地デジ化

とんでもない無駄遣いという強い反論もあったが、それは瞬時にもみ消され、淡々と進行する地デジ化。役人の頭が固いのか、それとも誰かが私服を肥やしているからなのか、よくわからない。が、私たちの税金はここでもけして有効に使われている感じがしない。行政のやり方はすっきりしない。だがテクノロジーは行政とは関係なく、どんどん進化していく。画面が立体になったり、ハードディスクが接続できるのも普通になった。おかげでパソコン用のハードディスクがめっきり値下がりして大助かり、という恩恵もある。

一方でものすごい数のアナログテレビがいっきにゴミになる。自分が使っている受信機がまもなくゴミになるということに気づいていない人もまだ多いかもしれない。皆さんの周りにそんな人はいないだろうか。一人暮らしのお年寄りが、唯一楽しみにしているドラマや娯楽番組が、ある日突然うつらなくなったら…。そうならないうちに、教えてあげようじゃないですか。

そういえば、ラジオでテレビ放送の音声だけ聴いている人もいると思う。そういう人達は画面にまもなくはいる文字テロップに気づくこともないかもしれない。可哀想なお年寄りが現れないように祈りたい。

車についているテレビも映らなくなるし、FMラジオで音声だけ聴くこともできなくなる。便利だったのに、もう使えない。手のひらでワンセグ見られる時代ですから。最先端のテクノロジーの産物を利用すべし、でしょう。時代が進んで便利になるけれど、ゴミがどんどん増えるデメリットもあるよね。

タオルから出火の記事について

アロマサロンなどのタオルが発火する事故があったというニュース記事をみてドキっとしたので、少し調べてみた。

アロママッサージ等に使ういわゆるベースオイルなどは酸化しやすく、酸化熱を発生することがあるらしい。条件を絞り込んでいくと「乾燥機」でかわかした後の保管時に、自然発火することがあるようだ。乾燥機の注意書き等にも書かれているようだ。ということは、洗濯機などであらって自然乾燥させている場合は問題はないのだろう。

マッサージサロンは洗濯も乾燥も大変だろうから、乾燥機を使っているお店は多いのでは。気をつけていただきたい。

才能を活かすこと

先日、貴重な国産CMSシステムであるLoggixのことを書いたのだが、実はその作者さんが僕の記事を見つけてくださった。ということが本人のブログに書いてあった。実は自分は尊敬をこめてその方のブログをずっと読んでいるのです(笑)。ではなぜ先方の記事をリンクしないのかというと、自分には立場上いろいろな事情があるので、ブログというものに全てを書いて思いを込めるようなことをしないようにしています。先方には失礼のないように、と思い、最大の敬意をこめてネットの向こう側のその方に接しているつもりです。それはなんとなく伝わったように思うのであえてリンクはしなくてもいいかな、と自分のなかで納得させています。

ああもったいない、ああ使いたい、と。一人のユーザーの立場で本当にわがまま勝手に言い放題のことを書いてしまいました。こんな素晴らしいものを私たちの仲間が作ってくれているのに・・・なぜ普及しないんだろう、なぜ使う人が増えないんだろう。本当に純粋な疑問があります。実は作者さん自身も少し悲しい気持ちをもっていたということがわかり、少なからず共鳴しているのでした。

私たちはひょっとしたら自分の持っている可能性や才能をすごく無駄にしているのかもしれません。いいものが本当にすぐそこにある。でもあまりにも身近すぎて、それが世界一素晴らしいものだということに気づかないことだってあるでしょうね。最近はネットで稀な才能が発掘され、世界中から着目されるということが増えてきたようです。でも、ネットのなかにあっても、本当に素晴らしくても、なかなか着目されないものもあるでしょう。私たちの意識がその輝きの意味に気づかないだけなのでは。自分の眼でみえていると思っていても、実はなんにもみえていない。そんなこともきっとあると思います。

追記:
リンクはしてないけれど、Loggixについて書いている人は本当に少ないので。検索したら多分、一発だよね。大寒のタイトルで書いちゃったから技術系の人は???でしょうか・・・。

今日もWordPress環境の構築におおわらわ。日本語の資料は完全ではないので英語ドキュメントも解読しながら。年寄りには細かい英字は読むだけでも疲れるよね。日本語って本当に読みやすくて素晴らしい言語だと思うのに。IT立国なんてうぬぼれていると今に中国に追いぬかれちゃうぞ!

テクノロジーの憂鬱(続き)

WiFiシグナルが生態系になんらかの影響を与えるかもしれない。そういう研究をしている人がいる。携帯の電波はやっぱり脳によくないのではないか。そういう議論の温度も時々、高まる。
だが、WiFiをなくそうとか携帯という仕組みをやめてしまえ、という議論にはけしてならないだろう。便利さと引き換えに、環境が破壊されたり、ひいては健康が阻害されるとしても、なぜか人間は科学技術の発展に伴う生活の便利さを優先してしまう。科学はいらないから健康で穏やかに暮らせたらそれでいい、という方向に社会は向かわない。これは人間の性なのだろうな。

人類はいよいよガンを克服するかもしれない。いや、もう時間の問題だろう。原理的にはこれでいける、という技術が開発されつつある。まもなく臨床が始まり、やがて成功事例がニュースとなる日がやってくる。多くの人が治療を受けられ、完治するかもしれない。

だが、WiFiで樹木が枯れたり、小動物が影響を受けたり、私たちの身体に変調が起きたりしているのかもしれない。それが証明されたとして、完全な電磁波対策が発見されるのは今世紀中ではないかもしれない。それよりも地球上には多くの重大な問題がたくさんあり、きっと電磁波の問題は後回しになってしまう。それまでは自分で防衛していくほかはなさそうだ。

携帯の電波も嫌いだが、WiFiの電波はもっと嫌いだ。といいながらWiFiだらけの環境で暮らしていかざるをえない。iPhoneでWiFiを検索するのだが、どんどんネットワークが増える。ほんの一昨年あたりまでは自分のネットワークしか表示されなかったが、今ではご近所両隣のWiFiネットワーク名がずらりと表示される。年々、頭痛がひどくなるような気がしてならない。だが、けして頭痛薬だけは使うまい。絶対に使わないぞ。というわけで今日も頭痛対策だ。

ちょっと調べてみたのだがWiFiの電波は携帯より波長が短いようだ。わずか6センチメートル。こんなに短いと人間の細胞レベルで悪影響があるのではないか。この波長の「短さ」がとても気になるのだ。当然、数センチの波のエネルギーに無数のデータによる変調がかけられるから、ナノメートルのこまかな波のエネルギーが細胞に届けられているのだろう(だからこそ膨大なデータが伝送できるのだが…)。そういえばDNAって螺旋構造だから波のエネルギーに共鳴しやすいだろうなぁ。電磁波で破壊されたりしなければいいけれど。

ちょっとエンジニア

ひさびさに、ちょっと音楽関係の作業をしています。
ピアノの師匠の紹介で調達できた素晴らしい録音機材をテスト中。とても高性能なマイクを一式、試しています。届いたのはマイクと専用のアンプ。そこから更にプリアンプにはいってパソコンにつながります。手元のプリアンプの性能がどうもいまひとつで、あまり評価にならず。今後のことも考えてFocusrite社の機材を導入してみることに。車でいえばメルセデス級のブランドなので、まず間違いはないでしょう。実際、素晴らしい音がします。マイクもこれ以上はないのでは、というシステムなので下手な演奏がよりはっきり浮き彫りになってしまう、という恐ろしさも。

録音システムが超一流の音質になったとして、いったいどうするか。その先はまだこれから考えるとして。いろいろ準備はしておかないと、その気になった時に動けませんからね。
IMG_0896.jpg

今日の裏事情

大事なデータを整理してDVDに焼いている。そのわずかの合間のブログ更新タイム・・・。
元旦からHPを動かしているサーバーに積もり積もった未整理の情報をかたづけていた。不要なようにみえても、長い時間かけて実験したデータがそのまま残っていることも多く、本当にずいぶん試行錯誤していたんだな、と思い起こされる。有効なデータが多いので、今後の為にもここで思い切ってきちんと記録しておかないと、もう二度と整理する時間がつくれないと思った。やっとひとつ大きな領域が整理できたので、次にとりかかっている。

今使っているサーバーも時代遅れになりつつあり、なにかと不自由なこともでてきた。新しいタイプでより高性能で今後10年使っていけるようなサーバーに移行しようと思う。その為の基礎研究をはじめた。一からの再構築になるので、動かせるようになるまで3年ぐらいかかるのだろうけれど、ラーメン屋にたとえれば日々の営業をこなしつつ、まったく新しいスープを生み出すべく、素材から見直す作業を併行して始めるようなものか。。。形になるまでは、なにをやっているのか誰にも説明のしようもないのだが、やらないと未来がないと思う。

今日はHPに載せている予約状況の更新システムをつくり直している。5年前に立ち上げた仕組みだが、使いかっても悪くなってきたし、なにより古いサーバーで動いているのでなにかとネックになりつつある。今日中に形になるだろうか。これが動けば、どうにかこうにかHPの裏方のゴミ掃除は一区切りである。

といっても、見ためはなんにも変わらないのだから、なんと励みのないことであるよ。

日本ってそんな国

・夜でも充電できて発電効率のよい太陽電池(しかもすごく安いし、原料も入手しやすい)
太陽電池ってエコかもしれませんが、すごく発電量が限られていて、そしてとても高価。一般庶民がおいそれと屋根につけたり、車の天井にはりつけられるものじゃない。それでも時計や携帯を充電することができるような小さなパネルも出回るようになってきました。でもまだまだ高い。
そして、高いが故に火力や原子力の代替になり得るまでに至っていない。特に日本のように国土が狭いと、広大な面積を利用して太陽電池パネルをずらっと並べるような方法がとれない。大規模発電施設は不可能。はやくなんとかしないと火力に未来ははい。だからといって原子力は推したくない。
ところが、すごく安くて効率のよい太陽電池が生まれそう。なにより素晴らしいのは夜でも発電できる(赤外線で反応するらしい)。夢みたい。でもほんとに発明されたんだそうですよ。

・ずっと小さな電力で動作し、100倍長く記録できるBlueRayディスクが実現できる
こんなニュースも流れていました。
記録用のディスクメディア、今のところはDVDタイプが主流でしょうか。デジカメやムービー、あるいはハイビジョンTVの記録用に使われていますが、容量が小さいのでBlueRayに置き換わりつつありますね。そのBlueRayをしても、ハイビジョン番組はそんなに長時間はいらない。大容量はHDD、少しならBlueRay、という使い分けになっています。そんなBlueRayの容量がいっきに百倍にできる。夢のような技術が開発されたようです。

いずれも日本の技術。日本ってすごい!

エネルギー問題が解決するとしたら、それができるのは日本でしょうね。

誰でもが手のなかで3D画面で遊べる。そんなゲーム機を作ってしまったり、それがいっきに市場に普及して(数ヶ月後にはきっとそうなる)みんな手にとって楽しんでしまう。ハイテク大好きで、ドラえもんにしかできなかった魔法が現実になるのを楽しんでしまう。日本ってそんな国。いいなあ、すてきだなぁ、たのしいねぇ。

大寒

大寒です。
1月も終盤です。サロンの業務のほうは日々のセッションをこなしつつ、10年目の節目を迎えるにあたって必要なこと全てにとりかかっています。よって新しい業務になにひとつ取りかかれません。

特にHPのコンテンツについてはつくりっぱなし、書きっぱなしの内容が多すぎ、すべてを再構築しなおしたいとずっと思っていましたが、そんなことは到底無理。無理なんですがやらねばならない、ということも現実なわけで、淡々ととりかかる為の準備のその下準備のようなことを連日、延々と続けています。

わけがわからないでしょうが、説明する意味もないほど地道な作業をやっている、ということでどうかご了承ください。

Webサイトは全部、手作業で地味に作ってきましたが、完全にそれがアダになっていますね。どこでなにをどうしたのか、記録もあまり整理されていなかったので、全部をひっくりかえして究極の雑然さに途方にくれつつ、まさしく牛歩のような日々が元旦からずっと続いています。

Webは手作りといってもほとんどWordpress。あらゆるCMSを試して、これしか選択肢がないということでずっと使い続けてきました。ここにきてWordpressは世界標準になりつつあり、誰もが使っています。おかげで情報も書籍も十分に出揃ってきて不自由がなくなりました。
でも、本当はもっと素晴らしいCMSがある(その名はLoggixという)。一部のエンジニアには高く評価されていながらも、誰も手を出さないので知名度もなく、よって普及もしない。当然、本もなにもない。いくら探しても使っている人はほんのわずか。本当に使いやすく、信じられないほど洗練されているのだが、いかんせん時間のない自分には情報があまりにも不足で、敷居が高すぎる。いつかブレークしてくれたら、とかすかな願望をいだきつつ、やっぱりWordpressに戻るほかないのか。残念だな。それにしてもLoggixがつかいたい。もう少し技術力があれば応援できたのに。勉強不足な自分がくやしい…。あきらめきれないから、むこう10年の勉強課題にしようかしら。地道に使いこなして自分流に形にできたらいいな。

(写真は喧騒の去った神宮にて)

チャリティについて考える

チャリティについて考えるべく、風が吹いた。ピアニストとして活動をはじめた頃、自分なりのチャリティのあり方を模索すべく老人ホームの慰問、施設の児童を無料で招待などの活動をした。そのなかで多々、感じさせられること、気づかせていただくことがあまりにも多く、それ以後チャリティからは遠ざかっている。今は自分なりのチャリティの形をみつけたと思っている。

いろいろな意見もでてくるだろうが、チャリティを通じて魂が磨かれる。そのことはシンプルにいえるのではないだろうか。

風がふく。心がゆれる。そこから先はひとりひとり、皆違う。みんな違ってあたりまえ。意見がまとまることもないが、すべての人の心がざわめく。そこから語り合いがはじまったり、新しい輪が生まれたり。素敵なこともたくさんあるに違いない。いや、明るい未来への変化がたくさん産まれることを祈っていたいし、信じ続けていきたい。

わたしたちはみな、あたえあうことをまなぶためにいきているんだから・・・

1枚の紙だけど

年賀状おくってくださった皆さん、ありがとうございました。
50円の心くばり、ぐっときます。

なかなかお会いできない方も多いのですが、お元気そうな様子だとほっとします。夢をかなえたご報告などは特に自分のことのように嬉しい。

小さな四角い紙でしかないけれど、たくさんの愛がつたわってきます。
ほんとうにありがとう。