無理をさせない

by hikarinosalon ‾ 5月 18th, 2012. Filed under: レイキ, 健康.

レイキセミナーでは、よく身体の痛みや不快感への対策についてレクチャーをします。レイキを実践していると、身体感覚が以前よりも敏感になります。痛み、不快感、違和感などを感じやすくなります。また、食欲、性欲、気力、集中力などの変調にも敏感な体質になります。というより、本来の感性が戻ってきただけなのです。大人になり、年月を生きるうちに忘れていた身体感覚が、本来の感度に戻ってきた結果というわけです。それを体調が悪くなった、年齢のせい、ストレスのせい、なにかの病気かもしれない、とかん違いをしている方もいるようです。ただ、時に本当に病気の可能性もあるわけですから、まずは医学的な診断を受けることからはじめます。それで異常がない(病院で、気にしすぎ、ストレス、などと言われて帰される)ようであれば、あとはレイキでの改善をこころみてみるのがいいでしょう。

身体に無理をさせない生き方によって、病気もしにくくなりますし、なによりも長生きできる生活をごく自然に引き寄せられるようになります。病気をしないことは、スピリチュアルな生き方にも通じます。病むということは、多くの人を自分の人生に巻き込むということですから。自分らしく自然体で元気に、そして自由に暮らせる状況を一日でも長く維持することは、魂の願う方向性を保ちやすくなるのです。

Comments are closed.