変化することへの怖れを手放すこと

長い人生で、たった一度の、最初で最後の試練がやってくることがある。
そういう人生を予定して生まれてくる人がいる。

そこに二つの役目がある。

変わるべき本人。そして、その人を支える支援部隊。

変わるべき本人は、変化することへの怖れと向き合う。
その人を支える支援者達は、関係性が変化することへの怖れと向き合う。
どちらにとっても、大きな試練になる。

人生は本当に様々。人それぞれ、違った目的がある。
それは時にあまりにドラマティックで劇的でもある。

誰しもが、自分が主人公であることも、支援部隊であることも自覚できない。
ただあるがままに生きる他はない。

◇人気記事: