変わるべきもの

この世のすべては常に変化し続けていく。発展があり同時に淘汰がある。少しだけ世の中の本流とは違う場所にいて、こういう仕事をしていますと人とは違った視点になるのは当然かもしれませんが、それにしてもこの頃の社会情勢は日々大変革の連続。特に北海道はあまりいいニュースがありません。それでも時は流れ、起こるべきことはすべて起きていくのだなあと感じさせられるのです。

行政だって、教育だって、そして医療福祉だって毎年のようにどんどん変わっていきます。ヒーリングやセラピーの世界もずいぶん激しく変化を繰り返しているように思います。そんな中であまりにも変わっていないシステムは、どこか欠陥があるのではないかとすら思います。歴史的なもの、伝統的なもの、そのままで残すことに意義あるものは除いて、変わらないものはそこに問題をはらんでいきます。

普段、私はほとんどカルマについて言及しません。その原理をひもといたり、考えたりする暇があったら「日々為すべきことを為す」べきだからです。そうでもしないと時代が産み出すカルマを解消しきれないのです。時代はどんどん動いている。だからひとりひとりにみあった「今日為すべきことを」を見誤らないように注意しながら前進し続けていくべきでしょう。カルマの解消という言葉がありますが、こういう考え方がいったいどこからどうやって産まれたのかしりませんが。カルマは普遍的に存在しつづけるものであって、解消すべきものではありません。変化する時に、あらゆるものからカルマは発生します。カルマは宇宙の法則として「消滅」に自動的に向かって振動を始めるのです。ただそれだけです。そこに私たち個々の自我が作用することはありません。カルマを解消するのではなく、カルマが発生しつづける日々の波動のゆらぎのなかで、自分の人生の流れをみすえ、魂の本質がささやく目的にむかってひたすら信念をもって前進し続けていくこと。そうすればカルマの法則に自然に従っていく事になります。私個人はカルマについて理解したり、ひもといたりする必要はなく、すべてはオートマティックな調和の方向に動いているのだから、もっとシンプルに生きるべきだと考えています。スピリチュアルな考え方、視点は時に役に立つのですが、まったく不要な考え方もたくさんはびこっています。選ぶこと、見極めることは難しいかもしれませんが、あまり深入りしないほうがいいこともあるのではないでしょうか。思想家になりたいのでないのなら。