あと一歩、いやあと半歩

あと一歩でも、いや半歩でも前進する工夫をすることで人生がすごく開花するに違いないと思う方を時におみかけする。ただ、その半歩の前進がなかなかできず停滞する。そんな時に人は心のなかではなにかもやもやとしているもの。ものごとには時がある、という。そのもやもやもいずれは晴れていくのだろう。タイミングは本人が見極めるべきものかもしれない。だが、多少早くてもいい場合もあるし、それ以上停滞していては時間を浪費するということもある。

また、なにかを変えるきっかけやチャンスは何度もやってくるようでいて、本当によい絶好のチャンスというのはけして多くはない。だから、あまり機を伺いすぎるのもどうかと思う。

ここぞというタイミングがいつなのか図りかねる時は「その時はいつなのか」という問いかけもとても意味深いものになるだろう。