12月にはいって思うこと。

2009年のスタートをきったのはついこないだのような気がする。今年もいろんなことがあったけれど、すごく早い11ヶ月だった。12月にはいっていっそう慌ただしい流れになった。いろいろな問合せやご連絡をいただくことは嬉しいのですが、どうしてもう少し考えてから送ってくれないんだろう…と疑問に感じてしまうメールも少なくない。いかに対応のしようもないものは返信できないし、やむを得ないのですが。ほうっておくわけにもいかないものについては、なにがしか考えたり、少なからずやりとりがあったり。それがなければもう一仕事片づくのに、と思わずにいられない。どんどん仕事が増えて、結局は寝る時間を削ってがんばるしかない。このまま仕事が増え続けることはあり得ないかもしれないけれど、これ以上寝る時間を奪われると、神様でも私の健康は保障してくれないだろう。時間切れ、という事情でやむを得ない態度をとらざるを得ないことも。。。心苦しいけれど、仕方ないのです。

今年はとっても有能なアシスタントを得る、という幸せな出来事がありました。が、あっというまにアシスタントさんも仕事が手いっぱいになりました。まだまだ時間も人手も足りませんが仕事を分担するにも時間がかかるのでシステム化できるまではこれ以上、効率化はのぞめないのかもしれません。

◇人気記事: