今日のレベル2セミナー

今日は勉強熱心なメンバーが集まりました。また同じような年代、職業という共通項もありましたので、せっかくならと瞑想をより深めて、内観を行うことにしました。

レベル2に進んだ方には、シンボルやマントラを駆使した瞑想のワークを実践していただきます。どなたでも簡単に実践できる割に、非常に効果があります。何年か実習しているうちに、非常に短時間で深い瞑想状態に入ることができてしまいます。

ただ、瞑想が上手にできるからといって、それだけのことです。せっかくいい瞑想が実践できるようになったのなら、それをもっと積極的に活かして人生を有意義にしていきたいもの。

今日は2つの内観のワークを行いました。一つ目は、自分の社会性を見つめる、というワーク。その前置きとしてオンとオフ(陰と陽)の概念を説明しました。仕事とプライベートは大事な人生の2つの側面です。今日は「社会生活」における自分を潜在意識の奥まで入り込んで、感じてみようというワークを行いました。それによって、今の仕事、立場にどれだけ満足できているのかが見えてきます。

そしてもうひとつは、自分の本質(魂感覚)は、これからの数年間でどういう方向に進みたい、なにを達成したいと願っているのか。それを問うワークです。いわばハイアーセルフとの対話ですね。ここではレベル2の3つのシンボルとマントラを駆使しました。

内観の結果は、それぞれの心のなかにしまいこんで、持ち帰っていただきました。

こういったワークはかなり定型化できるものです。誰でも簡単に実践することができます。ただ、自分で行うのはうまくできているのかわかりにくく、自分で自分を誘導することができないので、意識の奥に入れば入るほど難しいと思います。やはり誘導があるから入りやすい、ということはあるでしょうね。

9月最後の週のあれこれ

9月はいろいろとやることが多く、雑多なことが次から次へと。そしてなかなか終わりません。

さて、秋への入り口も通過したところです。この時期は、小豆食べましょう。冬に向けての身体作り、大切ですからね。普通にサ◯エのおはぎでもいいと思います。

今日はセミナーでした。季節の変わり目に注意事項、食べ物についてのお話しがありました。それから、内観もしっかりやりました。ヒーリングの実習もしっかりやりました。短時間で、たくさん濃い勉強ができたようです。皆さん、とても勉強熱心で、こちらも気合が入ります。

さて、来月の支笏湖の宿泊ワークは、宿泊の手配が完了しまして、部屋割りを考えるとあと男女1名ずつ、空いていますのでもし都合がつく方はお申し込み受け付けています。

これから、土地の鑑定依頼があり、図面とにらめっこしているところです。どこかに水晶を設置して改善できるかどうか…住んでいる方にとっては大切なことなので、難しいです。

「ウォン・ウィンツァン ジョイントコンサート in 札幌」のご案内

きたる11月3日、瞑想のピアニスト ウォン・ウィンツァンさんの札幌公演があります。
会場は「ギャラリー門馬」です。
今年はヴォーカリスト、吉野大地さんとのジョイントコンサートです。オーロラヴォイス(ウォンさん曰く)をご堪能ください。

詳細はこちらをご覧ください。(小中学生無料だそうですよ!)

※交通は円山バスターミナルからバスをご利用ください、となっていますが昨年は駐車場が使えました(今年の情報は主催者にご確認ください)。

DSC 0007
※ギャラリー門馬、2F席から
DSC00208
※リハーサル中のウォンさん

↓オフィシャルポスターです。
Wong sacredspace

北海道近海の魚のセシウム値

北海道近海で8月に捕れた魚のセシウム測定結果が公表されていました。
・サンマ 4
・マサバ 11
・マダラ 43
・スケトウ 1

庶民の味方、サンマの数値が低めだったのは少しホットしました。マダラは気になる数値です。子供や若い女性の順に、食べ物にはこれからも配慮していく必要がありそうです。

#本州に住んでいる知人が、あいついで放射線測定器を入手しています。やっと手頃な価格のものが手に入りやすくなってきました。また非営利団体が大変、安く測定器のキットを提供しているところも出始めています。測定器が必要な世の中なんて、嬉しくないのですが。北海道を出る時は持ちあるきたい気がします。

定まらない日々。

もうとっくに月も変わってしまっていた。先月、片付けておくべきだった(いや、もっと前のも残っているかもしれない…)雑多なことを、やっと少し着手。できる時に、少しずつやっておかないと…。と、毎日ちゃんと確認して、少しずつ進度をあげられるといいのに。

本当に些細なことだが、以前からずっとおかしいなぁと思っていた事にとうとう、取り組んだ。なんのことはない、iPhoneをMacと同期させる、という単純な事なのだが。灯台下暗し、とはこの事か。ちゃんとできていなかった。そんな気はしていたのだが、別段困らなかったのだが、やはり不便だからね。とうとう直した。ちゃんと確認すればわかることだったのに、なにか思い違いというか、これでいいと思い込んでいたようだ。

どんなに自分が取扱いに慣れていても、以外とシステムそのものが改訂されていることもあるからね。

世の中、どんどん変わっていく。昨日まで自分が正しいと思っていたことが、今日からそれは「過ち」という定義にすりかわっているかもしれない。

日々、アセンションまっただなか。あらゆる時空の、あらゆる定義が無効になり、新たな定義が再発行されていく…。つまり、なにも定まらない時期だ。自分が正しい、なんて思ったらもう取り残されるから要注意だなぁ。

逆に、昨日まで周りから非難されていた人が、実は真実を語っていた、なんてことも起きかねない。(そんなことがずっとずっと昔あったな…)