つぶやきもわざわいのもと(かもしれない)

経営者も、つきつめれば個人だ。個人であれば親族がいる。身内がいる。身内が経営に口をだす。それはかまわない。が、客について批判をする。これはまずい。内輪もめはいくらでも、もめてかまわない。が、それが外にもれだす。そうなると、経営がぶれ、商売運が傾くのだ。お客様は神様、という気持ちは経営者本人だけでなく、その身内にこそ徹底しておくべきだろう。身内が客を批判する、嫌う、という態度言動をとると、その分商売運が見事に落ちていくものだ。心あたりがある人は、まず身内の口をうまくなだめるようにしてほしい。まったくもって口は災いのもとである。ツイッターでの軽いつぶやきも同義。まったくもってご用心である。ITスキルは仕事にこそ活かすべきだが、身内の愚痴や戯言のたれながしの為に利用されるべきではない。