葉月二十八日:無理をしない生き方

明日は晦日(みそか・旧暦の月末)。また新しい月のサイクルにはいります。新しいことに取り組んだり、気持ちを切り替えるにはよいタイミングです。

今日は無理をしない生き方についてのお話です。

無理をする。どうしてもそうせざるを得ない場合があります。とくに家族を守る為。この大義名分に我々はどうしても無理をしてでも従ってしまいます。その結果、体調を崩したり、心が折れてしまったりすることもあります。重い病気をするかもしれません。

ある程度がんばることは必要だとしても、過剰に無理をするのは禁物。かえって周囲に負担をかける怖れもあります。

自分で自分にブレーキをかける、これが難しいのです。家族や身近にブレーキ役がいれば幸い。今は家族の単位も小さい。孤立している人も増える傾向にあります。また自分が無理をしていることに気づかない人も多いようです。

体が重い、だるい。気持ちが上向かない。

そんな感覚を大事にしてください。体の声、心の声をできるだけ無視しないで汲み取りましょう。状態が長く改善しない時は早めに第三者の意見を求めてくださいね。

無理をしないことで、より長く、堅実になすべきことに取り組めるものです。急がば回れ。時には休息をとり、心身を整えましょう。そうすることで、より多くの人の為になる結果が出せるというものです。

皆さんの人生がより糧多きものとなりますよう、いつも祈っています。

必要な時、できるだけの手助けができるよう準備を整えています。
光のサロンの扉はいつでも皆さんの為に開けてあります。
https://farm2.staticflickr.com/1930/30194960217_e7532a117d_z.jpg

◇人気記事: