音霊(おとだま)のこと

少しずつですが音楽活動再開にむけて気持ちを高めつつあります。まずはイメージトレーニング中?というところでしょうか。でも、近々ピアノを弾かねばならないので指トレもやらないと。ただ、先日指の筋肉を鍛える新兵器を開発したのでかなり楽観的です。

サロンを開いてからは、作曲して作った曲はほんのわずかで、それ以外の録音はすべて「音霊」として授かったもの。作曲する時も旋律は天から授かっているのではないか、と思うことも多々あれば技でひねり出しているものも交じっているような気がする。「音霊」はすべて直感で演奏して、あまり手をいれないので自分が作っているという感覚はないのです。演奏中も意識はどこか遠くへ旅に出ていて、録音がおわると我ながらよくこんな演奏ができるなぁと感心することが多いです。自分で自分の演奏を聴いて「いいなぁ」と思うことはまずあり得ないのですが(アーティストは皆そういうものだと思います)、音霊として授かった音楽は自分が産み出していながら「まったく自分のものではない」という感覚があります。妊婦さんが一生懸命にがんばって生んでみたら、それがサボテンだったとか、串だんごだった、という感じでしょうか。全然違うかもしれませんが、なにが出てくるかさっぱりわからないし、産み落としてみても、どこからどうしてこんなものが出てくるのかわけがわからない。そういう感じですね。

ただ、ひどく疲れるということと、よほど集中していっきに仕上げないと絶対に生まれてこない、ということが何年もやってみてわかっています。近しい人からは、この頃全然音楽をやらないと怒られ続けているわけですが、相当の準備をして最高レベルに精神と集中させないと絶対に弾けないものがあるので、どうしてもとことん準備が整わない限り制作にしても演奏にしても、とりかかれないのです。

最近になって音霊をほんの短くですが初めて一般公開しましたが、長いものは1曲15分ぐらいあります(ショパンの幻想ポロネーズも長いですが、そこまでは長くない)。なにが出てくるかわからない状態で冒頭の一音から、最後の音まで一瞬も止まらず、いっきに弾き通してしまうのですから、いったいぜんたいどうしてそんなことが可能なのか自分でもわかりません。短いと数分というのもあります。ただ、10分以上の長い楽曲を弾けないまでも頭のなかで覚えるのは得意だったので、なにかそういう才能(?)というか感性のようなものは備わっていたのかなぁという気がします。バラード1番ト短調(普通9分以上ですよね…)などはよく音楽をまるごと覚えて頭のなかでプレイバックして聴いていましたが、わりと短いなぁと感じるのです。我が家には高校生になるまでステレオもしかり、レコードとか、音楽のソースが聴ける環境がなかったのです。音楽を聴くのはもっぱらラジオで、今の若い人達のようにたくさん音楽ソースがある環境がうらやましい気がしますが、当時の自分にとっては音楽を聴いて育つ必要はさほどなかったのかもしれません。ただ高校生になってレコードを借りて聴くようになってからはすごく集中して聞き込んでました。今作曲したりアレンジをしたりする時に、その時に聴いた音がイメージとして蘇ってくる感覚があります。自然に70年代〜80年代のサウンドになっているようです。

それにしてもいったい全体、音霊がどこからやってくるのか、それがなにを意味しているのか…。実はあまり詳しく調べたことはないのですが、タカマガハラのどこかからやってくるらしい、というのは分かっています。また、アカシックレコードのライブラリーからもらってくる場合もあるようです。いずれじっくり調べられるといいのですが、そんな時間は僕の人生にはないような気がします。