ある日のカルテより:季節の変わり目

春、季節の変わり目。そんな時期に子育てをしている主婦の方からの相談がありました。

子供たちの感情や体調の変化、自分をとりまく環境への対応。めまぐるしい日々のなかで、思うように対応できなかったり、子供たちの言動を受け止めきれなかったり、お母さん同士の関係のなかで疲れてしまったり。あっという間に過ぎていく時の流れのなかで女性は自分を見失いそうになっていたようでした。

最初からその女性は霊的な感受性が強い方だと思いましたから、祈りを学んで欲しいとお伝えしてきました。その時は、年度の変わり目ということもあり、お子さん達をとりまく環境が変化し、とうとう気持ちが対応しきれなくなっていたようです。その時の女性の身体の状態、ストレスの状態、そこから混乱や孤立感が強まっていることを説明し、一時的なものであることを理解してもらいました。

元来が自分の中にある信念をしっかり受け止め、保ち、磨きあげていきたいという思いを強くもっている方でしたから、自分を否定することなく、これからも世のため、人のためになにかできることがあるのだと心に念じながら、一心に家族の未来の為に、北海道の未来の発展の為に祈っていくようにお勧めしたのです。

その方の内面にある、一番大切な部分をしっかりご説明してあげられたセッションでした。その後も、その方はとても元気はつらつと過ごしておられます。

◇人気記事: