■レイキの指導

■このページの更新日:2005.4.14

☆誰でも習得できる素晴らしい「癒し」の技法として…
■レイキを指導しています
 英国王室、チャールズ皇太子妃のカミラさんがレイキの愛好家であることはよく知られています。イギリスでは「レイキ・マッサージ」という言葉はとてもポピュラーなのです(日本でいえば広辞苑にあたる辞書にも"Reiki"は掲載されているのです)。誰でも気軽に習得できて、とても相手をリラックスさせられる。そういう便利なテクニックとして多くの人に学ばれ、そして家庭で、友人同士で、気軽に実践されているのです。感覚的には日本における「指圧」や「お灸」といった程度に考えられているようです。西洋では、レイキはちょうど日本の私達が「気功」をとらえるように見ているようです。

 アメリカでは国家レベルでレイキが「ガンの代替治療」として病院での応用が認められているのです。有名なところではハーバード医大の付属病院など、大きな病院ではどこでもガン治療の一環で患者が希望すれば「レイキによるヒーリング」を選択できます。当然、医学生にとってもレイキは代替治療の一つの技法として学ばれているのです。

 西洋では完全に「レイキは技能である」と国家レベルで認知されているのです。残念ながら、日本ではレイキに対して医療の世界は非常に閉鎖的です。それが取り入れられる動きも気配もありません。それは日本における「ガン治療」」そのものがけっして先進国とはいえない事情も関係しているかもしれません。また、それ以上に「目に見えない」エネルギーを用いるレイキに対する極端なまでの「懐疑心」が日本人全般に根づいているからでしょう。それは日本人の「穢(けが)れ」を嫌う、神道的な精神性に由来しているように思います。

 レイキの本質のエネルギーは「完全な調和」をもたらす波動で、それは森羅万象全ての「物質」に完全な調和を与えます。それがいかにしてもたらされたのか、といえば最初にレイキを会得した方は「霊験」によってそれを得ました。ですが、初代のレイキマスターとして彼は、それを最初から「技術である」として弟子達に伝授・指導を始めたのです。そして、これを「科学によって解明し得る」とまで言い切ったのです。つまり「完全な再現性がある技術」なのです。信仰も、心のあり方も、個性も、趣向も関係なく、それらを超越して「技術」としてマスターする事ができる、まことに神秘としかいいようのない技法がレイキなのです。

 レイキのエネルギーはたしかに目にみえず、把握することは「現在の科学をもってしても不可能」ですが、レイキを伝達する技術は「誰にでも習得できる」マニュアル化されたものなのです。もちろん、より良い結果を得る為には多くの経験が必要であり、教師としての経験や能力が問われることは言うまでもありませんが、「家庭内」でのみ心と身体の健康法として実践する限りにおいては「どんな初心者でも素晴らしい効果が発揮される」のです。ですから、もしもなんらかの形で「人を癒す」ことを生業としている方が、このレイキを会得するならば、その仕事の結果が更に良いものとなり、クライアントさんに信頼を得ることは間違いないでしょう。

☆レイキを自分の為に習いたい
■個人レクチャーによる伝授とセミナーによる継続的な応援をしています
 個人レクチャーで、あるいはグループによるセミナー形式(2〜3名まで)で指導しています。また、毎月のセミナーで技術向上をはかる事ができます。サロンでは2001年からレイキの指導と、セミナーを継続的に開催してきました。このような形でレイキを継続的に指導している教師は、まだまだ非常に稀です。また、レイキを習得し、実践しはじめると様々な好転反応が現れます。どんな事がおきても、カウセリングやコンサルテーションによって応援を受けられますので、安心して頂けます。たとえ、遠方の方であってもリーディングによってそれらは可能ですので、国内はもとより外国から習いにこられる方もいらっしゃいます。(国内の例:道内各地、東北、関東、関西、九州方面。外国からはカナダ、スイス、ベトナムなど現地居住の日本人の方が帰国の折りに習いにこられます。)
☆レイキを家族の為に習いたい
■ティーチャーコースまでお進みください。
 レイキにはレベル1〜3という段階があります。レベル1〜2が普通に心や身体を癒す実践的な技法です。レベル3以上になりますと、レイキを教える側の技術になります。ですので、家族にレイキを教えてみんなで健康になりたい、と願う方にはティーチャーコースまでお進みください。レベル2までの指導が可能になります。

