それでも空は青い

てんつくマンさんの名前はきいたことがあったが、どんな方なのか情報を得てはいなかった。そのてんつくマンさんを通じて、現地の生々しい情報が伝わってきた。(今日のランディさんのブログを参照)

ウォンさんは連日、Ustreamで演奏し続けている。停電しても生音でチャリティライブをひらいている仲間もいる。海をへだてて北海道にいて、なにができるだろうと悩み、考える。今は誰もが心に暗くて重い淀みをためこんでいて、うまくはきだせないでいる。

道新の記事にも、自粛ムードが続き経済活動が低下するのが懸念されると載っていた。それはわかっている。みんなわかっていることだ。遠くにいてもできることは少ない。いや、ほとんどないといっていい。せいぜい義援金を送るぐらいだろう。それならしっかり経済活動をすべきだ。自粛ムードに浸っている場合ではない、と。

でもこの胸のなかにつかえている淀みを吐き出さないと活動モードに切り替えられないだろう。

私たちの心がどんなによどんでいても、季節はめぐる。今日の札幌は春めいたいい天気だ。空はどこまでも透明で高く、明るい。

上をむいてあるこう・・・。ある悲惨な事故でなくなった尊い歌い手が、そう歌い続けながら日本中を励ましていた。

ひとりひとりのなかで、青空を感じていこう。今は誰も背中をおしてくれない。待っていてもなにもかわらない。みんなが苦しいのだから。

まず、自分の気持ちをすっきり解放させることから。心のなかの淀みを整理して、それから日常生活に戻っていけばいい。

学ぶべき人は学び、鍛えるべき人は鍛え、働くべき人は働こう。大地を耕し、新しい種を今年も蒔いて、秋の収穫を日本中の人に分け与えよう。

それぞれの持場で、ひとりひとりが、しっかり大地にねざしてがんばる。

それしか私たちにできることはないのでは。

今は選挙の時期でもある。こんな時に…なんてなげやりにならないで、しっかり一票を投じることから始めようじゃないか。

それにしても、市長選にしても、知事選にしても結果みえてるじゃないか。。。まぁ、文句は言うまい。

それでも今日の空はまぶしいぐらい青い。

iOSアップデート(テクニカル)

iOS(iPhone、iPod touch,iPadなどのOS)が4.3.1にアップデートされた。接続に関する問題(要するにつながりにくくなるってことか?)解決も含まれているようなのでアップデートしたほうがよさそう。iPhoneは進化し続ける点が魅力だが、その反面ではソフトウェアが基本機能である「通話品質」にも影響を与えるおそれがある。最悪、アップデートしたら携帯がつながらないなんてリスクもある(そんなことになったらアップル株は暴落するからまずないだろうが、絶対なんてことはありえない)。2011年の元旦にタイマーがならなくて寝坊した人が続出した件は記憶に新しい。最新のアイテムには常に「未検証」の領域がつきまとう。iPhoneは便利だが、信用したらだめだと思う。寝坊して困る時は、必ず「普通のめざまし」も一緒にセットすることだよね。

受け取らない権利

AERAは好きな雑誌だったが、もう読むことはないだろう。今回の表紙はひどい。すでに批判があいついでいる。

過ちを批判する必要はない。

私たちは受け取る情報を選ぶ権利を持っている。
同時に、不要な情報を焼き捨てる権利をも持っている。

糧となる情報だけを、しっかりふるいにかけて選びぬこう。
要らぬ呼びかけにも応える必要はない。義援金詐欺には注意しよう。

それぞれの立場で、冷静な判断をこころがけよう。

志は誰かに見せるものではない。
ひとりひとりの思いも、孤独な奉仕も、すべて天に通じている。
ひっそりと行えばよい。

ウォンさんのライブ放映予定(Ustream)

ウォンさんとご子息の美音志君のライブがUstreamで放映されます。今夜もオンエアの予定があるとのこと。しばらく続けていくようですので是非、ご覧になってください。そして一緒に祈りましょう。

ウォンさんのブログの記事はこちら
視聴後は是非、ツィッター(@wongwingtsan)へ感想を届けましょう!

JARLもがんばっている

7MHz帯でJARLが非常通信センターとして動いている。短波通信はほぼ日本中で交信が可能だ。中学生の頃、無線が好きな同級生達とアマチュア無線に興じた時期があるが、当時も7MHz帯をもっとも多く聴いていた。人生でいまだ非常通信を聴いたことはなかったのだが、今はまさしくその非常時だ。

どこかに捨てるに捨てられずにとってある古い無線機が幾つか眠っているはずだ。電源をいれるとどうなるかわからないが…。いつかなにかの時の為に、最低限の無線設備を整えておこうと思う。

携帯も電話も不通になっても最小限のアンテナ、バッテリーがあれば日本中と通信できる。特にモールスによる短波通信なら小さな電池と短いアンテアでも外部と連絡が取りやすく最強のサバイバル通信システムだと思う。

※JARL=日本アマチュア無線連盟

美しく、そして脆いもの

ランディさんの今日のブログをよんで、自分なりの意見も書いておこうと思った。

今は国や行政や原発の批判をするつもりはない。だが、各自が冷静な判断をすべき時にあると思う。特に子供を持っている親御さん達は、こういう視点もあるのだな、ぐらいでもいいからランディさんの意見に耳を傾けてみてほしいと思う。

彼女がチェルノブイルに取材に行った時の話しを思い出した。とても悲惨な事故があったとは思えないほど美しい田舎の風景がそこにはあったそうだ。放射能はすべてを壊してしまうのではないかもしれない。森はよみがえり、水は流れ、作物は育ちはじめる。そこで今でも生きている人達もいるという。でも、子供たちへの影響はどうなのか。科学的には関連があるのかどうかわからないということなのだろうが、甲状腺に異常が起きる傾向があるようだというランディさんの「感じ」には、非常に納得できるものがある。

子供は喉に不調をきたしやすい。

それはヒーリングを教えていて、多くの人達の健康の推移を見守ってきてすごく感じる事だ。大人になれば身体がしっかりしてくるので、同じ条件下でなんらかのストレスにさらされても症状が出ることはないとしても、子供はそうではない。単なるストレスならまだしても、相手はみえない放射線ということになると、「それがないところに逃げるしかない」という考え方もあってしかるべきだと思う。

書類の電子化

日々、かなりの枚数の「手書き」の記録が増える。カウンセリングやセミナーの内容は事前の準備から当日のメモに終了後の覚書きなど、すべて手書きだ。ものすごい枚数になってきたので昨年はほぼ1年をかけてスキャンして電子化した(今流行の自炊ってやつ)。これで古いファイルを探す苦労はなくなりました。Macで簡単に取り出すことができるようになった、めでたしめでたし…と思ったのもつかの間、いかにうまく取り出すかということが問題になってきた。

当時はまだビュアーの決定打がなかったので、当面の方向性としてスキャンした書類を画像としてiPhotoに登録することにした。取り込む際に、キーワードを設定しておけば検索は問題なく行えた。

ただ、iPhotoは起動時にすべての画像を読み込む為に、だんだん再起動にすごく時間がかかるようになってきた。それにアプリケーションがメモリをかなり消費するのでマシン全体の動作が少し重くなる感じもする。CPUパワーは無限ではないので、なるべく軽快に動作するビュアーがあれば乗り換えたいと思っていた。そこへ救世主が現れた。
1年前はまだあまり使いこなせていなかったのだが、最近はすっかり世界中で定番になりつつあるEvernote。検索はずばぬけて高速だ。そこで何万ページもある書類をすべてEvernoteに取り込んでみることにした。ただ、問題はその方法だ。。。

以下、技術的なつぶやきです。

iPhotoからEvernoteにデータを移行するには、幾つかのパス(Path)がある。
1.AppleScriptでデータを掃き出し、Evernoteに書きこむ。
2.PHPやPerlなどでデータを変換する

まず1.についてはまったくAppleScriptのスキルがないので、そもそも可能なのかどうなのか可能性を模索中。今のところイベント名を吐き出す方法が見つからない(iPhoto側でイベント名にキーワードを埋め込んであるので、これを取り出す必要がある)。もう調査開始3日目だがやはりみつからない。

2.については、iPhotoのデータはAlbumData.xmlで管理されているので、直接読み込めば必要な情報は手にはいる。xmlを読み込んで、Evernoteになんらかの形で渡せばいいわけだ。PHPのライブラリを使えばなんとか実現できそうだ。Evernoteのデータ形式など、未調査なのでまだ確実な方法かどうかわからない。

いずれにしても、もう少し調査が必要だし、方針が決まったところでスクリプトを書けるのか…。年内に解決できればよしとしよう。

祈ります

今日は終日、ニュースが気になる日でした。
多くの被災者の方が一日も早く、穏やかな生活を取り戻せますように祈ります。
安否不明の方がたくさんいらっしゃいます。とても心配です。