加速する(はず、というよりしなければならない)代替療法。レイキが認められるのかどうか私達の取り組みにかかっている。

今日は高齢の方が体調不良でご相談にいらっしゃいました。ここ数年、体のあちこち辛いのだとか。病院で検査をうけても原因がわからず、それでも薬はでるので「こんなにたまってしまって…」と、両手で薬の袋をかかえる仕草をみせてくださいました。そのかかえぐあいから少なくない量であることが推測されました。飲まなくてもいい薬を飲むことで、どれほど体力が奪われているのか考えてしまいます。

日本は医療先進国と言われているのですが本当にそうなのでしょうか。「飲まなくてもいい薬を愚直に飲む国ナンバーワン」であることは間違いなさそうです。いったいぜんたい「飲んでいい薬」というものが存在するのかどうかすら個人的には疑問に思っています(もちろん、漢方やハーブなどの自然療法は別ですよ)。

結局、今日のお年寄りは、私の見立では体はいたって健康(今のところ)で、水分代謝がかなり低下しているのと、血圧も低めで体全体が冷えやすくなっていたり、もともと神経質なので頭に疲れが残りやすいなどが原因で、様々な症状がでているようでした。日常的に取り組むべき幾つかの対策をお伝えして実践していただくことにしました。数年後には元気になっていかれるはずです(薬を飲まなければ、ですが)。

体の治癒力を活かして、症状を改善するには、まず薬はやめるべきなのと、日常生活をしっかり見直す必要があります。食事もすごく大切ですし、必要であれば自然療法をいくつか取り入れていくとよい。体質にあわせた取り組みを見立てられる人がいれば、すごく救われると思います。

体調が少しでも悪ければ、とにかく病院にいく。原因がわかってもわからなくても、そこで行動は完了。効かなくても出された薬は飲む。もしかして副作用で命が縮まっているかもしれない(おそらくそうなのだけど)としても、そこは問うことはない。

そんな生き方を本当に私達は望んでいるんだろうか。医療先進国日本なんて誰が言い出したのか。

日本は経済大国とよくいわれるのだけど、株価もあがっているようだけど為替相場を反映させると(つまり外国から日本の株価をながめると)別にあがっているわけじゃない。

とまぁいろんなことが「なんとなくそう思っていた(思い込まされていた)」だけで、実際のところ、私達はかなり追い込まれているのではないでしょうか。本当に大変なことになった時、結局は誰も責任をとってはくれません。そこはなんとなくわかっていただけるところだと思います。日本の偉い人達は、責任感のある人はほとんどいらっしゃらないようなので(あえて、皮肉をこめての敬語です)。

であれば、私達は自分の人生を自分で守るよりなさそうです。

人生をよりよいものに保つには、体と心の安定がとても大切だと思います。つまり、健全な肉体と精神をまずはしっかりと保つことです。そこを医療を頼らずに保てれば、だいぶ生き方が前向きになるのではないでしょうか。

レイキは厚労省の「がんの補完代替医療ガイドブック」でも紹介されているようにアメリカの国家基準ではれっきとした「代替療法」です。アメリカのがん治療の取り組みは近年はとても柔軟に代替医療との調和があり、結果もでています(がんの死亡率が低下しているのです)。日本の状況は、真逆といっていい方向を向いていると思います。がんで死なない為にも代替医療の方向をできるだけ早く、歩みはじめるべきだろうと。個人的には若い頃から感じていましたし、今、まさしく代替医療普及活動に日々精力的に(と断言できるレベルになりつつあります)取り組んでいます。

私のところでレイキを学び、ヒーリングを受けられている方たちに長年苦しんだ神経症状が緩和してきた、改善した、という事例はどんどんではじめています。エビデンスを出せと言われればそろそろ出せるぐらいに改善の症例が増えてきました。もっとも、私のようなものが権威ある学会に呼ばれることはないのですし、新聞に登場することもありません(メディアではレイキを取り上げてはいけないという規制があるようなので)。つまり各自の判断で選択しない限り、レイキに限らず代替療法への道は開かれないということです。日本の体質は容易には変わらないと思います。でも、ひとりひとりが判断の基準を変えればよいことなのでそれなら可能です。政治も行政も国民の大半の意識がかわればある時点からころっと変わります。誰かが変えてくれるのを待っていては人生おわってしまいます。今、自分の意思で、まず変えるということを決めるところから始める時期にきたように思います。

◇人気記事: