今日のマイノリティ、明日のマジョリティ

名古屋場所の中継が中止になるようだ。
賭博がここまで大きな社会問題になることも珍しいかもしれない。

なぜ相撲中継が中止になったのか。賭博はいけないことだから。でも公営ギャンブルのTV−CMはいいことなのか。

なんでも不思議に思う子供たちを説得できる大人がどれほどいるだろう。ものごとにはグレーゾーンがある。良いことも存在するが、悪いことも存在する。どちらともいえない領域もある。今、グレーゾーンがゆらいでいるのかもしれない。

賭博は永遠になくならないだろう。お金というものが不均衡に存在する限り。すべての人がパーフェクトに豊かになれば誰もお金の所有高を争うことはなくなる。が、幾らあっても十分ではない、という状況がある限り、賭博は存在し続けると思う。

競争のない社会というのは今は存在しえない。だが理念として持つべきではないか。理想郷とはどのような世界なのか。すべての知恵ある人が理想を語り合う必要があると思う。

と、ここまで書いて。
みんなのつぶやきをながめていたら・・・
反対する人は実数とはかけ離れているのでは?という意見も多い。NHKに反対の電話をするひと、中継してくれてもいいんだけど、とつぶやく人。どっちの意見がマイノリティなのか。今はまだツイッターかもしれないが、いずれは電話する人は少数になるだろう。

選挙がツイッターで行われるようになる日も遠くない…?(今のところはまだかなり先かな)