文月十六日の雑記:本日のおみくじ

朝の参拝に出向いて、なんとなくおみくじを頂きましたら、とても嬉しい「大吉」でしたので、おすそわけです。皆さんの運気がどんどん上昇しますように。

久しぶりに台風が上陸して、昨夜はオリンピックの画面の上に避難勧告のテロップという組み合わせ。知っている地名が流れると、そこにお住まいになっている人達の顔が浮かびます。被害がないことを祈ります。自然の力はとても強いですし、私達がどんなに気をつけていても、一度事が起きてしまったら本当に無力でなにをする術もありません。

でもいったい自然の本質はなんなのか、ということを考えるとそこには我々の意識の反映があります。概念ではなんとなくわかっていても、実感することは難しい話しです。でも自然霊と少しでもつながり、対話を深めていくと、これからはなかなか厳しい時代になっていくことは避けられないと感じるんです。だからといって守りにはいっても仕方のないことで、そこから人間は大きな気づきを受け取れる機会がやってきます。たとえ逆境になったとしても、必ず糧と転じられるのですから悲観する必要はありません。

では日々、ひとりひとりができること、向き合うべきことってなんだろう?

そこをしっかり見極めて毎日を送ることがとても重要ですよね。自分探しは誰にとっても大切な人生の命題です。

さて、満月も過ぎまして今月も残り半分。来月に向けての準備にそろそろ取り掛かりたいタイミングとなりました。なにかを学んだり、じっくり取り組みはじめるには良い時節です。もし、皆さんのなかに、時間を大切にしたい、もっと人生を充実させたい、そのための学びはなんだろうというお気持ちがある場合は、お早めに方向性をしっかり見極め、よいスタートを切る為の心がまえを是非、受け取りにいらしてください。お待ちしてます。
image

◇人気記事: