スピリチュアルなセミナーに参加すること

by hikarinosalon ‾ 9月 10th, 2011. Filed under: スピリチュアリティ.

スピリチュアルな成長の為に、時にセミナーや様々なワークショップへの参加がきっかけになり、新しい目覚めにつながることがあります。どんな場が自分に最善なのか、誰にでも必ず導きがあります。自分の内なるガイドによく相談をすることで、きっといいご縁があるものです。

今日はセミナーやワークショップに参加したくても、なかなかきっかけがない、現実的にちょっと難しいという方の為に少し書いておこうと思います。

◎きっかけがない
きっかけは、向こうから一方的にやってくるものではなく、まず自分の意識を変えてみることが大事です。スピリチュアルなイベントに参加したいと興味をもつ時点で、参加する資格は十分にあるのです。

もし、自分の経験値や年齢や立場などを気にしているのなら、「いったい自分はなんの為に参加したいのか」をよく考えてみてください。「自分の成長の為」という目的がもっとも大きなものでしょう。シンプルに「参加したい」という気持ちを味わってください。そこには「自分はもっと変われるはず」という思いがあるはずなのです。でも「変われるかどうかわからない」という不安もあるでしょう。その不安は必ずついてまわります。けれども「変われるはずだ」という思いも消えてなくなりません。

もし何度も参加するきっかけを得られないままチャンスを放置してしまうと「変われないまま終わってしまうのではないか」という不安と、いつも戦い続けることになり、次第に気持ちが萎えてきてしまうかもしれません。鉄は熱いうちに打て、といいます。思い立ったが吉日かもしれません。参加したい、変わりたい、変われるはずだ、という思いをどうか大切にしてみてください。

◎そうはいっても仕事や家庭の事情が許さない
こういう方もたくさんいらっしゃると思います。誰しもが余裕がありません。時間的、金銭的に余裕がない。そんななかでそれなりの時間を「自分の為だけに割く」ことは簡単ではないでしょう。
でも、参加をあきらめたとして、その時間はそれに代わるだけ有意義に過ごせるものでしょうか。なんとかやりくりすればよかった、と後で後悔する可能性はないのでしょうか。
さまざまな事情があって、とても無理であるとしても、自分は変わりたい。変われるかどうかを試してみたい。その為に自分に投資(時間や費用)をしてみたい、そう考えてみることも大事です。事情がゆるさないのではなく、時間と費用を「自分の可能性に投資することを許可していない」のは自分自身なのです。
自分はきっと変われる、時間と費用を投資するだけの意義をきっと見つけられる、そう信じることです。自分の内面から新しい意識に脱皮することで、人生をより充実して、有意義に生きられるようになるかもしれない。そうすれば、人生のなかで少しばかりの時間と費用の投資は、大きな糧となって戻ってくることでしょう。

一生の長い人生で考えれば、ほんの些細な投資にすぎないはずなのです。うっかりインフルエンザにかかってしまったらどうせ消えてなくなる程度の人生の一場面でしょう。学業や健康や目先の収益や知識や資格の為の投資でなく、時に「自分という存在そのもの」への投資もしましょう。

◎あなたが参加すると決めれば、あなたの為に最善の席が用意される
できるだけ早く、明確な目的をもって参加を決意することで、あなたのガイドが、あなたの為にもっともよい学びとなるように、最善の席を用意してくれます。もし、当日までに必要な準備があれば自然にそれが整うように導いてもらえます。そして当日は驚くほどスムーズに会場に到着し、あっというまに充実した学びの時は過ぎ行き、充実感に浸りながら帰路につけることでしょう。

こういう経験を重ねていくと、誰しもが「けしてひとりではない」と実感できるようになります。そして魂のガイドとの絆が安定し、人生のさまざまな試練にも打たれ強い精神力を得ることにつながるのです。

より多くの人に、たくさんのよい成長の場が与えられますように、心から祈っています。

Comments are closed.