10年

今日の神宮は茅の輪くぐり。週末で好天もあり、参道をうめつくす人の列でした。

10年前、お伝えしたことの確認にご来訪される方がいます。
この10年の流れはこれでよかったのかどうか。
そして、これからの10年はどう歩めばよいのか。

これまでの10年とこれからの10年、あわせて20年ですね。
そしてまた10年後に残りの人生の流れをお伝えできるでしょう。

10年後の為に、今日できることがあります。
10年はたった3650日です。それだけの積み重ねで10年は過ぎていってしまいます。

20年、とはいっても7300日。

魂が生まれてきた意図に気づき、本当に歩むべき方向に進みはじめるのは普通は30歳ぐらいからです。それより早く準備をはじめる人もいる。けれど自覚できるようになるのはそれぐらいの年齢から。

あとはそれぞれのタイミングで気づくべきことに気づき、修正すべきことを修正し、一生を歩んでいく。

それぞれの大きなターニングポイントもあるけれど、今はほとんどの方にとって方向性を確認しておいたほうがよいサイクルに入ってきました。

新しい波がやってきます。

時流が大きなうねりとなって私達の心も体も、運命をもゆさぶっています。

このゆらぎをあまり心地よいと思わない方は、その違和感がなんなのか、しっかり確認しておきましょう。そうすればむこう10年安心して生きられます。

そして10年後、もう一度、確認しにきてください。その時はさらにその先10年分か、うまくいけば20年分のお話ができるでしょう。

そして30年後? そこまで私がこの世にいるとは限らないですよ。

時を大切に。
https://farm2.staticflickr.com/1788/41292773940_dd957237c0_z.jpg

◇人気記事: