パワーストーン講座初級をふりかえって

初級をふりかえって。。。

ここ数年の初級講座の内容を振り返ってみる。紆余曲折を経て、ある意味内容的には完成しつつあるのかもしれません。今回の講習を思い起こしてみても、知識としてではなく実践的に応用し、指導できる域に達するのは至難の業なのでしょう。超ウルトラC的なものを難なく教えてしまった。敷居は低くてよい。極めようと思えばどこまでも難しい。でもパワーストーンは自然の賜物。誰のものでもない。誰でも手にしていい。が、極めることはほんとうに難しい。例えばいうなら、やはり料理の世界に近いのだろう。素材を生で食してもよい。がアレンジし、応用し、学びはじめるとどこまでも深く、広がりゆく。そのむこうは果てしない。

が、パワーストーンというものさし(基準)を得たことで、カウンセリングの領域もいっきに広がったしアドバイスできる範疇が、魂の領域にとどまらず心と身体のバランスや、運気や風水の鑑定に至るまでに広がった。これらはまったくパワーストーンを学んだ賜物だ。皆さんのなかに、これから人生や健康や生活についてアドバイスをしていきたいと思う人がいるなら、パワーストーンに限らないが自然の産物のなかに、なにかひとつ得意な領域を深めていくべしと思う。

初級講座は、入り口でありすべてのようだ。
中級はブレスレットのアレンジに特化した講座。

初級で深めきれなかった様々な発展、応用をもっと極めていくコースもあっていいだろう。それは続初級という名前になりそうだが、実は上級者向けコースでありインストラクターコースに匹敵する高度な内容になるのかもしれない。さて、受講したい強者はいるのだろうか??? まだ内容は思いつかないが需要があれば自然に生まれてくるだろう・・・。