今日のサロンは花がいっぱいです

お花贈ってくださった皆さん、ありがとう。昨日から花のいい芳で満たされながら、心地良い余韻にひたってます。
IMG 8913
IMG 8915
このタイミングでサロンに足をはこんでくださる方には、きっと女性性がたくさん充電されるだろうと思います。

女性性といえば、今回のランディさんとのワークショップ、コンサート、いずれも「母性」というキーワードがたくさん出てきたんですよ。自分とランディさんとの関係性は実際の性別と逆転していて、ランディさんがより男性性で、私のほうが女性性を担っていて、リードする人とサポートする、という関係になっています。

どんな関係性も、陰陽の調和にむかいますから、お互いに与え合うものが男性性だったり女性性だったり、その関係性毎にちがいます。そこを使い分けられるようになるとすべての関係性がすごく円滑になります。また自分の弱点を補える関係性に気づくことができ、支えあうということを意識的に活用できるようになるでしょう。生きていくうえで、とても大切な智慧であり技術じゃないかな。そういう内容にワークショップ〜コンサートの流れになったのは、必然だったのでしょう。

これから日々のセッションにおいても、セミナーにおいても、こういったテーマはしっかり取り上げていこうと思います。

ランディさんとのジョイントコンサート無事に終了致しました〜ただいまより通常営業です

昨夜は懇親会のあと、芸森スタジオで一泊。さきほどサロンに戻ってまいりました。ひとまず通常に戻っております!ご来訪いただいた皆様ありがとうございます。スタジオのスタッフの皆様、ランディさん、おつかれさまでした!
(お花を贈ってくださった皆様にもお礼申し上げます)
IMG 8900

IMG 8907

皐月八日の雑記:定員御礼!

夏至の翌日だったり、沖縄慰霊の日だったり、そしてまさかの定員(ソールドアウト!)。ありがとうございます!

ソールドアウトって書いてみたかった(笑)
DSC00066
とても不便な会場なのにも関わらず皆さん、はるばるお運びいただけるということで、実にありがたいです。ランディさんも喜んでおります。

さて。
今日は朝から、なんとなく違和感を感じまして、なんだろうな?と思いながらサロンに来ました。今日は自宅からサロンまでの道中に、気が淀んでいるエリアがあるのが感じられまして(そこまで霊感鋭かったかな?)、真偽を確かめつつ移動してきました。途中、大破している車をみかけたり(事故直後でした)、おもきり危ない運転をしている車に数台、割り込まれてひやっとしたりの連続。街全体が浄化のサイクルに入ったかのようでした。いつまで続くのかわかりませんが、しばらく注意しておきましょうか。移動の多い方、交差点ではよくよくご注意ください。

それにしても28日のコンサートは定員御礼(何度も書くなよ)となりました。本当に嬉しい限りです。
できるだけ演奏を聴いていただける機会を作っていきたいなぁと思います。今回、お運びいただけなかった方には次の機会に是非お招き致します。

皐月二日の雑記:ただの雑記と独身男性の方への大切なお知らせ

今日は昨日の続きをなにか書こうと思ったけれど、まとまらない。もう少し形になっていくまで待つことにしましょう。新しいひらめきを追い続けていると、今成すべきことが見えなくなることもあるからね。

