結婚・離婚と先祖霊

by hikarinosalon ‾ 9月 10th, 2012. Filed under: 先祖供養, 恋愛, 結婚.

違う家庭に育った、二人の人生が交わり、ひとつの流れに紡がれていく。それが結婚です。逆にある程度の期間紡がれた絆をほどいていく。それが離婚です。

それぞれの人が持っている運命的な流れをしっかり支えているのが、先祖霊です。大きくわけると父方、母方の先祖霊が関わってきます。誰にでもついている裁判でいえば国選弁護人、マラソンでいえばコーチ、ボクシングでいえばセコンド、といった役目でしょうか。ご先祖様は非常に個性的です。先祖霊といえども、それぞれの人生を何度も生まれ変わって体験してきた人達ですから、かなり癖があるものです。得手不得手もあります。それから、ご先祖様にも悔いや反省という意識もあるのです。それが強い場合もあればほとんどない場合もあります。こういった先祖の個性、経験値、持ち越した意識などの影響を総合して因縁と称します。

ですから、パーフェクトな神様のようなご先祖様というのはいません。いや稀にいますがそれは滅多にない事例です。ほとんどの場合は、かなり個性がありますから、二人の人生の流れにかなり影響を与えることもあるのです。

結婚を決めるまでには普通は数年の交際期間があります。この間に、それぞれの家庭の習慣だとか、親族に会います。そういうお付き合いのなかから、ご先祖様の傾向を感じ取っていくことができます。ですから結婚前の交際期間はとても大事なのです。特に親族との付き合いは、大事にして欲しいところです。こういうところをはしょって、二人だけで結婚を決めてしまうとどうなるか。例えば、外国で旅行中に意気投合して帰国したらすぐ入籍をして暮らし始めるといったような場合ですね。案外、何事もなく過ぎることもあれば、次第にぎくしゃくしてくることもあり、やっぱりうまくいかない…という場合は先祖の因縁が浮上したのかもしれません。このように先祖の因縁の影響というのは割りと年月をかけて、じわりじわりと浮き上がってくるものです。潜伏期間がすごく長いこともあります。十年とか十五年ですね。お子さんを授かってから出る場合もあります。ただ、子供というのは産まれる前にご先祖様に面通しがあるので、基本的には免疫があります。両親よりは先祖の因縁の影響は受けにくいわけです。それでも尚、先祖の影響を強く受けることもあるものです。

また、女性がある年代になってから先祖との関係が浮上する場合もあります。例えば特有の疾患を繰り返す家系においては、病気をしやすい年代になるとご先祖様達がすごくアピールをしてくるのですね。注意をすごくうながしてくる、そういうことが増えると。そんな時はやはり注意をして欲しいと思います。

離婚した場合は、基本的に相手の先祖との縁は切れます。そうすると元の伴侶の先祖の影響は受けなくなる、と思いがちですが、そういうものでもありません。結婚期間中に子供をもうけたが親権を争って別れたとか(争わなくてもどちらかに深く悲しみが残ったような場合)、かなり長くお互いの親戚同士が対立があったとか、こういった場合は離婚後も、相手側の先祖の因縁を引き継ぐことがあります。なので別れたからといっても、もうすっかり関係ないとも言い切れないものです。

離婚後にまた再婚する場合は、以前の結婚を解消した時の因縁が解決されているかどうか、この確認は是非しておきたいものですね。再婚の場合は割りと短期間でスタートする事例も多いのですが、できれば事前にご先祖様同士の相性も鑑定を受けられると、安心です。特に双方が再婚で、それぞれに連れ子ある場合などは確認する項目が多くなります。

先祖の影響というのは時に次世代、次次世代まで持ち越されることもあります。また仕事、健康などの運気にはっきり影響を与えることもあります。

これらの見えないエネルギーの絆を、どう活かすのか。基本的にはご自身の心がけ次第であります。私達は、そのお手伝いをするサポーターです。

Comments are closed.