最後で、そしてはじまりのホログラム

私のリーディング(霊視)の方法は、滝にうたれたり野山のなかで長い年月瞑想を重ね、月や星をあおぎみる時間のなかで会得してきたものです。原点は修験道にあり、密教に通じ、神道にも礎をおいてはいますが、どう実践し、どう活用するかという事についてはひたすら瞑目するなかで天啓を得て修得してきました。これらは神伝レイキとして、またインフィニティをはじめとする光の技法としてほんの一部の方にはお伝えしてきました。ですがいまだその数パーセントも開示できていません。それはまだ自分が十分に修得できたとはいえなかったからです。これらは独自のホログラムを通じて情報として、また具体的な技法として受けとってきました。ホログラムというのは立体的な映像で、それが生き生きと、そしてありありと心眼に写るのですがその意味をひもとき、そして実践できるまでになるまでには途方もない時間がかかります。おいそれと人様の人生に関わる場面で試すわけにもいかないので、ほんとうに使えるのかどうか、意味を成すのかどうかは少しずつ自分なりに試してみる他はありませんでした。このホログラムを使って時空を読み解き、前世をひもとき、時に未来を読み解くことができるようになりました。そして、最後のホログラムをやっと解読できました。それは天地調和という光の世界と、この地上の完全な調和を表わす図形で、その中心を見定めることがずっとできずにいたのです。
最初の点はこれで打つことができた。果たしてこれが機能するのかどうか。これから皆さんの為に役立てられる技法として発展させられるのかどうか…。かつてお伝えしていた技法を改めて磨きなおしながら、意欲ある方にはどんどん学んでいただきたいと思っています。