時々、プレゼンテーションの番組をみます。TVで放映されることもあるけれど、見る時間もないのでほとんど動画サイトでみてます。当然ながら全部、英語です。英語は得意だけど米語は苦手なので、字幕とあわせて眺めてます。アイリッシュ訛りの英語は特に好きで、ずっと聞いていたくなるほど心地よく入ってきます。エネルギーがとても清々しい。とくに「Believe」という言葉の響きが好きで、何度も聞いているうちに、そんな気分(つまりbelieve in myself)になってくる。日本語で「自分を信じる」と語っても、なんとなくいまひとつな感じです。日本語っていい言葉もあるけれど、ほとんどが漠然としていて抽象的すぎて、的確な言葉ではない気がしていて、ホントはあまり好きじゃない(好きじゃないという表現しかできない日本語が好きじゃないっていうか)。北海道だけでも、公用語は英語にしたほうがよくね?とか思っていて。できればアイリッシュ訛りで是非とも。同じ島国だし、環境もなんとなく似てるし。とまぁそんな馬鹿げたことを考えなら英語のプレゼンを眺めていたら、すごく元気になりました。英語のルーツはイギリスなのか、それもアイルランドのほうがより原型に近いのかわかりませんが、ワイルドなエネルギーがあるのはアイルランドだよね。黒ビールもおいしいよね(最近、ほとんど飲みませんが)。黒ビールのんでジンギスカン食べてアイリッシュ訛りで語りあってたらアメリカなんてふっとばせる国になるよ。ちなみに原稿みないと英語でスピーチもできない自分の国の代表のことを恥ずかしく思ってます。自分の国の言葉を、自分の思いで語るような人に国家の代表になってほしい。

あ、男性の方、お見合い企画への参加待ってます。(詳しくは昨日のブログを読んでね。)

皐月一日の雑記:さりげなくあるプロジェクトの始動

新月だけに、なにかが不意に始動するもの。
IMG 8839
今日は雲がすこし重たいけれど、いい風が吹いている。なにかが少しずつ動いていく、そんな風。

それでさりげなく「お見合い」を開始します。目的はもちろん、結婚。もちろん結婚するのは皆さんですよ。

以前からこの手の話題がないわけでもなかったのですが、現状では光のサロンの顧客の方は圧倒的に女性が多くて、男性でしかも独身の顧客はほんの数名しかいらっしゃらないのです。なので、私のつながりだけでお見合いパーティのようなものを企画しても、実現させようがありませんでした。

ところが最近になって「男性の独身者は紹介できる」というつながりが複数できまして、連携していけば実現の可能性がみえてきたんですね。それでどうなるかわからないけれど、ひとまず光のサロン独自に「名簿作り」を始めます。

当面の具体的な活動は、
・お見合いパーティの企画やそれに類する情報の告知

です。個別にお見合いをセッティングするのはまだまだ準備が整いませんが、そこまでやれるかもしれません。年月かかることですが需要があるのは明らかなので、地道にボランティアにいそしんでいきます。

というわけで「光のサロンのお見合い企画」に参加希望の方は、まずはご一報くださいませ。当然ですが、個人情報は大切に扱わせていただきます。独身の方(そうなる予定の方も含め)であれば、離婚歴の有無や年齢に関わらず、どなたでも挙手なさってください。情報の提供は、限りなく個人情報に近いものも含まれるので、ご希望をいただいた方に限定でご案内していきます。

いつどのような情報をお知らせできるか「まったくの未知」ですが、明日、パーティの招待状をお送りできるかもしれません。出会いは時の運。願えば良縁はペガサスが運んでくるのですよ。まずは小さな一歩から踏み出してください。私に「お見合い企画に参加します」とメールを一通送るだけなんですから。

6月28日笹川敏幸&田口ランディコンサートまとめ記事です

今回は「混沌から生まれる言葉と音色」というテーマです。
音楽と即興詩のパフォーマンスのみならず、ランディさんとの対話を通して
皆さんへ今という混沌の時代を生き抜く希望と力を受け取っていただければと願っています。

地下鉄真駒内駅までお運びいただけますと会場まで送迎をご用意しております。
会場の芸森スタジオは音楽家の聖地のようなレコーディングスタジオで、
有名なミュージシャンから絶大な信頼を得ている建物です。
そのレコーディングスタジオのなかへ皆さんをお招き致します。

終演後は、ランディさんと楽しく交流していただく集いも用意しております。
(懇親会は別途、参加費をお預かりします)
もちろん、コンサートの部だけのご参加でも大歓迎です。

◯コンサートの概要
<Meditaion Live II>
〜混沌から生まれる言葉と音色〜

『言葉は力となる
音色は希望となる』
…時代を生きぬく智慧と希望が降り注ぐ夕べ

ピアノ 笹川敏幸
朗読 田口ランディ

日時 2015年6月28日(日) 午後4時開演 (午後3時30分開場)
会場 芸森スタジオ 札幌市南区芸術の森3丁目915-20 TEL 011-206-7355
入場料 ¥3,500(予約制)

・お車の方、駐車スペースはたくさんございます。
・お早めに到着なさった方は施設内のラウンジにてお待ちいただけます。

ー終演後の懇親会ご出席ご希望の方へー
食事の用意の関係で事前にご予約をお願いします。
参加費は別途¥3,000です。

事務局通信の告知記事です
 → http://light.st/blog/office/?p=2921
「MEDITATION LIVE II」公式ページです(フライヤー、予約フォーム)
 → http://stlight-live2015-06-28.strikingly.com
会場の芸森スタジオの紹介記事をかきました。
 → http://light.st/diary/tiger/?p=5720

ご予約はメールもしくは上記予約フォームにて、ご参加者の「お名前」と「お電話番号」および「懇親会参加希望の有無」をお知らせください。
真駒内駅間の送迎希望の方はその旨もお書き添えください。

また、作家であるランディさんの作品で非常に印象深い「サンカーラ」という作品について、過去にブログで数本の記事を書いています。サンカーラというタグでご覧いただけます。他にも幾つかの作品についてコメントを書きましたので私のブログ「日々雑感」の検索窓に「田口ランディ」といれてご覧ください。

Maditationlive2 l w600

卯月二十七日の雑記:神宮例祭です

今年もお祭りの時期がやってきました。今日の北海道神宮は天候のせいもあるのでしょうか、人出も少なめで穏やかに風が吹き渡っています。ここにサロンをかまえたのは2001年の秋だったので、神宮のお祭りを間近で見守るのはこれが14回目です。市内を練り歩くお神輿の行列には誰でも参加できるんです(募集があります)。天気がよくても、そうでなくても大変な役目なので、人を集めるのも苦労するようですよ。

明日からは、奉納行事も目白押しなので天気がよければたくさん人出があることでしょう。皆さんがお祭りを楽しんでいると神様もすごく喜んでくださるんです。そのエネルギーがこの街を大きく包んでみんなが幸せな気分になるエネルギーとなり、未来の子孫の糧になります。ですから、皆さんのそれぞれのお祭りの楽しみ方でエンジョイなさってください。
神社にこれなくても、よさこいを見に行くとか、中継をみて楽しむとかでもいいんじゃないでしょうか。
IMG 8752
IMG 8753

卯月二十二日の雑記:遠くてもつながっている感覚と、大地の上で生きる者同士としてつながっている感覚がずれてきているのではないか

少し前に、神様によばれて修行に行ってきました。強行軍でつらかったです(いい歳なので)。おかげでちょっと風邪気味でしたが、今日ぐらいからいつもの感じに戻ってきました。
FullSizeRender
これは途中で休憩した時のスナップ。空に大歓迎のサインが…。分かりやすい神様、大好きです。

修行の成果も上々で、いままでぼんやりとしかわからなかったことが、非常にリアルにはっきり判断できるようになりました。また、霊力も向上したようでヒーリングの守備範囲がより広く、そして力強くなりました。ただ一方で、限界があることも明らかになり、これまでは「なんとなくやれそうな気がする」からやってきたことを、そこはもうやれないという感覚も強まりました。タイトルもそういった意味でつけてみました。

とはいっても、これらの変化は私個人の内側の感覚的なことに過ぎません。皆さんからは、なにも変わってみえないと思います。でも、はっきりと変わった、ということを私自身は頭のてっぺんから爪先まで、全身全霊で感じ取っています。エネルギー的な取り組み、霊的な取り組みに限らず、現実的な取り組みのすべてが変わったといっても、まったく過言ではないレベルの変化がおきました。

変化といっても、いままで曖昧だった、意味不明の複数の「点」がすべて線で結ばれただけでなく、みごとに「調和」した、という感じの変化です。かなり強引にたとえていえば「ハウルの動く城」のようなものでしょうか。ひとつひとつのパーツはとるにたらない意味不明のものでも、全体として優れた機能とエネルギーと明確な意図が備わっている、といった感じです。

時空を超える、という点でいえば遠くの人のことであっても、それなりに分かっていたのですが(今でもこれまでわかっていたことは、わかります)、限界があるということが今回わかりました。可能性は無限だと思っていましたけれど、そういうことはないです。ということは、身近であれば(具体的にいえば北海道内に住んでいる方)それなりのことができる。もっといえば、会うことができたら、触れてあげること(ヒーリングのことです)ができれば、更にもっと深くいろいろなことができる可能性が広がる、ということも非常に明確にわかりました。

おそらく、これまでの私の演奏をしっている人は、今月のコンサートにいらしていただければ、感覚の鋭い方であればそれを感じ取れるでしょうし、そうでない人であっても、現実的になにか変化のきっかけを受け取ることになります。そういう確信が今、自分のなかにはあります。そして、そのことになんのゆらぎもありません。

是非きてください、とたくさん書いたり、言ったりしますが、物事は自然になるようになりますので。当日、会場でお会いできればそれは本当に嬉しいし、有り難いことです。そして、たくさんのヒントやきっかけとなる「力」を受け取ってください。

過去を振りきって未来へ進みたい方には是非、いらしていただきたいです。
なんとなくすべてがぼんやりしていて、カオスのようだ、という方には今回のテーマは本当にうってつけです。
いかなるテーマ、命題であっても、しっかり受け止めてそれに対して、エネルギーをお返しします。

コンサートの場は、演奏者と聴衆とのキャッチボールです。無数のエネルギーがお互いの間をいったりきたりします。そして、ひとつの方向にむかって昇華していくのでしょう。

芸森スタジオのこと

今回もコンサートで会場として利用させていただく芸森スタジオを少しご紹介すべく、記事を書きます。(写真が多いです)

外観

森のなかにポツンと建っています。
IMG 0106

お隣に某会社の施設(現在は使われていない)が建っていますが、あとは見渡す限り、自然の風景です。
IMG 0077

スタジオの様子

レコーディングスタジオです。向こう側にコントロールルームがあります。ここはアーティスト(音楽家)にとっては聖域のような空間です。
IMG 0143

2014年のソロコンサートの様子です。
IMG 0148

ラウンジの様子

宿泊棟があるので、連泊のレコーディングの時、アーティストはここで休息したり、食事をとったりします。
IMG 0074
広々としてくつろげます。
IMG 0136
インスピレーションもわきます。
IMG 0064

芸森スタジオの位置

「札幌芸術の森」と敷地は隣接していますが、入り口は別です。お間違えなく。

◯住所:札幌市南区芸術の森3丁目915−20 芸森スタジオ

◯経路:真駒内通(453号線)を支笏湖方面に向かう。「芸術の森」正面ゲートを過ぎ、約1kmで常盤小学校前の二股分岐。そこを支笏湖方面(右)へ進む。すぐ「アートビレッジ」の表示が見えるので右折。道なりに進むと芸森スタジオに到着。

大きな地図で見る

お車の方へ

「札幌芸術の森」入り口を過ぎ、453号線を直進します。常盤小学校前をすぎると「(直進)滝野すずらん公園ー(右)支笏湖」の標識があります。
常盤小学校前

次の信号を右折します。
滝野支笏湖分岐

「アートビレッジ」の標識がみえたら右の分岐へ。
Awesomized 2 2

つづら折りの道をすすむと、やがて建物がみえてきます。
IMG 0095