月のように美しく、太陽のように暖かく、大地のように力強く

レイキを学んだ方は、そのルーツがどこにあるのかはご存知だろう。

レイキのシンボルを学んだ当初、鞍馬山の尊天について教わった。関連があるのではないか、とのことだった。それで自分なりにいろいろ考えたり、理解しようとしてみたのだが、当時はさっぱりわからなかった。いや、わかろうとするばかりで、感じ取ってみようとする意識が低かったのだろう。特に4つめのシンボルであるマスターシンボルについては、どう扱っていいのか、どういう応用がきくのか、そして「それはいったいどこからくるのか」ということがわからなかった。いや、正確にいえば、感じ取ることができないでいた。

あれから幾年月。こういう時がきたのは、運命なのか、それともただ時の流れということなのか。

ふと瞑想をしていて、ただシンプルにそう感じられた。
「月のように美しく、太陽のように暖かく、大地のように力強く
尊天よ あふるる恵みを与えたまえ」(鞍馬山の信仰する人たちの祈りの言葉)
これはとてもいい言葉だ。ただ、そのように祈る必要はない。ただ、あるがままでレイキの回路がひらかれた人なら、月のように美しく、太陽のように暖かく、そして大地のように力強くいられる。

以下、個人的な意見だ。

レイキを誰から学ぶべきか。そのことはすごく考えたし、意識していた。当時、札幌在住でレイキの源流に最も近い人物がフランク・ペッター氏だった。札幌在住というより、世界で一番、レイキの源流に近い位置にいた人だったと思う。彼はインドで瞑想の修行をし、ドイツで実兄から受け取ったレイキのエネルギーを磨く為に京都にも通っていたし、三代目にあたる山口千代子さんにも指導を受けていた。彼の瞑想やエネルギーに対して学ぶ姿勢のなかに、日本の国土がもつ自然の美しさや、伝統が培った信仰を敬う心を感じた。これはタイミングだと思い、レイキを彼から学んだのだった。ただ、唯一、マスターシンボルだけが腑に落ちなかった。これはいったいなんなのか…ということが、当時の自分のなかではしっくりくるものがなかった。

長年、このことはレイキを教え続けていて、自分なりの言葉や伝え方が確立できていない感じがあり、伝え聞いたままを教えている状態でもあった。なにかふっきりたい、という意識をずっと持ってきた。

それがやっとここにきて、開けた。会得したとか、悟ったということとは違うのだが。マスターシンボルというものは、こういうものなのだ、と感覚としてやっと実感できたといっていい。

それはひとことでいえば「太陽」であった。瞑想のなかで不調和を感じたので、マスターシンボルをつかってみた。すると、ふと自分が太陽になっていた。なぜ、そういう感覚になったかというと、自分のなかで陰陽のエネルギーを感じ分けるワークを淡々と実践していた。すると、あまりにも不調和な感覚が苦しくなったところでマスターシンボルをつかってみたところ、意識が宇宙空間に飛び、そのまま太陽とひとつになってしまった。初代の先生も、おそらく鞍馬山で修行をしていてその境地に達していたのだろうと思う。

また、レイキを学んだ時にチェトナさん(当時のペッター氏のパートナー)に教わった言葉がとても印象に残っている。「レイキを教えた者と、学んだ者の関係性は生涯続いていく」と。いろいろな場面でそのことを思い出す。そして今日も思い出している。そして、今日はこんな感慨をもっている。

私が気づいたことで、私からレイキを学んだ人たちも皆、気づいていくだろう。

文字通り、以心伝心だ。特にマスターシンボルを受け取った人たちは意識して使ってみてほしい。7日間だ。短い時間でもいいから瞑想しながらシンボルをつかうといいだろう。なにか変化が期待できる。

まだマスターシンボルを受け取っていない人たちも、エネルギーが変化していくから、できるだけ教えた通りにレイキを実践してみてほしい。また、レベル2の方なら、よりよい瞑想ができるようになる為のレッスンはいつでも受講可能なので是非、ご来訪されたし。遠隔レイキを使いながら指導を受けていただくこともできると思うので、電話セッションとメールのやりとりでも受講してもらえると思います。

レベル1の方は、もう少し瞑想を深めたり、エネルギーのケアをする必要があるかもしれない。ヒーリングを受けてもらったり(実際に、あるいは遠隔で)、一緒に呼吸法のワークをしたりしながらバランスを高めていくことができると思うので、個人レッスンに来てもらえれば対応できると思います。

これからは、レイキを技法として根幹におきながら、日々のストレスから自分をまもる為に、緊張を開放し、整え、力強く生きていくワークを実践していこうと思う。いずれは、その指導方法も確立して講習ができるようにもっていきたい。

さて、ここまで書いてきて…。まだレイキを学んでいない人には、どうやって日々の試練と戦ってもらえばいいのか。より幸せで充実した人生をつかみとってもらえればいいのか。その場合は、身体感覚を通して内観をしてもらうことになるだろうか。マスターシンボルのエネルギー(つまり、レイキ)を通して、体を調整するともっとも不調和を感じている部分が動きだす。そこをとらえて、感じ取ってもらいながら、緊張をやわらげていく。それだけで、人間関係が好転する、金運も動いていく、家庭も安定する、心も軽くなる、充実感が増し、幸せで納得できる人生を引き寄せられるようになるだろう。時間はかかるかもしれないが、数回のレッスンで効果を実感してもらえるような内容のものを提供できると思う。

やれるかどうか、やってみないとわからないが、多分、やれるだろう。それは自分の力ではなく、レイキ(すなわち月と太陽と大地)の恩恵だから。その恩恵は誰でもがあずかれる。実践あるのみだ。祈る必要はない。自分の人生は自分の意思によって変えればいいのだから。

◇人気記事: