気付きが形になるまで。

(1)ひらめく…土をこねる…
(2)形をつくる…やりなおしてはまたつくる…壊してはまたつくる…(ひらめきはえてして形にすると違和感が伴う…)
(3)火入れをする…そしてついに焼き物が生まれる。

この間、現実には約3年ぐらい経過するのではないだろうか。
時には振り出しに戻って(1)から繰り返すことも多いかもしれない。

スピリチュアルな気付きが現実に奏功した、といえるようになるまで
粘土をこねて焼き物をつくるのと同じぐらい時間がかかると思う。