2月2日(土)レイキセミナー〜ご案内と補足

セミナーの告知に関連することを、ここで書いてしまうのも一貫性がないのでよくないのですが、他に書きようがないから書いてしまいます。

2月2日(土)のレイキセミナー、午前の部は開催予定です。ただ、午後の部はまだお申込みが1名でこのままだと延期かキャンセルになってしまいます。もし、参加してもいいかな?とゆれている方はもう少しゆれてみていただいて、参加のほうに傾いていただければ有難いです。

2月4日は、二十四節気の「立春」。身体のなかにも春のエネルギーが高まってきて、一年のリズムを整えるのに最適なタイミングです。この1年を健康に過ごしたい方にはうってつけのセミナーです。

・午前だけ、午後だけ、という参加でも歓迎です。
・ぎりぎりまで受け付けています

今日の徒然:長靴シーズン到来

さてさて、残念ながら(笑)マジックマッシュルーム効果も切れたようで、なんだか普通の感覚に戻ってきてしまいました。今回の一件で正直なところ、人間たまには寝こむもんだ、と思いました。身体と向き合ういい機会になりました。人間をもう50年もやっているのに、ほんとうに身体をいじめぬいてきた。それでも文句もいわずに心臓も肺もとまらないで動いてくれていた。すごい。けれど、大事につかわないとやはり故障はするでしょう。

ふりかえれば、そこに至るまで(インフル発症まで)小さな変調がたくさんあったんです。数えればきりがない。ないけれど、おかしいな、嫌だなという体感が幾つもあった。できるだけ気にはかけたけれど、せいぜいがレイキをする程度で根本的な対策はしなかった。一進一退という感じがしばらく続いた。季節の変わり目、人生の節目、いろいろなことが重なったんでしょうね。身体さん的にも、ちょっと強引だけれどスイッチ切らせていただきました、という感じでしょうか。

配管工事で断水になるとか、電柱のつけかえ工事で停電になるとか、生活のインフラも時にやむを得ずそれらが寸断されることもある。人生も同じで、なにかを切り替える為に時に流れが寸断されることもありますね。そのことを「どう受け止めるか」が大事なんだと思います。

きっと、これで終わりではない。なにかしら、取り替え工事が急遽はじまって全てが停止することもあるだろう。少しペースを落としていこう。いつなにが起きてもあわてないようにしよう。どっちみち、起きてしまったらどうにもならないんだから。

気温がプラスに転じて、そこらじゅう水たまりです。冬こそ長靴が必要な北海道の冬。雪まつりにをみにくる観光客の方は、長靴がいいかも…。