スマホ全盛時代到来(まもなく)

丁度タイミングよく、スマホの普及率についてのデータをみつけました。20代の若者におけるスマホ普及率は約50%で、この1年で急激に増えたそうです。全体比率では20%*を超えてきました。内訳はiPhone4割でAndroidが6割。残念ながらiPhone比率は逆転負けとなったようです。いずれにしても10年後には間違いなくスマホ=携帯になってますね。30代にもこの波が波及するのは今年から来年でしょう。一気に加速度を増して普及が加速しますので、キャリア側もどんどん料金やサービスを改善してきます。若い世代を対象に事業をしていこうとする方は率直にいえばPCのサイトよりもスマホ対応を優先すべきですし、スマホとソーシャルメディアで告知をしていくだけでもビジネスチャンスはあります。もう既に状況は大きく変化し始めていますので、いますぐにでも対応を考えていかれたほうが生き残れるかどうか、大きな要因になることはもはやはっきりしています。

大企業もどんどん対応してきます。中小や個人がとても困る状況になり得るのは、こういう仕事ができる技術を持っている人は限られているのですが、予算の小さい仕事を受けてもらいにくくなっていきます。需要が増える割に、供給はいっきに増えないだろうと思います。(というのはスマホのWebサイトは最新技術の集大成なので、いろいろなことをバランスよく知っている技術者じゃないと対応が難しいからです。PCのホームページを作れる人のほんの一部の人しかスマホのサイト対応はできないと考えてください。)かといって、誰でもスマホサイトが安く簡単につくれるサービスが普及する頃には、もう勝負がついてしまいます。

*全体比率20%というのは、この頃の自分のサイトにアクセスしている方の比率をみても実際にそうなっています。これは今年に入ってから急に増え始めました。そしてiPhoneとAndroidの比率が逆転したのも、本当につい最近です。自分の手元で見ているデータとまったく同じ数値が公表されたので、これはもう間違いなく世間の潮流なのだと実感しています。先月末に機種変更した人も多いと思うのでスマホの比率は今月以降でまた増えていくと思います。

というわけで当サイトもスマホ対応の準備を進めていて、部分的に実験を始めています。テクニカルな情報整理だけでも大変なので専門家の多くもまだ準備中という状況だと思います。

◇人気記事: