タイトル一覧 / 最新の10件 / ログ検索 / 過去ログ / 管理者用

皆さんからお寄せ頂いたメッセージとご感想



s.nさん:レイキ2nd 2003年10月27日(月)

On 2003.8.7, at 12:47 AM, s wrote:
笹川 さん

2ndを受けて数日が経ちました。
毎日が充足している、という感じです。
シンボルとマントラを受けたことでレイキがとても身近になりました。日常のあらゆるとこ
ろで使っています。ここにも使えるかな、とかいろいろ試したりもしています。自分にも家
族にも、思いがあるところにはどこにでも使えることに驚いています。それもただ3つのな
のに、それで十分なのが本当に驚きです。1stでは知り得なかったことでした。
レイキを使うシーンが多いということは、同時にその数だけ感謝と祈りの機会が増えるとい
うことで、毎日それに満たされて何度泣いているか分かりません。
その涙は何かどうしようもなく温かで、こんなふうに心が一杯に満たされる思いは生まれて
初めてです。まだ泣き足りない、と言われたことだし、流れる涙は流しちゃおうとそのまま
泣いていますが、思わぬところでだーっと出てくるので困ってしまいます。
長い間の自己否定や行き場のない思いに陽が差した感じで、そのきつかった思いさえ意味が
あったことだと知ったのが、とても救われる思いです。レイキを習いに来る人は決まってい
ると笹川さんが言われていましたが、私にとっても導かれて行くべくして行ったという感じ
が強くします。カウンセリングでもなく、宗教でもなく、レイキだった。それが当然の流れ
だったとしても、そこに辿りつけたことと笹川さんに深く感謝します。

まだまだ呼吸だけでも涙が出るので、意識してシンボルを使ったグランディングと瞑想を毎
日しています。よくこれだけ泣けるものです。
シンボルを使ってのレイキで、「これはシンボルのせいか?」と思うことがいくつかありま
した。
夫が疲れと風邪のひきはじめで体調が一気に下りそうだった時に、覚えたばかりのシンボル
でヒーリングしました。始めてしばらくすると、両手が肘の辺りまで赤くなって血管が浮い
てきました。これまでは手のひらが熱い感じはありましたが、上の方まで赤くなったのは驚
きでした。夫はすぐに寝てしまいました。
夕方に畑仕事をする時、いつも私はすぐに虫に刺されるのでこれもシンボルを使ったら、
ひとつも刺されることなく終わることができました。ほんとに不思議。もしかしたら体質も
変わってきているのでしょうか。
アレルギー症状は少し改善しているように思います。1stを受けてから街にさえ行くのがき
つく、2nd前も人混みに行くとくたくたになっていましたが、今日行ってきたらなんだか大
丈夫。元気でその後も仕事できました。これも2ndのおかげかな。これなら○○温泉だって
大丈夫かも!ピカイチ大好きな温泉だったのに、1st後から硫黄がきつすぎるのかひどい湿
疹が出ていました。今度行くのが楽しみです。

2ndではkyokoさんに思いがけずお会いできたのもとてもうれしかったのです。HPの写真で
はちょっと魔女的な怖い方かと思っていました。でも実際はやはりそんな感じでいながらす
ごくラクチンという印象でした。私もあんなふうになりたいな。「新しい愛がほしい」とか
さらっと言える。
ストーンヒーリングもちょっと迷ったけれど、受けてよかった。kyokoさんだけでなく笹川
さんとの二人のマスターががりで「すごく贅沢!」と思いながら寝ていました。
尾張の若奥様のことは遠い感じしかしませんでしたが、多くの人の苦しみを私が持っていた
なんて、子どもの頃から何かが見えたりなどの霊的な要素は自分にはないと思っていたのに
思いがけなかったです。
尾張には縁はないなと思いましたが、ひとつだけ気付いたことがあります。学生時代の恩師
がたしか名古屋出身でした。今も本当によく気にかけてくれ、心配してくれるありがたい先
生なのですが、学生時代から私のことをなぜか「○○お嬢様」と呼んでいました。そんなこ
とを言われたのは初めてで、恥ずかしくてたまりませんでした。もしかしたらこの先生は尾
張時代の側近とか’じいや’だったのかも、などと思ってしまいました。
お守りアクセサリー欲しいなとしばらく思っていたところに、kyokoさんのアクセサリーが
始まり迷っていましたが、2ndを受けてみてシンボルとマントラは最高の宝石だと感じてい
ます。ふだんあまり「物」に捕われたくないとおもっていたのですが、シンボルはいつも自
分の傍らにあり、自分が気付けば輝きを増すものですね。
でもkyokoさんがしていたターコイズの指輪、かっこよかったなーと女心もちらりです。

今回の私のテーマは「変化を恐れない」だね、と言われましたが、恐れていた自分を知って、
気が楽になりました。2ndから帰って2日後に、戸惑っていたことをひとつやり遂げました。
その評価がどう来ても、スタートを切ったことだけでも満足で、評価に対しても精進して行
けるのではないかという気がしています。

私の手はずんぐりと小さくてしわも多く、夫は苦労した手だといいます。苦労したつもりは
ないけれど、女でそう言われるのは色気から遠い気がしてちょっと恥ずかしく思っていまし
た。1stの時、笹川さんの手を近くに見た時、はっとしました。同じように手のひらにたく
さんしわがありました。ミュージシャンの手は白魚のようかと思っていたので、ちょっとど
きりとしました。
2ndの終わりに笹川さんがご自分のレイキ修了書を見せて下さり、マスターを終了したのが
そんなに昔ではないことを話してくれました。「それまでが長かったからね」と言われてい
ましたが、その時に手のしわのことを思い出し、「月の光」に書かれていた長い間苦しかっ
たことをその手が表している気がしました。
こんなことを話して失礼かもしれませんが、その手がなぜか忘れられず、それが笹川さんへ
の信頼にもなっていることを感じています。私はまだ何も思い出さないけれど、自分の昔や
笹川さんとどこで一緒だったのか、そんなことが分かる時が来るといいなと素直に思います。
年表にはしないかもしれませんが。(する気持ちはすごく分かる)

今日、昼間に自転車をこいでいたらやっぱり当然のように視線の先に月があり、笑ってしま
いました。シンボルを描く時、2ばんめのシンボルは書きながらいつも好きだなと思ってい
ましたが(小さな恐竜みたいだし)、紙をよく見てみたらこれは月のシンボルでした。やっ
ぱりなにか月と関係があるのかなー。今夜は「月の光」が聴きたくなって、聴きながら打っ
ています。私はやはり満月と下弦の月に気持ちが合います。

レイキを学ぶならマスターまで行くといいよ、との言葉のとおり、きっと1stを受けたいと
決めた時からそれを望んでいるのだと思います。でもその時期は自然にまかせます。
笹川さんとお話しするのは、まだやっぱりちょっと緊張するけど、3rdの時がきまったらよ
ろしくお願いします。

↓前の記事 / 次の記事↑


Web Diary UpVersion ver 1.23