今日の徒然:見返りについて考える…

「自分は人を支えている」という自負があると、少しは見返りがあってもいいだろう、と考え始めます。逆に「自分は人を支えるどころか、負担をかけているのではないか」という負い目があると、見返りを受け取れず拒絶してしまいます。

本当に人を支えているのなら、見返りはちゃんとかえってきます。
そして、人に負担をかけているのなら、拒絶せずとも見返りはないのです。

私達の心は「努力をしてすこし疲れると、見返りを受け取りたいという欲求が高まる」ように、つくられているようです。もし、その場合、周囲に対して十分な奉仕ができていないと、因果応報の法則からすると単なるわがままを言うことになってしまいます。

自分は人を支えている、と思っていても、見返りを受け取れるレベルなのかどうか、自分では定かにわかるものではありません。逆も真なりで、見返りを拒絶ばかりしていると、もうとっくに受け取ってもよい見返りをもらい損ねることもあり得ます。

受け取っていいのかな、返したほうがいいのかな、そんなふうに悩むことって、日々たくさんあるかもしれませんね。

◇人気記事: