LINEで予約受け付けてます(ただし二度目以降の方!)

少し前から試していたのですが、LINEがかなり便利だということで、LINEのメッセージで、予約を受け付けることにしました。当方で皆さんのお名前とお電話番号を住所録に登録しているので、LINE経由でお申込みの場合は、予約希望の日時だけお知らせいただければOKです。かなり便利だと思いますので、気軽に利用してください。

当面は予約に関しての対応に限定ですが…。もし、電話カウンセリングの際、LINEの無料通話機能を使いたい、という方は対応可能です(ただ、Skypeも同様ですが、無料の通話はインターネット経由ということもあり、稀にですが音声が途切れてしまうことがあるので、いざという時には電話に切り替えることになりますのでご了承ください。)

※LINEではニックネームしか表示していないのに、氏名がわかるのか?という疑問がおありの方もいらっしゃるかもしれませんが。電話番号にひもづけされていますから、こちらでフルネームで住所録に登録していると、ニックネームだけでなく本名を確認することはできます。もちろん、一度、電話番号を交換していないと不可能ですので、一度は当サロンに携帯番号をお知らせいただく必要があります。とういうことで、当然、カウンセリングを受けたことがある方のみの対応です。よろしくお願いします。

※LINEとは:スマホのアプリです。メッセージ交換、無料通話などの機能があります。パソコンでも使えます。

今日の徒然:ガンは治るんだろうか

さらっと書ける内容ではないかもしれない。
でも、サロンをはじめて、ヒーリングを教えることも主軸にしてきたが、その根底にある隠された命題が「ガンってなんだろう」というものだった。人はなぜガンになるのか、ガンは完治させられないのか。レイキはどこまで可能性があるのだろうか。心の問題や、魂のかかえた命題は、どこまでガンを引き起こしうるのだろうか。

これらの問題に、自分はほぼ真実に近づいている気がする。

そして、ガンは治るのか?という問いについての、今現在の答えはこうだ。
「体はガンを通して肉体を治癒させようとしている。ただそれだけ。」ということだ。ガンは、敵ではなく、肉体を守っているにすぎない。本当の治癒すべき問題は、その背後にある。

ひとつは生活習慣。
つぎに、心の問題。
つぎに、家族や先祖の問題(ここらあたりから、潜在意識=心理学、そして霊的=オカルトな世界)。
そして、魂が持ち越してきた命題(いわゆるカルマ)。

すべてを統合して癒していく必要がある。
個人的には、医療と、カウンセラーやセラピストと霊能者が一体になって治療に取り組んでいく必要があると思っている。そんな時代がくるのかな? いや、ちょっとずつ近づいてきている気がするんだ。あきらめないぞ。

学生時代をふりかえると、自分には二つの進路があった気がする。ひとつは、医学を学ぶ方向。でも、勉強が大変だったし、そこまでモチベーションが高まらなかった。それよりずっと見えない世界に興味があったし、音楽も好きだったから真逆の方向に進んでしまった。でも、音楽もぱっとしなくて、化学がもう少し得意だったら医学部を目指していたかもしれない。で、もしも医者をやっていたら、そろそろ投薬や手術による治療に見切りをつけて、カウンセラーやセラピストと連携し、東洋医学やアロマテラピーも導入し、気功もレイキも使いながら、ついでに家族療法や前世療法も取り入れるような病院をひとりで始めていただろう。絶対やっていただろう。そんなやる気のあるドクターがどんどん現れないかな。

今日の徒然:イランカラプテ

北海道には先住民族が今でも住んでいます。アイヌと呼ばれる彼らは、独自の文化と精神性を数千年にわたり保ち、暮らしていました。彼らは日本人と、もっと仲良くなりたい、そして仲間として一緒に北海道の自然のなかで共存共栄していけるようにと願っています。さて、私達は彼らをどう思っているのでしょう? ひとりひとりが先住民族と、通い合えるように共通の土俵に立とうとする意識をもつことが大事ではないでしょうか。
イランカラプテ。せめて、この挨拶の言葉を覚えてください。あなたの心にふれさせてください…。アイヌはけして私達の世界に勝手にふみこんでくるような存在ではありません。でも、私達はどういう態度で彼らに接しているのでしょうか。是非、イランカラプテ、という心を学びませんか。


※アイヌ・アーティストのトイトイさんのストリートパフォーマンスの動画です。