田口ランディ著「逆さに吊るされた男」ご紹介

1995年、ある宗教団体に関わる歴史に残る事件がありました。
私にとっては決して対岸の出来事ではなかったけれど、報道で知る以上の情報もなく、いかようにも向き合いようもなく年月がすぎました。以前から作家である友人が面会に行っていたのは知っていたけれど、今回ついに作品として手元に受け取ることができました。

とても神経質で難しいテーマですが、少しずつ書評も出回るようになってきまして、ご紹介しやすくなりました。

人はなぜカルトにはまり大量殺人事件を犯すのか。この本を通して改めて生きることの意味を考えてみてください。

◇人気記事: