指差し、の意味。

by hikarinosalon ‾ 7月 26th, 2011. Filed under: スピリチュアリティ.

人差し指。使い方がいろいろあります。駅のホームで駅員さんが指差し確認をしていたりします。子供が空を見上げて飛行機を指さしたりします。

大人になると、あまり指差しをしなくなります。が、稀にテレビで、相手を指さししている偉い人をみかけることがないわけではありません。

ヒーリングをする時、指先は非常に大事な道具になります。エネルギーをそこに直接、注入できるからです。特に人差し指の先端はとても敏感なセンサーにもなっていて、エネルギーを適切に送り込む為に大事にしなければならない部分です。

人差し指は自分の心とまっすぐにつながってもいます。人差し指の先端で触れる。これはすでに「心でふれあう」ということを意味しています。ですから、小さい子供に人差し指で、ほっぺたをおされたりすると、どんな人でも心がとろけてしまいます。また、赤ちゃんのほっぺたがやわらかくて気持ちよいのですが、人はなぜか右手の人差し指で触れたがりますね。それは「心」が触れていることを感じられるセンサーの役割を、人差し指がもっているからです。

仕事のなかで、大切な部分を人差し指でしっかりなぞったり、指し示したりしている人。とても職業に忠実でまじめな人だということがいえます。自分の「真心」をそこに向けているからです。純真な子供が空をみあげたり、動物を見つけて指をさしているのは、好奇心ゆえに心奪われている状態だからです。

では、大の大人が上から目線で相手を見下したような態度で指差しをするのは、どういう了見からくるのでしょうね。

あまりすべてを解説してしまっても仕方ないので、これは宿題ということにしておきます。皆さんなりに、考えてみてはいかがでしょうか。

Comments are closed.