今日のつれづれ

ブログエディターのラインセンスがきれていて、昨日は更新ができなかった。
パソコン、エディター、サーバー、インターネット、電磁波防止グッズ、老眼鏡、ミネラルウォーター、ビタミン剤、レメディ、ラジオ、おやつ(ドライマンゴーがあれば最高)・・・とまぁ、ブログを書くときに必要なものを書き出してみると、あるわあるわ。他には椅子とか机とか。座り心地の良いクッションとか。まだまだありそうだ。(おっと、この季節はエアコンもしくは扇風機も!)

サロンをひらいた当初は、広い空間をもてあましてしまい、いったいどうしろというのかと神様を呪いたくなった。今はモノがふえて、どう処分しようかと整理に頭を悩ませている。倉庫を借りようかと画策しているぐらいだ。

モノというのは何年も仕事をしていると自然に増えていく。最初は空っぽでなにもない、としても日々つもりつもっていくものだ。それが生きるということだ。

セッション中に、よく体調の鑑定をする。あと何年でどういう病気の症状が起きやすいかといった鑑定をするのだが、なぜわかるのかというと、過去を探るわけです。体がどんなふうに疲れているか、酷使されてきたか、ヒーリングを実践していると少しずつわかってくるのです。手の感触として、ああこの感じは、こういう負担が体にかかっているときのものなんだな、とほんの少しずつ学んでいくのです。何年もやっていくうちに、手の感触と体調との関係がわかってきます。病気の症状との関係性もだいたいわかってくると、今度は逆に今後の予想ができるようになります。こういったことも、とにかく積み重ねが全てだと思います。

なにごとも年月の経験を重ねていくことに勝る技はないのでしょう。

ピアノの弾き方も、ろくに習ったことはないのですが、いつもぽろぽろと好き勝手に弾いているうち、少しずつ自分の響きやスタイルができていったのです。ピアノにしても、キーボードにしても、自分の好みの響きというものがもうほとんど出尽くしてしまったのはちょっと残念。いつも新しい音色を探しているのですが、もうこれ以上見つからない。かといって、今更新しい楽器を修得することは難しいし。でも新しい響きを見つけたい。というのはいつも考えていることです。