関係性を改善するには。

相手と自分の関係性で悩む時、その原因はなんなのか、そこからなんの学びがあるのか…と思案しても、なかなか決定打につながらない。そして、そのまま延々と時が過ぎてしく。

そうではなく、自分の内側で工夫できる余地があるのではないか、と考えてみる。自分が変わることで改善できれば、他の場面でも応用できる。

関係性の不協和音が、100%相手に原因があるという事例はほとんどないのだから。

◇人気記事: