとおもっていたのですが、シンボルはいつも自
分の傍らにあり、自分が気付けば輝きを増すものですね。
でもkyokoさんがしていたターコイズの指輪、かっこよかったなーと女心もちらりです。

今回の私のテーマは「変化を恐れない」だね、と言われましたが、恐れていた自分を知って、
気が楽になりました。2ndから帰って2日後に、戸惑っていたことをひとつやり遂げました。
その評価がどう来ても、スタートを切ったことだけでも満足で、評価に対しても精進して行
けるのではないかという気がしています。

私の手はずんぐりと小さくてしわも多く、夫は苦労した手だといいます。苦労したつもりは
ないけれど、女でそう言われるのは色気から遠い気がしてちょっと恥ずかしく思っていまし
た。1stの時、笹川さんの手を近くに見た時、はっとしました。同じように手のひらにたく
さんしわがありました。ミュージシャンの手は白魚のようかと思っていたので、ちょっとど
きりとしました。
2ndの終わりに笹川さんがご自分のレイキ修了書を見せて下さり、マスターを終了したのが
そんなに昔ではないことを話してくれました。「それまでが長かったからね」と言われてい
ましたが、その時に手のしわのことを思い出し、「月の光」に書かれていた長い間苦しかっ
たことをその手が表している気がしました。
こんなことを話して失礼かもしれませんが、その手がなぜか忘れられず、それが笹川さんへ
の信頼にもなっていることを感じています。私はまだ何も思い出さないけれど、自分の昔や
笹川さんとどこで一緒だったのか、そんなことが分かる時が来るといいなと素直に思います。
年表にはしないかもしれませんが。(する気持ちはすごく分かる)

今日、昼間に自転車をこいでいたらやっぱり当然のように視線の先に月があり、笑ってしま
いました。シンボルを描く時、2ばんめのシンボルは書きながらいつも好きだなと思ってい
ましたが(小さな恐竜みたいだし)、紙をよく見てみたらこれは月のシンボルでした。やっ
ぱりなにか月と関係があるのかなー。今夜は「月の光」が聴きたくなって、聴きながら打っ
ています。私はやはり満月と下弦の月に気持ちが合います。

レイキを学ぶならマスターまで行くといいよ、との言葉のとおり、きっと1stを受けたいと
決めた時からそれを望んでいるのだと思います。でもその時期は自然にまかせます。
笹川さんとお話しするのは、まだやっぱりちょっと緊張するけど、3rdの時がきまったらよ
ろしくお願いします。

USA在住mさん:個人セッション 2003年10月27日(月)

On 2003.8.6, at 10:51 PM, m wrote:

笹川様

こんにちは。
昨日、アメリカに帰ってきました。
こちらは例年とは違って、8月なのに暑い夏です。(寒い夏で有名なのに)

先日は本当にありがとうございました。
おだやかで確実になにかが見つかったような気がします。
自分と向き合う時間を持たせていただいて感謝しています。
色々教えていただいてありがとう。

この場所で暮らす事をまた違った気持ちでエンジョイできそうな気がします。
それから私が出会う人々にも今まで気にも止めていなかった”愛おしさ”な
思いで会えそうです。
そういう事を気付かせていただいてよかった。

こちらに来られるチャンスがありましたら、是非お寄りくださいね。
またお目にかかれる日を楽しみにしています。

それでは。

MSさん:レイキ1st 2003年10月27日(月)

On 2003.8.1, at 11:36 PM, MS wrote:
 レイキ1st伝授の日から1ヵ月半経ちましたが、その間いろいろなことがあり
ました。仕事の面では、とにかく自分の手が大好きになりました!リフレクソロジー
のサロン勤務を経て、リンパセラピーを勉強してからも自分の手が好きになったの
ですが、レイキを学んでからますます手が愛しくなりました(笑)
お客様にはまずレイキをさせてもらってから、リフレやリンパセラピーをしています。
そうすると、とっても「いいかんじ」です。私自身もセラピーされたかのようです。
リフレやリンパセラピーをしながら同時にレイキをするってこと可能なのでしょうけど
私にはまだできません(笑)きっと、そのうちできるかも〜?
 リンパセラピスト仲間にレイキフルセッションしてから、その彼女にリンパセラピーを
してもらったことがあります。いつもの彼女のセラピーよりもっと気持ち良かった気が
しました。おもしろいです!
新しいお客様との出会いも増えてきました。エンジェルカードにもお手伝いしてもらい
ながら、仕事を楽しんでいます。その他にも、別の仕事も舞い込んできました。
先月上旬に家事をしながらぼんやりと考え事をしていたんです(よくあること・・・)
それは「セラピールーム&カフェやりたいなあ〜。そういうお店あったら、私行きたいな」
「カフェってどおやって開くのかな〜?間取りは〜」な〜んて考えてたんです。そうしたら
後日、近所の喫茶店のママさんから「夏季限定10回だけ働いてくれない?」という話しが
あり、日にち、時間ともできそうなので引き受けました。以前に喫茶店パートをしていた
ので、喫茶店の仕事は好きなんです。ママさんもとっても素敵な方です。新しいご縁が
できました。ワイワイ楽しく働いてます。
来週からは、リフレクソロジスト仲間のサロンも手伝うことになり、結局仕事3つ&家事
という8月になります。ますます「ボディケア」をしなくっちゃ!
 仕事以外のプライベートでも様々な出来事が起こり、お伝えするのが大変です(笑)
レイキを学んでから、生活がより「おもしろく」なりました。ふふふ〜。
 ありがとうございます!それではまた〜。

mkさんより:ソウルエナジーリーディング 2003年10月27日(月)

On 2003.7.8, at 08:54 PM, mk wrote:
笹川さん、こんにちは。

手紙をありがとうございました。
しっかりと読ませていただきました。

本当にとてもシンプル。
けれど、胸にしみいる言葉ばかり・・・。
やっぱり・・そうなのですよね、という思いです。

私は感じていたんだと思います。
空が青くて、風が優しいこと。
優しく語りかけてくれること。
満たしてくれること。
それをもっと素直に受け入れます。
受けとっていきます。

シンプルになれない自分・・・・たしかに、そうなんです(笑)。
手紙の優しさにいっぱいになりながら、
その一方で、どうしよう、どうしたら。
そう考えてしまう自分もいて。

でも、もう「決めるだけでいい」。
そうするしかない。

それで、、、
今は、笹川さんにまた何かのプログラムをお願いしたら、
頼っててしまって、どうしたら、の波にのまれて
しまいそう、、な感じがします。
だから、しばらく自分なりにやってみようと思います。

瞑想、とアファメーション、ですよね。
このアドバイスをいただけただけで、とてもありがたかったです。
瞑想は、やったことはないのですが、
ヨガは習っているので、私はヨガを続けていってみようかなと
思います。
ヨガも深まれば、瞑想となりますよね。
まだまだそこまではいかないのですが。
運動にもなるし、私にとっても自然なことかなって思いますし。

過去生で、ヨガの行者だったことがあるということですが、
そして今もまたそんなことをやってること、不思議だなあって
思います。
以前はそのことによって幸せになれなかったようですが、
今度は、光へ向かっていくようなヨガでありたいです。
ヨガでもっと素敵な自分になりたいな。

本当にありがとうございました。
私を見守ってくださる方。
笹川さん。
感謝をこめて。

私はやさしさを感じていきます。
光を見つめていきます。
笑顔を忘れません。
ありがとう。
見守っていてください。

mさん:ソウルエナジーリーディング(4通) 2003年10月27日(月)

On 2003.7.7, at 09:54 PM, M wrote:
昨夜届きました。
ありがとうございます。

初め読んだときは
今は私は私を100%愛してるし、今100%幸せだし、不調和も感じない、
すべてに感謝し愛を感じ、穏やかでとてもラクで満たされている・・・
何にも縛られず自由に生きてきた・・・・・
このリーディングは間違いだわと思いました。
でも何度も読みました。
魂で読みました。だんだん繋がっていきました。
入っていきました。過去とリンクしていきました。

牧師の言葉・・・・・・
今世で何度私はつぶやいただろうなぁ
『私はたった一人さえ幸せに出来ない。本当に無力だ・・・』
幼い時から人の相談・愚痴・悲しみの聞き役・励まし役だったなぁ・・・
私は一切自分を表現しなかったなぁ・・・

いつももう一人の私・・・監視の目に苦しんでいました。
自由にわがままに生きてきたつもりだったけれど
度を越す、われを忘れるということは一切なかったです。
がむしゃらに頑張ることも無かった
何でもあきらめられました。
執着心がなかったです。
物心ついたときから冷めてる私が居ました。

出来る限りの経験をし、弱きものの思いを知らなければならない
という強迫観念のようなもの・・・ありました。
闇を味わい尽くさなければならないと思っていました。
今世で最後にしたいから、何からも逃げてはならない苦手なことを克服
しなければ・・・苦行のようでした。
ありとあらゆる精神的な病を体験し、でも決して誰にも頼らなかった。
闇、アンダーグラウンドで生きる人たちへの共感を手にしたかった。
それらの経験すべて・・・別に私はほしくなかったかもしれない
ただそうしなければならなかった・・・


そう、私は昨年までずっとずっと死ぬことは希望でした
でも、明日死ぬと決めたらその次の日には必ず良いことがあって元気になった。
とてもとても小さな希望を繋ぎ繋ぎやっと生きていた・・・・
見えない何かに守られ導かれ生かされているという思いは感じていました。
魂の伴侶に出会うということは生きる支えでした。

イエスと双子の魂の内容の部分は本当にすんなりと入っていきました。
今年一月に自分の背中に埋め込まれた十字架の存在に気づき
その時、どうか・・・許したまえとすがる私に
ある存在は・・・『もう許されている。お前がお前を許していないだけだ。
2000年の眠りから覚めよ・・・』
本当に死のうとしたとき・・・・イエスは顕れ、私の頭に手を置いた・・・
そのことを思い出しました。


笹川さんが送ってくださったCD「月の光」を聴きながら6回位読んだとき・・・
魂が震え涙があふれました。何かが壊れていく・・・?消えていく音がしました。
収まるべき場所に収まっていく感じがしました
『本当に長かった・・・やっとやっと・・・・』
とつぶやいてました。
やっと・・・何なのでしょうか?

やっと・・・終わった
やっと・・・始まる
やっと・・・・出会えた、出会える
やっと・・・・還れる

そういえば、とてもとても辛い人生でした。
でも投げやりになってるわけではなくて
だからどうなんだろう
そんなこと どうでもいいわ
所詮夢・すべてドラマだもの
光を知るために闇を知りたかった
本当の私は何も傷ついてない私はいつも半分しか人間として
生きていなかった・・・
そう思います。
なんて寂しい人生なんでしょうか。
でも何かしなければならないことがある(自分が特別という意味ではなく)
その為にすべての経験は必ず役に立つ・・・それはかんじていました。
それが最近では・・・毎日出会う人すべてに、
地球にエネルギーを愛を送る・光に包まれるよう祈る・
自殺しないで寿命まで生きる・・・それでいいじゃないか
ひたすらそうやってすべきことをして、この生を慎ましく生きていこう
そう思ってとてもラクになってました
これが幸せなのだと。普通の生活こそすばらしい・・・と。
そして、必ず光に還るのだと・・・。

今日・・・仕事に行くのがとてもイヤでした。
こんな人生はもうイヤだぁ!!!

今アロマセラピー&クリスタルヒーラーになるために
勉強中なのですが、その仕事をしている自分がまだ見えません。
先が見えません。
私には今日と光の世界しか見えない・・・・


なんか感想になっていませんねー。
笹川さんにリーディングをお願いすることに意味が在ると感じたこと・・
間違いではありませんでした。
こうやって直感に従い生きてきました。
それは光の存在と離れることなくしっかり繋がっていたからなのですよね。
私の苦しみ・・・私の人生は間違いではなかったのですよね?
ありがとうございました。

還りたいです
本当の私に・・・


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


On 2003.7.10, at 07:08 PM, m wrote:
リーディングに書かれていた二つの過去生を思い出せました。
ふたつの時代と、、、この人生、、、繋がりました。何度も問うてきた
なぜ?の答えがありました。
さすがに旧約聖書時代のことは 思い出せません。
ただヨシュアという名前にはなつかしさを感じます。

確かに情報は情報に過ぎず、生活も世界も変わるわけではないけれど、
少しすっきりして少し軽くなりました。ありがとうございます。心は穏やかです。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

On 2003.7.24, at 09:43 PM, M wrote:
笹川さん
こんばんは

リーディングを受け取ってから・・・18日・・・
魂のルーツ・過去生、今の自分の本当の状態を知り 受け入れることが
こんなにも 自由な状態へと 導いてくれるとは
驚きです。

今 本当に 『自分の』人生を歩んで生きたいと強く思います。
28年間OR2000年間 確かに自分を 抑圧して 幸せから
遠ざかる生き方をしてきたかもしれないけれど
今世は違う道を選びたい あきらめたくない
そして  『どうしようもなかったのだ』
『 私は本当に良く頑張ってくれた 
よくぞ今まで生きててくれた ありがとう』
という思いが溢れてきます。
めちゃくちゃ辛かった 苦しかった どうしようもなかった・・・
ちゃんと 感じることができ 自分のために泣くことにより
ココロの曇りと壁が 洗い流されて
透き通っていきました

生きているだけで幸せ・・・無いものを見ればきりが無い
確かにそうなのだけれど
もっとワクワクする人生もあるのではないか
もう一度夢を見たい
自分を思いっきり表現した人生
味わいたい
です。

まだ恐れはある 自信もないけれど
はじめたい 進みたい 羽ばたきたい
熱い思いを手放したくない
と思います

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
On 2003.9.13, at 12:09 AM, M wrote:

↓最近文章で表現する機会を与えられることが続いています。
掲載をしたいとのメールを頂き、今日改めて感想を書こうと思い立ちました。

早いものでリーディングを受け取ってから2か月が過ぎました。
どんな状態であろうとも真の自分の状態について知ることが
さらなる成長を後押ししてくれることを実感しています。
あきらめて、でもあきらめきれずに何かを探して彷徨いつづけてきた私でした。
自分の調和に始まり、家族との調和、闇に閉じこもる人たちが光を思い出すこと、
地球の癒し・・・どんな困難に思えることも決してあきらめない、
祈ることを止めない、続けていこうと強く思うようになりました。
ほんの僅かながらも自分の力を取り戻し、グランディングをし、
芯が通りつつあるように思えます。ちょっとのことで崩れて人間を止めたいと
思うことがなくなりました。あきらめないで、誰になんといわれようとも、
真の自分に従い愛を表現しつづけていくには、【人間】の闇・弱さ・愚かさへ
の理解、優しさ、逞しさ、強さ、ココロの強さが必要でした。
そのためにとても多くの苦しみや絶望の体験が必要でした。
チャクラを閉ざさなければ生きていけない時期は
魂が目覚める前にしておかなければならない準備をする期間でした。
この両親を選んだことも、この肉体を選んだことも、どの出来事もなにもかも
必要であった自分が選んだのだと深く深く理解できました。
両親を始め、すべての人に、協力してもらったのだと・・・
本当に感謝しかありません。傷ついた出来事こそ愛の中で起こっていたのだと
真の理由に喜びを感じました。

『もう、自分を表現していいのだ。自分を表現していけるはずだ。』
リーディングで伝えてくださったように、長い年月で積み重ねてきた
抑圧の壁や自由に生きることに対する恐怖は消えたわけではありませんが、
そう思えます。
羽ばたきたいといつも想っていて何度も挑戦はしても結局同じような選択をし、
息苦しい、極力自分を表現せずに済み、あまり人と関わらずに済む環境を
引き寄せ、苦しいのに慣れ親しんだ環境から飛び立つことが出来なかった・・・・
抑圧の存在を明らかにし意識することが出来て、
原因に向かい合うことができ力が自分に戻ってくる感覚がありました。
どんなことにも必ず原因があり、それは自分の内にある。だから、
今までとは違う選択をしよう、どんな長年持ちつづけた抑圧であろうとも
負けない、のり超えられる、変えられると思えます。
ほんの少しずつですが、自由な生き方・自分らしい生き方が
出来るようになると希望を抱き始めています。

光に手を伸ばし、今世こそは決して離さない、何があってもあきらめない・・・
この強い信念・・・今まで足りなかったものです。
それを取り戻すことが出来ました。自分の力を取り戻し
しっかり生きていく決意をしたら、前以上に多くの導きと助け
を与えられていると感じられます。
自分が愛されている、誰か・何かに自分が幸せになることを望まれていることを
ココロの底から、信じきれていないことに気付きました。
愛されているのかもしれない、私は幸せになるのを望まれているのかも
知れない・・・とても硬く閉ざしていた扉が開き暖かなものが満ちていきました。
私は愛される価値のない人間だ、誰からも幸せを祈ってもらえるような
存在ではないのだという思い込みがこんなにも深い部分にまだ
隠れていたのだなぁ、その想いが、私が幸せになることを邪魔して
いたのだと・・・やはり自分に原因があったのだと、改めてかみ締めました。
罪悪感は建設的ではなく、自分の力を奪いネガティブな環境を引き寄せる、
自分の闇に向かい合うことからの逃げである、謙虚に自分の未熟さを受け入れ、
間違いから学び、感謝し、また歩んでいく、何度転んでも何度でも起き上がって
進んでいく・・・
自分を擦り切らして人に奉仕しても枯れ果ててしまう。
まず自分を祝福し愛し満たす、溢れるものを与えていく。
与えながら受け取っていく。
自分が光であることを忘れない、祈りつづけること、夢を見つづけること、
光と繋がるための環境を 自分自身で作っていく。
牧師だった時代に学んだことはとてもたくさんあります。
他のどの時代でも私は貴重な体験をしたことでしょう。
過去に未練も後悔もありません。
過去も未来も今この私に集約されていると思えるからです。
何千年かけて積み上げた鎧であろうとも真実の光に触れれば崩れていくと
知ったからです。
どの人生も間違いではないと信じられるからです。
長い間、所詮かりそめの人生だと傍観者的に半分だけ関わり生きてきました。
これからは腐らずに素晴らしいものを創造していくことを可能な限り全身全霊で
楽しみたいと思います。

これまでに与えられてきた情報や学んできたものすべてを生かして、
魂とココロと肉体のバランスを取りながら、人間としての感情を捨てることなく、
強く幸せに生き、いつの日か、自分が自分の為に選んだ仕事をさせてもらうため
に、この時期に重要な過去世と魂のルーツを知る必要があった、
本当に完璧なタイミングであったと理解できます。
そして、父なる魂の存在・・・どれほど心強さを与えてくれるか・・・求め
つづけてきた問いに対する答えを与えてくださり、改めて笹川さんには深く深く
感謝を申し上げます。ありがとうございました。
これからも 先が見えず 恐怖に脚がすくんで歩けないという時が何度も
あることでしょう。
けれども あきらめなければ 必要な助けが必ず与えられると信じています。

言葉では伝えきれないものが多々在りもどかしく感じますが、
自分を表現するという意味もあり、書かせていただきました。

笹川さんがもっともっともっと幸せになりますように。



↓8月18日に書いたものです。必要であれば掲載ください。
リーディングを受け取って
受け止め 泣く 振り返るの浄化が終わり すべてが繋がった後
じゃあ どうすればいいの?
幸せになってはならないとか そういう枠があることは分かった
じゃあどうすればいいの?
怒りに似た疑問が沸きました。
でもその問いと情報を手放すことですごくラクになり一歩踏み出せたと思います。
忘れるのでも 捨てるのでもなく 一端手放して
答えは時間をかけてやってくる、問いに応じて自然に答えはやってくると
信じました。
信じた通り答えはリーディングを受け取る以前と全く変わらない
日々の暮らしの中で受け取っています。


Web Diary UpVersion ver 1.23