遠い記憶のなかのノックの音

運命の扉を神様がノックする。そんなことが人生には稀におきる。

選択をせまられる。やってみる?それともやらない? どちらかを選ぼうとする時に私達は躊躇する。特に、誰も選ばない未知の世界に飛び出すのは勇気がいる。そんな選択であればあるほど返答に迷う。けれど、時は限られている。期限までに答えられないのなら、機会は奪われる。

やれるかどうか、やってみなければわからない。でも、時に人は前人未到の生き方を選ぼうとする。なぜなら、それが「誇り高き生き方」だから。人と同じが嫌ならば自分だけの道を選ぶことになる。けれど、それは孤立を意味する。そこに行った者でなければわからない孤立感。それを乗り越えられることもあれば、挫折することもある。

ノックの音がきこえたらどうするか?
あるいは、あなたはすでにその音を聴いたのかもしれない。この世にやってくる前に。

◇人気記事: