光の手当て

最初は、次第に命が強く生きようとする力が高まっていくのを感じます。それとともに細胞の中から毒素が排出され始め、全身の浄化が始まります。

その時期が過ぎると次に神経系がバランスを取り戻し始めます。感情が安定し、集中力も増してきます。感受性が強い方は直感力が増し、自分らしい選択や判断ができるようになります。

そして、その頃から魂の記憶がしっかりと蘇るようになります。

遠い前世の記憶を私たちは脳細胞に携えていないけれど、潜在意識の中にその情報は刻み込まれています。たくさん苦労や悔いたことの記憶が次々に流れ出してきます。時にはそれが棘のように神経系に突き刺さり、体の痛みとなって出ることもあります。

記憶の棘をひとつひとつそっと抜き取ります。

やがて、とらわれから解放され、自由意志が目覚めます。自由に生きる鍵は、現実の環境の中にあるのではなく過去の記憶の中に隠されています。

※「光の手当て」はメニューには出していませんが、ご縁のあった方には必要に応じて最善の方法で「手当て」をさせていただいています。基本的にはレイキのトレーニングを受けた方であれば対応しています。知らず知らずのうちにどなたも過去のとらわれから解放され、自由意志にしっかり目覚めて行かれるようです。光の手当ては聖霊のサポートにより行われています。
IMG_6561

◇人気記事: