受け取らない権利

AERAは好きな雑誌だったが、もう読むことはないだろう。今回の表紙はひどい。すでに批判があいついでいる。

過ちを批判する必要はない。

私たちは受け取る情報を選ぶ権利を持っている。
同時に、不要な情報を焼き捨てる権利をも持っている。

糧となる情報だけを、しっかりふるいにかけて選びぬこう。
要らぬ呼びかけにも応える必要はない。義援金詐欺には注意しよう。

それぞれの立場で、冷静な判断をこころがけよう。

志は誰かに見せるものではない。
ひとりひとりの思いも、孤独な奉仕も、すべて天に通じている。
ひっそりと行えばよい。