魂感覚は「こだわり」に現れる

by hikarinosalon ‾ 8月 8th, 2011. Filed under: 人間性.

前世体験は、いったいどのように私たちのパーソナリティに反映するのか。

いろいろな方の前世を鑑定させていただくなかで、おおよそのパターンがわかるようになってきました。「前世で確立した生き方」を体験した方は、今生でも様々な場面で「こだわり」に現れてきます。

たとえば非常に格式のある伝統的な家柄に生まれ育った経験があり、そんな家風を守りぬいたという自負がありますと、魂は「自分がとても大好き」なので、誇りに思えたこと、充実感を感じたことは、生まれ変わっても忘れないのですね。ですので生まれ変わっても、伝統的なものを重んじて、大切にしたり、すごく興味をもったり、そういう雰囲気を好むようになります。逆にそれを軽んじる人に反発を感じたり、嫌悪を感じてしまうこともあります。そんなふうに魂は、人生を通して自分がより大きく成長できたと感じた分野については、そのことを大切に忘れないように保ち続ける傾向があります。そして生まれ変わっても、かつて自分が「こだわった生活スタイル」を繰り返し再現しようとします。なぜって、それをもう一度繰り返せば、自分が強くなれる、自分らしく生きられる、自分の世界を再び表すことが素早く可能になる、という魂感覚があるからです。

この「魂感覚」が強いと、そのことにかえってとらわれてしまい、新しい方向性に踏み出せなくて苦しくなることもあります。前世からくる「こだわり」の多い生き方を繰り返していく人は、それをうまく活かせる場合もあれば、逆にとらわれてかえって苦しくなる場合もあります。どちらといえば後者の事例の方のほうに私は多く、接してきました(苦しいからこそご相談におみえになるのですから、当然かもしれませんね)。私が接していない方のなかには、魂感覚を多いに磨き、さらに発展させ、より強く立派に成長を遂げられる方もたくさんいらっしゃることでしょう。そういう人達は、転生のサイクルそのものが波にのって上昇を続けているわけです。

Comments are closed.