男の虚栄心

男は見栄っ張りだ。男同士でも見栄をはる。が、相手のテリトリーは侵害しない。ところが、同性がいないとなると、異性に対してはひたすら虚栄をはる。もっとも、見栄だけでは女性を守れないので、すぐにへこたれる。

いろいろなご相談をお受けするようになって、よくわかってきた事がある。それは最終的には幅広い意味で「男と女」の話に収束するということ。私たちは生まれた瞬間に生を授かり、同時にひとつの性におしこめられて生き始める。その時点で、半分の性しかもたない。自然に残り半分を求めるようになる。宿命的に、異性をひきつけようとする。この命の性質をよく理解しておくことは、人生を充実させる為にすごく大切だと思う。

この年になって、少しずつ男性の依頼者が増えてきた。男は見栄っ張りだから、同年代の同性には相談事をする習慣はない。ひょっとしたら、メークをして男だか女だかわからない「不思議な霊能者」を演じれば、性別年代問わず、いろいろな人に来ていただけるようになるかもしれない。まぁ、しないと思うけどね(笑)

魂には性別はないが、前世のいきさつで男性面と女性面をそれぞれ学び、身につけてくるから肉体はもたずとも、性的な性質をかなりまとっている。それらな陰陽でいえば必ず両極であってアンバランスだ。転生してどちらかの性の肉体に入るので、そこでまた両極のどちらかの波動を宿すことになる。魂にも陰陽の偏りがあり、肉体もどちらかに偏っていて、これらの宿命的な偏りをうまくコントロールして私たちは生きていかなければならない。

◇人気記事: