白い紙

月末ということもあって仕事が滞り気味。なんとかピークを過ぎたかな…。
今日は4件ほどどうしても引き受けなければならない依頼があって、一応ひととおりは対応。でもこれで完結したわけではなく、まだ続きがあるのかもしれない。

この仕事をはじめた頃はまだ経験も浅くて、人の人生がどのように移り変わっていくのか予想もつかなかった。自分の霊的なポテンシャルに気づいておらず、未来をみることを怖れてもいた。それが今ではあっさりと断言してしまう。自分の変わりようったら…。人間ってここまで変われるんだな、と我ながら実感。経験に勝る知恵は無し、ということか。霊視できても、伝えられるだけの自分の器がなければいくら本当のことがわかったところで、受け止めてもらえないのだと思う。お互いの人としての心のバランスがあって、いわば一瞬のシーソーのように関わり合っていてそのバランスゲームの間にメッセージを伝えていく。ほどよい加減というものがある。だから伝え過ぎてもいけないし、かといって十分な霊視ができていなければ役に立てない。このほどよい加減というのは現場で味見をしてその場で判断することを日々、重ねていく他に上達の道はないのだろうと思う。

本当にありがたいことに仕事が日々増えていく。昨年ぐらいから、もう限界と感じていた。が、まだ工夫の余地があると思い、毎月のようになにがしか打てる手を打って仕事を増やしてきた。先月あたりから、また少し件数を増やしている。今月も大変だったがなんとか月末までがんばれた。最近は仕事以外にも新しいプロジェクトを立ち上げて打ち合わせもこなしているので潜在的な仕事も減るどころか増加傾向。

でも、多分自分はこうやって毎日、仕事(つまりご依頼)にまみれているのが好きなんだと思う。整理しなければいけない書類が山積み。旗のついたメールが画面一杯(要返信のメールには旗印をつけてあるのです)。机の上に作りかけのブレスレット。そこら中になにがしか作らねばならないもの、取り組まねばならないものの断片が散逸している。

子供の頃から僕の机の上はこんな感じだった。自分で設計して組み立てた紙飛行機だとか部品を一から集めて作ったラジオだとか脳波測定器(笑)だとか。電子部品がパワーストーンにおき代わり、電子回路の設計図が霊視鑑定の下書きにおき代わっただけだ。僕のリーディングペーパー(鑑定用紙)には、わけのわからない図形がびっしりと書き込まれている。聖霊から教わったホログラム図形を使っているので、見ようによっては物理学か電子回路の論文みたいにみえなくもない。夜な夜なかりかりと白い紙に書き込んでいく。なんの道具もつかわず、すべてをインスピレーションに委ねて次から次へと未来の流れを読み解いていく。子供の頃からそんな仕事をしてみたいと漠然と思っていた。おそろしい、きっとこういう未来の流れが見えていたんだな(こういう人生になるってことが定まっていたのかもしれない)。

子供時代、畳一枚分ぐらいある大きなケント紙を買ってきて真っ白い紙に自由に設計図をかいて紙飛行機を組み立てるのが好きだった。どんなふうに風にのって飛んでくれるのかイメージをしながら線をひく。コピーなんてとらないから皆、唯一のデザインになる。ある時、とってもよく飛ぶ飛行機が完成した。いい風がふく日に飛ばして遊んでいたら、どんどん上昇気流にのって遠くへ飛び去ってしまった。その後、それ以上に飛ぶ飛行機が作れなくなって、そうこうしているうちに飽きてしまった。形のあるものなんて限界があるからつまらないと思った。自分の感性を自由に解き放った時に、いったいどこまで自分の想念は広がっていくのか。それでなにがどうなる、ということよりもひたすら純粋の自分の意識はどこまで空想し、創造し続けられるのか…。そのことだけを飽きずに探求してみたかった。結果をだしてもその達成感は、瞬間に風に乗ってどこかへ消えてしまう。だからまた新しいなにかを追い求めていく。形のあるものではあまりにも限界がありすぎていけない。もし霊能者になれなかったら物理学か生命科学を研究していただろう。あるいは未知のフリーエネルギーとかね。とにかく無限に探求しつづけられるなにかを間違いなく追いかけていっただろう。

きっと今でも自分は日々探求し続けているんだと思う。自分の感性の可能性を。まだまだいける、と思っているんだ…。きっと見極めるまで止まらないんだと思う。でも見極められる日が来るとも思っていないから、一生止まらないのかもしれないなぁ。

こんなに忙しいのに、寝る暇もないと言っているほどなのに、摩訶不思議な夢をみてしまった。夢解釈する自分ですらまったく意味不明で理解不能で実に面白い夢だ。意味はわからないが、それがいつか現実になるということだけはわかっている。いったいどう変化していくのやら。自分で自分が楽しみで仕方ないこの頃である。

その代わりに…とにかくめちゃくちゃ忙しくて大変だよ〜(笑)

◇人気記事: