大切な人を憎む

by hikarinosalon ‾ 1月 26th, 2012. Filed under: 対人関係.

人の心はよく「嘘」をつく。その理由は「怖れ」や「罪悪感」だろう。

お世話になった人、大事にしたい人、親、兄弟姉妹、子、取引先、お客さん、等々。日々、なにかと恩のある人、情が通う人を大事にするのは当然のことだ。仲良く、穏便につきあっていければそれにこした事はない。失うよりは「関係を維持できたほうが楽である」ならば、尚更だ。また、良好な交流がなんらかのメリット(利益)をもたらすのなら、更に「嘘」をつく動機が強くなる。

嘘が単なるストレスのレベルならば、ヤケ酒やカラオケで発散できるだろう。焼肉にビールもすごくいいし、瞑想もいい。スポーツもいい。セックスもいい。憎しみを抑えることは、とても大きなストレスになるのでその発散もエネルギーレベルを高めることが必要になる。お金もかかるし、時間もかかる、体力も・・・。なかなか大変である。若いうちなら夜は長いが、年を重ねるとだんだん体力が落ちてくるからストレス発散は十分ではなくなり、体内に蓄積する。強い憎しみのエネルギーは血の巡りを悪くする。内蔵の細胞が破壊されやすくなり、免疫も落ち細菌にも感染しやすくなる。炎症がおきる、治りにくい。治ればよいが、繰り返すと症状が慢性化してしまう。症状がでにくい臓器に故障がおきると深刻な病気になる怖れもでてくる。憎しみはとても強い波動なので、解放は十分にしなければ病気のリスクが高まる。

また、時に憎しみは「過去の記憶」のなかに影をひそめ、表面には出てこないことがある。それでも心は「過去」から亡霊のように憎しみが不意に顔を出すことを怖れるから、日々うっすらと「嘘」をつき続けることになる。余計な気配り、作り笑顔、義理でも付き合う義務感となって行動や判断に見え隠れする。それを長年続けることは、喉や胸のトラブルにつながる。呼吸器系、甲状腺、免疫系への影響も心配される。

また、人を憎む心を抑圧しやすいタイプ、というのがある。潔癖な心をもつ人たちだ。他人を傷つけるよりは、自分が傷つけられることを望むようなタイプの人は、心のどこかで「他人を傷つけまい」として、自分の心のどこかに「憎しみ」を宿してしまうことを極端に怖れて、関係性を歪めてしまうことがある。また、自分を嫌悪してしまう事もある。その場合は胸のあたりにトラブルを引き起こしやすく、自律神経への影響も懸念される。

心が嘘をつく傾向が強いと長年の蓄積の結果、体調への影響がはっきり現れるようになる。逆に、体調の悪化から、自分の心の素顔に気付かされることも多い。

Comments are closed.