タイトル一覧 / 最新の10件 / ログ検索 / 過去ログ / 管理者用

皆さんからお寄せ頂いたメッセージとご感想



mさん:ソウルエナジーリーディング(4通) 2003年10月27日(月)

On 2003.7.7, at 09:54 PM, M wrote:
昨夜届きました。
ありがとうございます。

初め読んだときは
今は私は私を100%愛してるし、今100%幸せだし、不調和も感じない、
すべてに感謝し愛を感じ、穏やかでとてもラクで満たされている・・・
何にも縛られず自由に生きてきた・・・・・
このリーディングは間違いだわと思いました。
でも何度も読みました。
魂で読みました。だんだん繋がっていきました。
入っていきました。過去とリンクしていきました。

牧師の言葉・・・・・・
今世で何度私はつぶやいただろうなぁ
『私はたった一人さえ幸せに出来ない。本当に無力だ・・・』
幼い時から人の相談・愚痴・悲しみの聞き役・励まし役だったなぁ・・・
私は一切自分を表現しなかったなぁ・・・

いつももう一人の私・・・監視の目に苦しんでいました。
自由にわがままに生きてきたつもりだったけれど
度を越す、われを忘れるということは一切なかったです。
がむしゃらに頑張ることも無かった
何でもあきらめられました。
執着心がなかったです。
物心ついたときから冷めてる私が居ました。

出来る限りの経験をし、弱きものの思いを知らなければならない
という強迫観念のようなもの・・・ありました。
闇を味わい尽くさなければならないと思っていました。
今世で最後にしたいから、何からも逃げてはならない苦手なことを克服
しなければ・・・苦行のようでした。
ありとあらゆる精神的な病を体験し、でも決して誰にも頼らなかった。
闇、アンダーグラウンドで生きる人たちへの共感を手にしたかった。
それらの経験すべて・・・別に私はほしくなかったかもしれない
ただそうしなければならなかった・・・


そう、私は昨年までずっとずっと死ぬことは希望でした
でも、明日死ぬと決めたらその次の日には必ず良いことがあって元気になった。
とてもとても小さな希望を繋ぎ繋ぎやっと生きていた・・・・
見えない何かに守られ導かれ生かされているという思いは感じていました。
魂の伴侶に出会うということは生きる支えでした。

イエスと双子の魂の内容の部分は本当にすんなりと入っていきました。
今年一月に自分の背中に埋め込まれた十字架の存在に気づき
その時、どうか・・・許したまえとすがる私に
ある存在は・・・『もう許されている。お前がお前を許していないだけだ。
2000年の眠りから覚めよ・・・』
本当に死のうとしたとき・・・・イエスは顕れ、私の頭に手を置いた・・・
そのことを思い出しました。


笹川さんが送ってくださったCD「月の光」を聴きながら6回位読んだとき・・・
魂が震え涙があふれました。何かが壊れていく・・・?消えていく音がしました。
収まるべき場所に収まっていく感じがしました
『本当に長かった・・・やっとやっと・・・・』
とつぶやいてました。
やっと・・・何なのでしょうか?

やっと・・・終わった
やっと・・・始まる
やっと・・・・出会えた、出会える
やっと・・・・還れる

そういえば、とてもとても辛い人生でした。
でも投げやりになってるわけではなくて
だからどうなんだろう
そんなこと どうでもいいわ
所詮夢・すべてドラマだもの
光を知るために闇を知りたかった
本当の私は何も傷ついてない私はいつも半分しか人間として
生きていなかった・・・
そう思います。
なんて寂しい人生なんでしょうか。
でも何かしなければならないことがある(自分が特別という意味ではなく)
その為にすべての経験は必ず役に立つ・・・それはかんじていました。
それが最近では・・・毎日出会う人すべてに、
地球にエネルギーを愛を送る・光に包まれるよう祈る・
自殺しないで寿命まで生きる・・・それでいいじゃないか
ひたすらそうやってすべきことをして、この生を慎ましく生きていこう
そう思ってとてもラクになってました
これが幸せなのだと。普通の生活こそすばらしい・・・と。
そして、必ず光に還るのだと・・・。

今日・・・仕事に行くのがとてもイヤでした。
こんな人生はもうイヤだぁ!!!

今アロマセラピー&クリスタルヒーラーになるために
勉強中なのですが、その仕事をしている自分がまだ見えません。
先が見えません。
私には今日と光の世界しか見えない・・・・


なんか感想になっていませんねー。
笹川さんにリーディングをお願いすることに意味が在ると感じたこと・・
間違いではありませんでした。
こうやって直感に従い生きてきました。
それは光の存在と離れることなくしっかり繋がっていたからなのですよね。
私の苦しみ・・・私の人生は間違いではなかったのですよね?
ありがとうございました。

還りたいです
本当の私に・・・


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


On 2003.7.10, at 07:08 PM, m wrote:
リーディングに書かれていた二つの過去生を思い出せました。
ふたつの時代と、、、この人生、、、繋がりました。何度も問うてきた
なぜ?の答えがありました。
さすがに旧約聖書時代のことは 思い出せません。
ただヨシュアという名前にはなつかしさを感じます。

確かに情報は情報に過ぎず、生活も世界も変わるわけではないけれど、
少しすっきりして少し軽くなりました。ありがとうございます。心は穏やかです。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

On 2003.7.24, at 09:43 PM, M wrote:
笹川さん
こんばんは

リーディングを受け取ってから・・・18日・・・
魂のルーツ・過去生、今の自分の本当の状態を知り 受け入れることが
こんなにも 自由な状態へと 導いてくれるとは
驚きです。

今 本当に 『自分の』人生を歩んで生きたいと強く思います。
28年間OR2000年間 確かに自分を 抑圧して 幸せから
遠ざかる生き方をしてきたかもしれないけれど
今世は違う道を選びたい あきらめたくない
そして  『どうしようもなかったのだ』
『 私は本当に良く頑張ってくれた 
よくぞ今まで生きててくれた ありがとう』
という思いが溢れてきます。
めちゃくちゃ辛かった 苦しかった どうしようもなかった・・・
ちゃんと 感じることができ 自分のために泣くことにより
ココロの曇りと壁が 洗い流されて
透き通っていきました

生きているだけで幸せ・・・無いものを見ればきりが無い
確かにそうなのだけれど
もっとワクワクする人生もあるのではないか
もう一度夢を見たい
自分を思いっきり表現した人生
味わいたい
です。

まだ恐れはある 自信もないけれど
はじめたい 進みたい 羽ばたきたい
熱い思いを手放したくない
と思います

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
On 2003.9.13, at 12:09 AM, M wrote:

↓最近文章で表現する機会を与えられることが続いています。
掲載をしたいとのメールを頂き、今日改めて感想を書こうと思い立ちました。

早いものでリーディングを受け取ってから2か月が過ぎました。
どんな状態であろうとも真の自分の状態について知ることが
さらなる成長を後押ししてくれることを実感しています。
あきらめて、でもあきらめきれずに何かを探して彷徨いつづけてきた私でした。
自分の調和に始まり、家族との調和、闇に閉じこもる人たちが光を思い出すこと、
地球の癒し・・・どんな困難に思えることも決してあきらめない、
祈ることを止めない、続けていこうと強く思うようになりました。
ほんの僅かながらも自分の力を取り戻し、グランディングをし、
芯が通りつつあるように思えます。ちょっとのことで崩れて人間を止めたいと
思うことがなくなりました。あきらめないで、誰になんといわれようとも、
真の自分に従い愛を表現しつづけていくには、【人間】の闇・弱さ・愚かさへ
の理解、優しさ、逞しさ、強さ、ココロの強さが必要でした。
そのためにとても多くの苦しみや絶望の体験が必要でした。
チャクラを閉ざさなければ生きていけない時期は
魂が目覚める前にしておかなければならない準備をする期間でした。
この両親を選んだことも、この肉体を選んだことも、どの出来事もなにもかも
必要であった自分が選んだのだと深く深く理解できました。
両親を始め、すべての人に、協力してもらったのだと・・・
本当に感謝しかありません。傷ついた出来事こそ愛の中で起こっていたのだと
真の理由に喜びを感じました。

『もう、自分を表現していいのだ。自分を表現していけるはずだ。』
リーディングで伝えてくださったように、長い年月で積み重ねてきた
抑圧の壁や自由に生きることに対する恐怖は消えたわけではありませんが、
そう思えます。
羽ばたきたいといつも想っていて何度も挑戦はしても結局同じような選択をし、
息苦しい、極力自分を表現せずに済み、あまり人と関わらずに済む環境を
引き寄せ、苦しいのに慣れ親しんだ環境から飛び立つことが出来なかった・・・・
抑圧の存在を明らかにし意識することが出来て、
原因に向かい合うことができ力が自分に戻ってくる感覚がありました。
どんなことにも必ず原因があり、それは自分の内にある。だから、
今までとは違う選択をしよう、どんな長年持ちつづけた抑圧であろうとも
負けない、のり超えられる、変えられると思えます。
ほんの少しずつですが、自由な生き方・自分らしい生き方が
出来るようになると希望を抱き始めています。

光に手を伸ばし、今世こそは決して離さない、何があってもあきらめない・・・
この強い信念・・・今まで足りなかったものです。
それを取り戻すことが出来ました。自分の力を取り戻し
しっかり生きていく決意をしたら、前以上に多くの導きと助け
を与えられていると感じられます。
自分が愛されている、誰か・何かに自分が幸せになることを望まれていることを
ココロの底から、信じきれていないことに気付きました。
愛されているのかもしれない、私は幸せになるのを望まれているのかも
知れない・・・とても硬く閉ざしていた扉が開き暖かなものが満ちていきました。
私は愛される価値のない人間だ、誰からも幸せを祈ってもらえるような
存在ではないのだという思い込みがこんなにも深い部分にまだ
隠れていたのだなぁ、その想いが、私が幸せになることを邪魔して
いたのだと・・・やはり自分に原因があったのだと、改めてかみ締めました。
罪悪感は建設的ではなく、自分の力を奪いネガティブな環境を引き寄せる、
自分の闇に向かい合うことからの逃げである、謙虚に自分の未熟さを受け入れ、
間違いから学び、感謝し、また歩んでいく、何度転んでも何度でも起き上がって
進んでいく・・・
自分を擦り切らして人に奉仕しても枯れ果ててしまう。
まず自分を祝福し愛し満たす、溢れるものを与えていく。
与えながら受け取っていく。
自分が光であることを忘れない、祈りつづけること、夢を見つづけること、
光と繋がるための環境を 自分自身で作っていく。
牧師だった時代に学んだことはとてもたくさんあります。
他のどの時代でも私は貴重な体験をしたことでしょう。
過去に未練も後悔もありません。
過去も未来も今この私に集約されていると思えるからです。
何千年かけて積み上げた鎧であろうとも真実の光に触れれば崩れていくと
知ったからです。
どの人生も間違いではないと信じられるからです。
長い間、所詮かりそめの人生だと傍観者的に半分だけ関わり生きてきました。
これからは腐らずに素晴らしいものを創造していくことを可能な限り全身全霊で
楽しみたいと思います。

これまでに与えられてきた情報や学んできたものすべてを生かして、
魂とココロと肉体のバランスを取りながら、人間としての感情を捨てることなく、
強く幸せに生き、いつの日か、自分が自分の為に選んだ仕事をさせてもらうため
に、この時期に重要な過去世と魂のルーツを知る必要があった、
本当に完璧なタイミングであったと理解できます。
そして、父なる魂の存在・・・どれほど心強さを与えてくれるか・・・求め
つづけてきた問いに対する答えを与えてくださり、改めて笹川さんには深く深く
感謝を申し上げます。ありがとうございました。
これからも 先が見えず 恐怖に脚がすくんで歩けないという時が何度も
あることでしょう。
けれども あきらめなければ 必要な助けが必ず与えられると信じています。

言葉では伝えきれないものが多々在りもどかしく感じますが、
自分を表現するという意味もあり、書かせていただきました。

笹川さんがもっともっともっと幸せになりますように。



↓8月18日に書いたものです。必要であれば掲載ください。
リーディングを受け取って
受け止め 泣く 振り返るの浄化が終わり すべてが繋がった後
じゃあ どうすればいいの?
幸せになってはならないとか そういう枠があることは分かった
じゃあどうすればいいの?
怒りに似た疑問が沸きました。
でもその問いと情報を手放すことですごくラクになり一歩踏み出せたと思います。
忘れるのでも 捨てるのでもなく 一端手放して
答えは時間をかけてやってくる、問いに応じて自然に答えはやってくると
信じました。
信じた通り答えはリーディングを受け取る以前と全く変わらない
日々の暮らしの中で受け取っています。

↓前の記事 / 次の記事↑


Web Diary UpVersion ver 1.23