 レイキを家族に教えられるようになると、どんなメリットがあるのでしょうか…。以下は、僕自身が自分や家族、親族、身近な人達を通じて体験し、実感した「事実」です。

  1. まったく風邪をひかなくなった
  2. 大きな病気をしなくなった
  3. 怪我全般(うちみ、切り傷、筋肉痛など)がすぐ治る
  4. 肩こり、腰痛、関節痛が治る
  5. 疲労回復が早い
  6. ストレスから解放される
  7. 冷え、生理不順の解消
  8. 食べ物がおいしくなった
  9. あまりくよくよしなくなった
  10. 物事に前向きになれるようになった
まだまだ、たくさんあります。が、一つ強調してお伝えしたい事があります。それは結果的に病院に通う頻度が少なくなったので医療費は少なくて済んだのです。現代の医療のあり方を否定はしませんが、例えば「医療廃棄物」の問題一つにしても環境を考えると深刻なテーマですし、そもそも「医薬品」の副作用は誰しもが知るところです。(レイキは薬品の副作用すら軽減してしまいます。)

 まだ他にもレイキの恩恵はたくさんありますが、書き切れないぐらいです。こんなに素晴らしい技術が「一家に1人のレイキティーチャー」によって広められ、実践されていく事を心から願っています。僕の実母は生来、虚弱体質で1年を通じて風邪をひいていない期間のほうが短い、というぐらいの体質だったのですがレイキを教えて1年後には、全く風邪と無縁になってしまいました。

☆実践はけっして難しくはありません
■こと、ご家族に実践することは「誰にでも必ずできます」
 お母さんがお子さんにレイキをしてあげることは、本当に自然なことです。レイキをしてあげると、お子さんはあっという間に安らかな眠りに落ちていきます。どんなに不安やストレスでおびえている時でも、心からリラックスできるのです。体調が悪い時、熱がでた時、食あたり、すり傷、だぼく、たんこぶ…子供はいろいろな怪我をしょいこんできます。でも、レイキをしてあげることで治癒力は最大限に高まり普通よりもずっと早い時間で直っていきます。気軽にお母さん達が家庭のなかでレイキを実践できるようになると、本当に素晴らしい時代がやってくると思います。子育ての不安も吹っ飛ぶでしょうし、お子さんも毎日元気に学校に行けるようになるでしょう。是非、取り組んでみてください。「ただ、思いをこめて手をあててあげる」だけなんです。これが一番、大切なコツなのです。技術は少しずつ高めていけばいいのですから。まず「実践してみる」ことから始めてみませんか。誰でもレベル1のトレーニングを受けたその日から「手」をあててあげる事ができます。
※画像はMAKIKOさんと娘さんです。
☆レイキを多くの人に伝え広めたい
■マスターコースまでお進みください。
 レイキの全てを後進に伝え、指導できる段階がマスターコースです。この段階まで修了しますと、更に「マスター」を指導育成できるようになります。つまり、レイキの全ての技術を会得する事ができる段階です。意欲ある方は、是非マスターコースまでお進みください。ただ、後進の育成を継続的に行っていくという「社会的な責務」が発生しますので、よくよくお考えになられたうえで学んでください。けっして一度、指導した生徒を路頭に迷わせるような事はして欲しくありません(中途半端な指導をする教師が後を断たず、迷子になってしまう生徒が少なくありません。後始末すらせず、勝手に指導を止めてしまうという言語道断の教師も居るようですが、そのような無責任な態度は厳に戒めていただきたいものです)。




■TOP