10代のお子様をもつ親御さんへ

現代の学生さんは今という時代を大きな不安を抱えて生きています。親としてどう応援してやればいいのか。子を持つ親なら共通の悩みでしょう。

親が担える責任を超えて子を導くことはとても難しい。かといって学校の先生や親戚や近所の知人を頼りにできる人は少ないことでしょう。

最近、親御さんからお子さんに私のカウンセリングを薦めてくださるケースが少しずつ増えてきました。どういう流れになるのか、簡単にご説明をしますね。

明確な悩みがあって打ち明けてくれる子もいます。でも、人生を十数年しか生きていない若者は、まだまだ視野も狭いし、理解できる事象も限られている。そんな彼ら彼女たちの心の悩みというのは、大人からみればスケールが小さいのです。けれど本人にしてみれば死活問題です。そのスケールの違いを理解しながら話をきいてあげたり、アドバイスをするのは、大人には非常に難しいと思います。思春期の子達は大人と同じように、あらゆる命題で悩みます。それでいて進学、進路選択のストレスにさらされていたり、クラスのなかで孤立しているとか、ひきこもりがちなどの問題をかかえていれば、心も精神も二重、三重の重荷でがんじがらめの状態になりがち。

まだ若い彼らは自分の気持ちを上手に説明することができません。だから、言いたいことを言わせようとしたり、じっくり耳をかたむけるようなやり方がよいとも限りません。

私のセッションでは、本人の悩みや問題についてもしっかりと受け止めていきます。その他に、本人が今、どういう状態にあるのか、肉体面、心理面、そして魂がもってうまれた人生の方向性を前提に、大きく、そして細かく、トータルでバランスよくリーディングを元にした情報を伝えていきます。彼らが受け止められる範囲で、適切に、自分自身を客観的に受け止めるお手伝いをしていきます。
おおむね10年ぐらい先まで未来の流れをふまえたアドバイスをします。成人してから社会にで当面の間、参考にしていただけることと思います。

所要時間は1時間で十分です。10代のお子さんについては、お母さんからの代理予約でOKです。

この記事では16〜20歳までのお子さんを想定しています。個人差もありますが15歳以下でも対応できることがあります。成人すると本人の意思を尊重することが大切になるので、ご本人自らいらしていただいたほうがいい場合もでてきます。このようなセッションが自分の子に適しているかどうかご不安な場合、保護者の方からメールでご連絡ください。お子さんの年齢、生活の状況をお伺いしてセッションが適切かどうかアドバイスを致します。

◇人気記事: