タイトル一覧 / 最新の10件 / ログ検索 / 過去ログ / 管理者用

皆さんからお寄せ頂いたメッセージとご感想



レイキを受講したA.Iさんから 2008年06月09日(月)

A.Iさんから以下のようなレイキ体験記をいただきました。
ご本人の承諾を得ましたのでご紹介します。
(A.Iさんは少し前にレイキ・レベル2を修了なさいました)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
下記は、私のレイキ体験報告です。
お時間のある時に読んで頂ければ幸いです。

25日にパワーアップをしてレイキが心身に馴染んできました。
シンボルごとに波動が違うのも感じられるようになりました。

血液サラサラの全身レイキは、
とても簡単でスッキリできてお気に入りなりました♪

室内の虫除けにシンボルがを使ってみたのですが、
我が家に毎年アリが家に侵入し、
先日やっぱり10匹以上現れまして、
侵入口に第一・第二シンボルとマントラを唱えて、
家にバリケード(縄張り)を貼るように念じてから、
女王アリとアリの神様にこの家に来ても
アリの命がもったいないから侵入させないで下さいとお願いしたら、
それ以来ピタリと侵入してこなくなりました。
アリの巣コロリ使わずにすみそうです。ホッ♪

自宅での瞑想で太陽をイメージして第三のシンボルを使うと、
顔がいろいろとまた浮かびました。
そのまま事を流して先に進んだら青い目をした竜神さまが現れて、
私の魂を光に包み込みハート(心臓)がとても暖かくなり、
その暖かさに私が満足すると竜神さまは空間を泳いで消えていきました。
瞑想時間は10分程度でしたが、魂が集まる光なのかな?と感じました。
(今までの体験した瞑想とはまったく違う感覚でした。)

笹川先生とレイキの素晴らしさに心から感謝しております。

入院中は笹川先生のCDを楽しみながら、
レイキもいろいろ試してみたいと思います。
そして自分で蒔いた種はしっかり刈り取って来ます。
未来の子供達の為にも頑張ります。

スピリチュアルカウンセリングを受けられたSさんから 2008年05月13日(火)

スピリチュアルカウンセリングを受けられた市内のSさんからご感想をお寄せ頂きましたので本人の許可を得て、ご紹介させていただきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

On 2008/05/10, at 10:35, wrote:

笹川様


昨日カウンセリングを受けさせて頂いた「(図々しくも)風の天使」です。

2時間ってこんなに早かったかな?と思えるほど、楽しいカウンセリングでした。

10年前の病気以来、生きること自体にあまり執着がなくなったとはいえ、
ここ数年は、何のために生きているのか全く分からなくなり、
早くこの人生が終わらないかということすら、度々考えるようになっていました。
「風のように生きる」など程遠く、きっと守護霊さんにも
「何やってるんだ、もっと地に足をつけて生きなさい!」って思われてるんだろうな〜、
という、妙な罪悪感に囚われていたような気がします。


でも、昨日のカウンセリングで、「あなたの守護霊さんも、とてもユニークな人で・・」
と言われ・・・・とてもビックリして、でもとても納得感があって・・・・
すごくホッとしたというのが正直な気持ちです。

「なーんだ、アナタもそうだったのか〜! じゃあ私全然OKでしょ?」

みたいな(^^;


多分、守護霊さんとしては、「もっとこうしたら?」的なキビシイ言葉もあったのだと思いますが(?)、
笹川さんが、それを丸〜く、分かりやすく伝えてくださったおかげで
すんなりと私のココロに入ってくることができたのだと思います。



本当にありがとうございました。
月並みな言い方ですが、すごくラクになりました。
いえ、決して軽い意味合いではなく、本当に本当にすごくラクになったのです。
多分、笹川さんでしたら、この意味がご理解頂けますよね?


また寄らせて頂きます。
それまでには、山と積まれたジグソーパズルのピースが、少しは減っていることと思います。

スピリチュアルカウンセリングを受けられたNさんのご感想 2007年07月24日(火)

On 2007/07/23, at 10:05, N wrote:

笹川様
先日お邪魔しました。
遅くなってしまいましたが、まずはお礼を。
有り難うございましたm(_ _)m
お話しくださったの中の全てがとても解りやすく、
なんとなく感じていたこともやはりそうその通りだったのだと確認が出来、
とても有り難いひとときでした。
一番は、「何をしていても良い」ということ。
何かしなければならない、
何をしたら良いのかと
何かにとらわれていたかのようでした。
それが、「何をしていても良い」なんて言われて、
(なんだ〜そうかぁ。これで良いんだぁ)ととっても気楽に、
それこそ肩の荷が下りたような感じです。
全てを肯定されて、褒められている感じでとても嬉しかったです。
本当に有り難うございました。

お近くにいらっしゃるときは是非お店にお立ち寄りください。
「弁財船」http://benzaisen.web.fc2.com/
札幌市北区北13条西4丁目北大13条門前
(お店のブログは、姉が管理していますが、たまに私も書いています。)

スピリチュアルカウンセリングを受けられたYさんのご感想 2007年07月23日(月)

スピリチュアルカウンセリングを受けられたYさんから
ご感想をいただきました。許諾をいただけましたので、
ここにご紹介いたします。
〜〜〜〜〜〜〜〜
On 2007/07/23, at 1:15, Y wrote:

笹川様

21日(土)14時からカウンセリングしていただきましたYです。
いろいろ聞いていただきありがとうございました。

いろいろ悩んでいる私に、同じ地元の友人に笹川さんを
紹介してもらい伺わせていただきました。

最初は、ちゃんと自分の今の状況がわかるように話せるか不安で前日から
なんて話そうか考えていたのにその場になったらめちゃくちゃなことを言って
分かりにくかった気がします。ごめんなさい。。。。
こんなくだらない複雑内容を注意深く親身に聞いていただいて本当うれしかったです。

笹川さんに聞いていただいて、これから自分がどのように変わらないといけないか
ハッキリした気がします。
直ぐには変えられないかもしれませんが、少しつづでもいいから変われたらいいなと思いました。

会社で気になっている人の名前も思わず出してしまいましたが・・・・
この方とどのように発展していくかはまだわかりません。
でも、今はこの人が好きなので、この気持ちを大切にしていきたと思います。
笹川さんの言われたとおり「おにぎりとザンギ」を彼のために作ってあげたいです(笑)

これからは、守護霊様が言っていたように「自分を大切に」して生きて行きたいです。
自分の人生です。後悔したくないですしね・・・

また、いつか笹川さんに相談したい時があるかもしれません。
その時は、宜しくお願いします。

今回、笹川さんにお会いできてよかったです。ありがとうございました。

                              Y.

ご夫婦でカウンセリングを受けられたTさんのご感想 2006年11月20日(月)

遠方からはるばるご夫婦で休暇を取られてご来訪いただきました。
ありがとうございました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
On 2006/11/19, at 0:00 wrote:

笹川先生、こんばんは。お変わりありませんか。
先月、夫婦でお世話になりました。
いろいろと長時間にわたり、教えてくださりありがとうございました。
カウンセリング以来、気持ちが軽くなり、それに伴い周囲の状況も、不思議と少しずつ良い方向へと向かっているような気がしています。
夫の前世についても、今の彼の生き方や考え方と一致するところがあり、二人で納得しあっています。
子供達に対しても、とても愛おしく感じるようになりました。
先生にお会いできたことを感謝します。
またカウンセリングが必要になりましたら、宜しくお願いします。
では、スピリチュアルなコラム、その他サロンからの最新情報を楽しみに待ってます。
北海道も雪が降ったとニュースで聞いています。これからますます寒くなりますが、お身体をご自愛くださいね。

スピリチュアルカウセリングのご感想 2006年10月27日(金)

スピリチュアルカウセリングを受けられたNさんから、
翌日、さっそくご投稿をいただきました。ありがとうございました。

===============================

ほんとうに ありがとう ございました。

今日、お墓参りをしてきました。
驚くことに、母も一緒に行くと言いだし(めったにそういうことは言わない母です)、久しぶりに母と二人の外出をしました。
自分が変ると周りは変りますね。昨日、先生に認めていただいたおかげで、少し母に優しくなれたせいか、母もご機嫌が良かったです(笑)。

心配してくれている父には、今日、いろいろ話しました。私が想像していた以上に、優しく納得して受け止めてもらえました。
昨日の帰り道は、あまりの背景の大きさに、自分が幸せになれることより、子供たちを幸せにできる私がいることに感謝しました。
けれど、お役目を終えたいま、だんだんと、自分の先(余生。笑)も、かなり楽しみになってきています(笑)。
先生にはすべてもう見えているのでしょうね。昨日は、ここまで待ったから幸せは急がないなどと言いましたが、やっぱり私は早く幸せになりたいので、そのお願いは母方の守護霊様に一生懸命お祈りします(笑)。

この世に生かされているうちは楽しく生きないともったいない♪ですよね。
今まで不思議に思っていたことが、するするとひもとけたような感覚です。気持ちがらくになりました。
そして、あらたに、子供たちを大きく護るパワーと、自分のための人生を楽しむ力が沸いてきたようです。

そんなきっかけを与えてくださった先生に感謝しながら、先生のCDを聴きながら(試聴ですみません。)メールをうっています。
いつか、購入したいと思っています。
また、迷ったときは、どうぞよろしくお願いいたします。 
私も楽しく頑張りますが、先生もお体に気をつけて、楽しく頑張ってくださいね〜♪
先生によって救われる人は、本当に幸せなのですから。
                                                10月吉日


お手紙でのカウンセリング(リーディングレポート) 2006年10月26日(木)

2006年10月に出産後の体調についてのご相談をいただいたNさんには、お手紙でアドバイスを書いてさしあげました。結果的に少し前世の情報もまじえたリーディング(霊視)レポートとなりました。ご感想を投稿していただけましたので、以下に紹介させていただきます。ご依頼ありがとうございました。

======================
一通目  2006.10・5

笹川様

このたびは、リーディングをありがとうございました。
光のサロンさんに依頼をしてよかったと、心から思います。
本当にありがとうございました。
また、郵送をしてくださったそうで、ありがとうございました。

出産、子育ては今生が初めてで慣れていないというのは、
本当に、納得がいく感覚でした。
また、前世が少なく、俗世から離れて過ごした時間が多いことも納得です。

物心ついたときから、人と交わること、喧騒が苦手でした。
人の中にいると、どうしていいのか分からず、疲れ果てました。
小さなころから、とても怖がりで、絶えず緊張をしていました。
そのため、しょっちゅう手に汗をかいていて、それが悩みの種でした。

どうして、他の人が普通にリラックスしてこなしていることが、
私には苦痛なのか、できないのか、ずっとわからず、
コンプレックスでもあり、私を苦しめていたことでしたが、
今回のリーディングを読ませていただいて、
とにかく「慣れていない」のだ、私は、「新人中の新人」なのだと分かり、
私は、新人の割には、よく頑張ったのだと、
自分を認めてあげることができました。
また、自分は罪深い転生を重ね、そのカルマで子育てが辛いのかもという、
妄想からも、開放されました。

また、体質改善のアドバイスをありがとうございました。
私は、体を動かすことが好きではありません。
動かした方がいいと思っても、疲れただの、時間がないだの
言い訳をしてきました。
今回のリーディングで、指摘をしていただいて、
やはり、アドバイスしていただいたことは、
何とか、実行していこうと思いました。
地道に、焦らず・・・。

「火」が怖い理由も分かり、スッキリした気分です。
本当に火が苦手でした。子供のころは、花火も、理科の実験も、料理も恐怖でした。
10歳の時、原爆の写真展を見て、一ヶ月、不眠と恐怖感に苦しみました。
戦争映画をはじめ、暴力や流血シーンが、恐ろしいです。
戦火を実際に見ていたのですね・・・。
ここで、「かいま見る」という表現を使われていましたが、
私は、戦火で逃げ惑う人ではなく、どこかで観ていたのですか?
それとも、自分も逃げ惑いながら、悲惨な状況を目の当たりにしたのでしょうか。

あと、母との確執を指摘していただき、驚きました。
自分が母となることで、娘時代の「甘えられなかった」「愛されなかった」という
思いは、だいぶ解消されたと思っていましたが、まだ、あったのですね。
母は、母で問題を抱えており、また祖母にも甘えられなかった、
さらに、祖母の母も継母で甘えられなかったといっており、
代々、母に甘えることを押さえてきたようですが、
それが、自分の子育てのネックになっているとは、あまり考えていませんでした。
「甘え方」というのが、よく分からないのですが、
そのことを、頭に入れて、母に接していこうとおもいます。

感想が、長くなってしまいました。ごめんなさい。
ここで、少し、質問をさせていただきます。

(1)私の前世についての項目で、
「戦乱をかいま見ていた」という、そのときの自分の立場を、
さしつかえなければ、教えていただきたく思います。
時代、国が分かりましたら、知りたく思います。
知る必要がなければ、そうおっしゃってください。

(2)「スピリチュアルな感覚が近い人と交流をもつことをおすすめします」ということですが、
スピリチュアルな感覚が近い人というのは、そういうことに興味がある方のことですか?
それとも、そういったことに興味がなくても、
スピリチュアル的に、自分と似ている方との交流と言うことでしょうか。

(3)<子育ての注意>の項目の、「神様の愛は子育てにはあまり役に立たない。」というのは、
私がそう思い込んでいるけど、そうではないよ・・というアドバイスですか。
それとも、神の愛よりも、生身の母の愛に目を向けなさいと言うアドバイスでしょうか。
どちらの意味か、教えてください。

質問は、以上3点です。

いただいたリーディングは、とても分かりやすく、
やさしい表現を選ばれる笹川さんの思いやり、優しさを感じました。
本当に、ありがとうございました。
主人にも、読んでもらいました。「よく、分かる〜。」と申しておりました。
これからの生活に活かしていきます。ありがとうございました。

=================
二通目 2006.10.7

笹川様

質問に対するご回答をありがとうございました。
これで、すべてクリアになりました。
以上で、質問も終わらせていただきます。

レポートとご回答を、何度も読み、自分の中に落としいれています。
そのたびに、ばらばらだったパズルが、一つずつはまるような感覚です。
私の今生の使命が「母」であることを、教えていただいたことは、
本当に、すばらしいことでした。
というのも、私の中では、一番「ありえないこと」だったからです。
子育てから逃げたい、辛い、できない・・という思いがいっぱいで、
どうやら、私は、道を間違えたらしい・・とまで考えてしまいました。

しかし、その一番、自分から遠いところにあった「母になること」こそが、
私の使命だったと教えていただき、また、子供たちの魂のすばらしさもお聞きして、
目の前に、光が灯ったように感じました。
辛い思いをして生きてきたのは、この子達に会うためだった、
私の選択(出産)は、間違っていなかったのだと、
自分をほめてあげたくなりました。

だからといって、このままで、とどまらないようにします。
子供たちのすべてを受け止める、大きい愛をもつ肝っ玉母さんをめざして、
頑張ろうと思います。

今まで、頑張ろうと思っても、やっぱり無理だと言う思いが強かったです。
けれども、それが、私が地上に降りた使命であるならば、
がんばりたい!と思います。

そのために、自分の少女時代の寂しい思いを、たくさん癒してあげます。
悲しかったと愚痴るのではなく、頑張ったねと抱きしめてあげます。

本当に、すばらしいリーディングをありがとうございました。
今後も、どうぞよろしくお願いいたします。

=======================

スピリチュアル・ピアノワークショップ 2006年06月20日(火)

ピアノワークショップのご感想を札幌市のmさんからお寄せ頂きました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


On 2006/06/19, at 13:52, wrote:

笹川 さま

こんにちは。
昨日は楽しい時間をありがとうございました。



◯昨日のセミナーで感じた事

昨日の最後の曲では、北海道の大地、黄金色の草原を吹き抜け
る風を感じ、鳥になってのびのびと飛ぶ自分を感じました。
どんどんどんどん飛んで、空だけでは飽き足らず、大気圏を突
き抜け、宇宙まで飛翔していくのです。そこで浮遊感を楽しん
で、くつろいで、星と遊んで…。とても自由な感覚です。自分
はどこにでも行けるんだ…なんて思ったり。すてきな感覚でし
た。

でも、とても気持ちよいのに、何かが足りないないのです。ハ
ートが共鳴相手を求めているのです。なので、恋人のイメージ
を呼び起こし、そのエネルギーと溶け合ってみたりしました。
宇宙との一体化もいいのですが、やはり、今は個別具体的な対
象を求めているようです(笑)。

あとですね。
花のワークでは「深紅」の牡丹やら薔薇やらが咲きまくりでし
たよ〜。

笹川さんのピアノ、初めてでしたけど、とてもとても良かった
です。
やはり、生演奏は身体に響くもの、感じるものがダイレクトで
すね〜!
一回しか出られないのが、残念です。

それでは!

F-sanから>個人セッションのご感想 2005年06月13日(月)

On 2005/05/28, at 22:43, F-san wrote:

セッションでは大変お世話になりました
長い年月自分が疑問としていたこと、また母親としての苦しみの
原因がわかり、心の中で渦巻いていたものが「ストーン!!」と落ち
とてもおだやかな気持ちになっております

長女が4才くらいの時だったでしょうか、公園に遊びに行っても
ブランコを押すときなど,普通でしたら「ママこれやって、あれやって」
とせがむのが普通ですが、長女は私ではなく違うお母さんによく
頼っていました、セッションの帰り道そんな事もあったなぁ・・・と
長女の小さい頃を懐かしく思い出しましだが、ようやく気付けて良かった・・
と本当に心から思っております

家に帰ってからは心の中で「早く気付けなくてごめんね・・」とおもうばかりで
逆に長女の魂が愛おしい気持ちに変化しております

今までは母親として子供を愛せない自分に悩み、苦しみました
それと、この気持ち、この感覚はどこへ行けば理解してくれるのか・・
普通のカウンセリングではおそらく充分理解してもらうには
難しいということがわかっていましたので、以前他のスピリチュアルカウンセラー
のセッションを受けましたが、それでも全く成果がなく
いよいよ、どうすれば良いのか・・・と苦しんでいた時
実は母が亡くなってから初めてのことですが、仏壇に向かい
「お母さん、私・・もうどうしていいかわからない」と頼んでいたの です

その数日後、友人から電話を頂き、笹川さんの話が出たときに
今回は笹川さんのセッションを是非受けてみたい!と思いすぐに予約を
させていただきました。思い返して見ますとその事が両親からの
メッセージだったのかもしれませんね

今、ようやく3人の子供達を同じように愛せることができ母として
とても幸せな気持ちです、現実での生活ではもちろん晴れの日や雨の日
そしてたまには台風もありますが、基本があるのとないのとでは
違いますものね

笹川さんのセッションを受けて本当に良かったと思っております
心より感謝申し上げます。

有難うございました。

                        
P.S
ピアノのコンサートには是非、素敵なマダムに変身して聞きに
行ければ・・・と、さすがにミニスカートは子供達からクレームが
起こりそうなので辞めておきますが

〜〜〜〜〜〜〜〜〜
親子の絆の問題と向き合うのは、本当に勇気のいることですね。
その力を与えてくれたのは、ご家族の絆そのものだと思います。
そして、またご両親、ご先祖さまの応援があってこそ、です。
真摯に導きを願い、受け入れたからこその結果です。
これからもどうか、神のご加護もそうですが、ご先祖さまへの
敬愛を忘れることなく、お子さんを大切になさってくださいね。

ありがとうございました。
大変、嬉しいご縁でした。 笹川

kさん>個人セッション 2005年06月10日(金)

On 2005/05/26, at 0:14, k-san wrote:

先日は、個人セッションありがとうございました。
自宅までは、山の新緑の中とてもよい気分で、無事帰ることができました。

実は、その日娘のピアノ教室の送迎の待ち時間にジャスコの雑貨屋さんで、
かわいいサルのぬいぐるみを発見!
つい3歳児の長女の顔が浮かんできて・・・買ってしまいました。(申年だったのもあるのでしょうか)
口実は、この間のテストの成績がよかったご褒美だということに・・・。
とてもかわいらしい顔をしていました。
笹川さんのセッション後は、娘がかわいくて仕方がありません。
私は、娘を3歳からまた育てることができるなんてとても幸せです。
これも、笹川さんの「大丈夫できますよ」の言葉があったからです。
それがなかったら、自分を責めることで終わってしまっていたのだろうと思います。
父のところには、まだ行っていません。(忙しさもあるんですけど・・・。)

電話相談員としてのデビューは、やはりどきどきでした。
初めての相談は、母親との近親相姦。(たぶん、作り話です)
5本とりましたが、ほとんどがそのような電話で、途中でガチャンです。
このような電話があることも私たちにとっての課題なのだそうです。
しかし、私はへこみませんでした。(心が歪んでいる奴らには負けません)
この次に、そのような電話が来たときの対応を延々と道中考えていました。
(なんていって懲らしめてやろうか!)

今は、相談員になることだけを考えていますが、いずれ限界が来るかもしれないことも少し感じました。
すみません。近況報告のつもりが、長々と書いてしまいました。
私にとって前世のお話は、これから生きていく上で支えになる貴重なお話でした。
彼らの生まれ変わりだと思うと、自分のことがとても誇れます。
本当にありがとうございました。

K

〜〜〜〜〜〜〜〜

※笹川より補足:
Kさんにはご家族との魂の絆や、ご本人が生まれ変わってきたいきさつにつて、
娘さんとの今後、ご両親とのこと、カウンセラーとしてのお仕事についてなど、
一通りのアドバイスをさせて頂くことができました。大変に密度が濃かったので、
きっと受け取り、理解するまでに大変だったのではないでしょうか。
翌日から、電話相談員としてのお仕事を初めて開始なさったそうです。
これからもどうかご活躍くださいね。きっと、多くの人が導かれていくことでしょう。
「3歳児の長女」さん、実際には中学生の娘さんの事です。
お伝えしたアドバイスが役だてたようで、本当に嬉しく思っています。
どうか、これからもがんばってお仕事なさってください。
そしていつか必ず、ご家族全員に笑顔が戻ってくるよう、祈念しております。
またお会いできる日を楽しみにしております。

↑前のページ / ↓次のページ

ページ移動 / [1] [2] [3] [4] [5]


Web Diary UpVersion ver 1.23