みえないちから

言葉にはみえないちからが宿っていると思う。
世代ごとに、言葉の使い方が違う。
どんな世代でも、自分が慣れ親しんだ言葉を自然につかう。
言語を修得する過程で、脳のシワにたくさんの言葉が刻まれていき、次第になんらかの「語感」が定着するのだと思う。ネィティブな言語の感性とでもいうものができあがる。

若い人しか使わない言葉がある。逆に、上の世代の人しか使わない言葉もある。それぞれの世代に固有の言葉があるが、その背景に「みえない語感」がありそうだ。

若い世代の人と接していると、彼らが「けして使おうとしない」言葉というか、語感のようなものがあるように感じる。会話しているなかで、特定の言葉が「使うべきでない」という感覚があり、意識の奥でひっかかってしまう。そんな時に「ああ、この語感はきっと嫌いなのだろう」と感じるのだ。

時には普通の日本語をあえて外来語におきかえたほうが、会話の流れが自然に進むこともある。若い人達は、なにか「みえないことばのちから」を感じ、自然に使い分けているような気がするのだ。

ハチは、巣の入り口に守衛をおく。入ってくるハチが仲間かどうかを逐一チェックしているのだそうだ。どうやってみわけるかというと「におい」らしい。

最近の若者たちは、ことばの語感のなかにある「特定のシグナル」をかんじわけて仲間をみわけているのかもしれない。

1月の予定

レイキやセミナーの予定を調整しているので、カウンセリングをご予約いただける日程は1月中旬以降になってしまいました。年末年始でしか、ご来訪になれない方もいらっしゃると思うのですが、柔軟に対応できず申し訳ありません。

日程の調整は3〜4日前でおおむね完了しますので、その時点で空いた場合は随時、告知して受付けをしています。特に土日祝に関しては、現在は月に5件程度しかカウンセリング枠をもうけることができていません。今後も同様のペースが続くと思います。ご予約はできるだけ平日でお願いします。

この一年でふえたご相談

今年は特に若い人達からのご相談が増えた。
そして共通の問題は「仕事」。「就職」について、ともいえようか。
そもそも仕事がみつからない人、みつかっても希望の職場ではなかったり、意欲がわかなかったり。一時的な仕事でしかなく、とても不安定だったり。政治家的な言葉いえば「雇用問題」ということだろうか。

そもそも世の中にはびこっている、仕事がみつかりにくい問題は「雇用を上げれば」解決するのだろうか。政治家はこぞって「雇用問題」と表現する。だが、経済学的にいえば「雇用は変数でしかない」のだそうだ。雇用を上げるには生産性をあげるしかない。でも「生産性を上げましょう」と訴える政治家は見当たらない。どうも私たちは若者達が仕事を見つけられないという社会問題を、ずれた論点でみたり考えたりしているようだ。

私たちは「雇用問題」の本質をまったく理解できていないのではないだろうか。

先日、テレビの討論会である学生が「どうしたら雇用が増えるか」を考える社会ではなく、「新しい産業を生み出す力を育てる」社会にすべきだ、と発言して喝采をあびていた。その通りだと思う。

生産性を上げること、とはどういうことなのか。新たな産業を産み育てる力を養う、とはどういうことなのか。私たちはもっと雇用を上げる為の方法論ではなく、そこにつながるだろう「知的な理解力」であったり「論理的なアプローチ」をもっと求め、なんらかの実践につながていくべきだろうと思う。

その為には一人一人がまず意識を変えることだ。政治家は真実を語っていないのかもしれず、私たちの未来の救世主ではないのかもしれない。まずそのことに目覚めるべきだ。

今年のブレスレット作りも完了です

今年もたくさんのブレスレットの注文をいただきました。
ご依頼くださった皆さん、本当にありがとうございました。

年内にご依頼をいただいた分は今日までにすべて発送を完了しました。
明日中に受け取っていただけるといいのですが・・・

オーダーメイドについてはいろいろな理由があって、受付をお休みしています。
年明けもしばらくお休みしようと思います。
いろいろな意味でバランスがとれなくなってしまいました。
制作には、ものすごく時間がかかるのと、どうしても納得できないといくらでも必要な石を仕入れてしまい、採算などあったものではないのです。
ある意味、趣味になってしまいました。
が、趣味というのは本業が安定してこそ。
経営を圧迫するようでは本末転倒もはなはだしい・・・

というわけで、もう少し採算に合うものを考えなくては。
でも、それでは創作意欲がわきません。ああ、いったいどうしたらいいのでしょうね。

ひとつひとつの作品は自分にとっても、素敵な思い出になっています。
時々、メンテナンスでもどってくると、里帰りした我が子に再会したような気持ちになる。
でも、あまり思い入れをもつといけないから、完成したらさっさと送ってしまうように心がけています。

そんなブレスレット作りも、石の種類も在庫も増える一方で収集つかず。
ひとつデザインするのに何日も考え込む。気に入った石がみつからないといつまでも探し続けてしまう。

妥協ということがないので、いつまでも終わらないのですね。
どういうわけか職人魂をも、兼ね備えて生まれてきてしまったのかもしれません。

でもですね、、、会計士さんの顔をみてたら、そうはしていられない、と悟ったのです。
せちがらいのですが、サロンの健全経営が先なので。。。
DSC_0004.jpg

こころのこえ

今年もたくさんの子どもたちに出会いました。
彼らは大人が見失ってしまったもの、忘れてしまったもの、時に置き去りにしてしまったものを
その清らかな瞳の奥に、しっかりと持っています。
子どもたちは皆、心で語りかけてきます。
そして、たくさんの力を手渡してくれます。
彼らと心で対話する度に、しっかりがんばろうと思うのです。
彼らはじっと待っています。
大人になるのを、ではありません。
「その時」を待っているのです。
自分が活躍できるチャンスをつかみとり、そして夢をかなえるその日を、です。

でも、彼らがそのチャンスをつかむことはけして容易ではないのです。
そして夢をかなえられる日、をむかえる子はおそらくとても少ない。
これが現実。
でも、子どもたちは皆、夢をかたってきます。
その心を感じる度に、大人のはしくれとしては、
なんとかお手伝いをしたいと思うのです。

子どもたちの夢は神様の夢なのです。
だから、それをかなえてあげようとして応援したり
手つだったりすることは、神様の意思にかなうことだと思います。

目の前にいる子どもたちが、目の前に子どもがいない人は世の中の子どもたちが、
なにを願っているのか、心の声に耳をかたむけてください。
彼らの心の声に共鳴できる「こころ」を取り戻してください。
そうすればきっと未来がひらけます。
あなただけの未来だけでなく、
家族や、地域の人たちや、国家や、世界の為にも素敵な未来が。
きっとみえてきます。

こころの声をきいてください。
あなたの内なるこえを。

そして一緒に祈ってみてください。
あなたの心が天とひとつになり、光の渦と一体になり、
この世界を包みこむことでしょう。

ひとりひとりの祈りは小さいけれど、
あなたのこころは無限にふくらんでいく。

未来を思い描く力をもつ元気で新しい魂たちの「夢」をおいかける
パワフルでエネルギッシュな存在感を、しっかり受け止めて
私たちも体中で応援をしていきたい。

きっと空の上で、森の高い木の上で、
小川の流れの石ころのかげで、
天使も、妖精たちも、みな「夢」をおいかける未来の
子供たちを応援しているのです。

あなたが祈れば、森の精霊たちも一緒に祈るのです。
あなたの御先祖様たちも天国で共に祈るのです。
この世と天国がひとつになり、あたらしい時代の流れを
つくりだすことができるでしょう。

絶望や、たくさんの闇や、いらない役立たずの権力や暴力は
浄化されて大地にかえっていくでしょう。

私たちに必要なのは、夢をおいかけていく為の新しい、
パワフルでエネルギッシュな未来。
その未来をささえていく希望。
その希望を思い描いていく、たくさんのこころ。

皆が夢をみつづければ、世界はきっとよくなるのです。

わたしたちはけしてあきらめない。

だから、どうかあなたの夢を、未来をあきらめないでいてください。

自分のペースで

クリスマスになると、なんとなく祈っている。
今年もやはり、そういう時をむかえている。

でも、それどころではない感じもあり、どうしてもやっておきたい事にとりかかっています。
自分は自分のペースで、という気持ちが強くなってきました。やはり年齢のせいでしょう。

なので、1年前にも載せた記事を少し加筆して掲載します。あ〜と思い出していただけた方もいらっしゃるでしょうか。

パワーストーン講座初級をふりかえって

初級をふりかえって。。。

ここ数年の初級講座の内容を振り返ってみる。紆余曲折を経て、ある意味内容的には完成しつつあるのかもしれません。今回の講習を思い起こしてみても、知識としてではなく実践的に応用し、指導できる域に達するのは至難の業なのでしょう。超ウルトラC的なものを難なく教えてしまった。敷居は低くてよい。極めようと思えばどこまでも難しい。でもパワーストーンは自然の賜物。誰のものでもない。誰でも手にしていい。が、極めることはほんとうに難しい。例えばいうなら、やはり料理の世界に近いのだろう。素材を生で食してもよい。がアレンジし、応用し、学びはじめるとどこまでも深く、広がりゆく。そのむこうは果てしない。

が、パワーストーンというものさし(基準)を得たことで、カウンセリングの領域もいっきに広がったしアドバイスできる範疇が、魂の領域にとどまらず心と身体のバランスや、運気や風水の鑑定に至るまでに広がった。これらはまったくパワーストーンを学んだ賜物だ。皆さんのなかに、これから人生や健康や生活についてアドバイスをしていきたいと思う人がいるなら、パワーストーンに限らないが自然の産物のなかに、なにかひとつ得意な領域を深めていくべしと思う。

初級講座は、入り口でありすべてのようだ。
中級はブレスレットのアレンジに特化した講座。

初級で深めきれなかった様々な発展、応用をもっと極めていくコースもあっていいだろう。それは続初級という名前になりそうだが、実は上級者向けコースでありインストラクターコースに匹敵する高度な内容になるのかもしれない。さて、受講したい強者はいるのだろうか??? まだ内容は思いつかないが需要があれば自然に生まれてくるだろう・・・。

パワーストーン講座終了。

今日はパワーストーン講座でした。
年内の講座はこれで全てのクラスが終了。今年は少ないクラスで、しかも初級しか開講できませんでしたが内容的にはより充実した、濃いレッスンができました。次回は更に内容をパワーアップしていけそうです。

今日は初級の最終日。数日前にも別のクラスで同じく最終のレクチャーをしたばかりです。同じ進度、同じ段階ですけど、お話する内容は少しずつ変えます。参加する人の顔ぶれが違えば、それぞれパワーストーンをどう応用していけばよいのか、アプローチも変えたほうがより実践的です。単なる知識を伝えるだけでは、生かしにくいでしょう。毎回、10種類も新しい石が登場します。3回目ともなると組み合わせも無限です。無限ですが、具体的にこれとこれとこれを、こう組みあせてこんなふうに使えば、こういう効果がある、といったようなレシピを幾つか提案します。それを実践してもらったり、身近な人で試してもらったりするうちに、自然とパワーストーンのもたらす「現実的な効果」を実感してもらえるようになるはず。

また、今日は自分自身がパワーストーンによって人生をささえてもらった体験談をお話しました。それぞれの立場で、パワーストーンを通じて周囲の人をサポートする可能性がどんどん広がっていくのです。自分にとって無理のない範囲で、まず自分自身に、つづいて身近な人達の為に役立てていく。生活の中に自然にパワーストーンの知恵が浸透していく。そういう広がりがでてくると、素敵だなと思うんです。

来年はおそらく初級が開講できないので、中級の講座に専念します。準備がものすごく大変なのですが、けっこうなクラス数になりそうですので、またいろいろ工夫して新しいレシピをどんどん開発していきたいですね。


なかなか入手できずに困っていた石をついに発見。速攻でオーダーをいれましたが在庫が幾つあるのやら。希望の数が入手できれば数年分のクラス開講には間に合う。他にもずっと探しつづけている石も何種類かある。よい石との出会いは一生に一度かもしれない。手に入る時にえいっとゲットしないともう機会はないかも。再会できると到着が楽しみ。講座の内容が充実すると思うと何年もかけて集める苦心も吹き飛びます。

今日というかけがえのない日

たまにはだらだらと日記ふうに・・・

今日はレイキの伝授講習の日。午前から開始して、エネルギーの伝授を行い、呼吸法等の指導からはじまり様々なトレーニングを実践して、夕方近くになってからヒーリングの実習。実習とはいえ、けして手は抜かない。今日の参加者は、すっかりエネルギーが解放されて大きな変化もあった。
身体はとても正直で、本人がびっくりするようなことも起きる。私たちの心よりも、身体のほうがエネルギーの状態に素直なのかもしれない。

いろいろ思うところあり、もっと深く勉強していかなければと思う。心と身体の関係性はもっと深いのかもしれない。すでに未読の資料もたまっているのだがどうしても気になっていた書籍を発注。

ここ数年まったく手付かずのWebサイト構築の勉強もなんとか継続中。こちらも新しい資料を取り寄せて頭をリフレッシュするつもり。

ばたばたと仕事と雑用をこなしながら、先輩ピアニストと新しい録音についてディスカッション。その録音を聞きながらうたた寝してしまった。繰り返して聴いているうちに自分の心のバランスに必要な音源になってきた。リリースしてくれるといいのだけど。カウンセラーやセラピストの立場の人達にとって糧になる音楽ってなんだろう、と考えるとやはり瞑想を深めた人の演奏が一番いいのではないかと思う。そういう音楽は本当に少ない気がする。

明日はパワーストーン講座。準備がまだ整っていないので、間に合わせなければ。初級の講座はかけこみであと1クラス開催することになりそう。不足の石を調達もしなければならない。もうすぐ中級講座が始まると膨大な数を手配することになるので全部そろうかどうか気がかり。

もう12月も下旬というのに遅れている仕事もかなりあって、挽回は不可能だからもう少し待っていただくほかない。いくらなんでもクリスマスには、と思っていたのにこの状況ではどうだろう。あまり無理しないことにしよう。

来年にむけて片付けなければいけないこと、新しく取り組まなければいけないことが本当に山のようにある。怖いのでリストアップすらしていない。が、順番に流れでやってくるような気がするから、もうあまり考えないでおこうと思う。でも計画性も大事だから、せめて毎日、毎週の作業リストはちゃんと作っていくことにする。来年もほぼ日手帳のお世話になりそうです。

円山公園、今日1日ですっかり雪景色です。

#セミナーの合間に遠隔で安産祈願させていただきました。無事、産まれたとのご連絡。よかった!