頭痛、吐き気、無気力、パニック状態の原因を調べると…

by hikarinosalon ‾ 5月 12th, 2013. Filed under: 先祖供養.

突然、頭痛や極度の首や肩の凝り。食欲不振(ときに吐き気)。気力がまったくわかない、感情の起伏がゼロに近い。自分が消えそうな恐怖やパニック状態。そして不眠。
(これだけの症状がでていると、すでに精神科を受診して、睡眠薬ぐらいは処方を受けている可能性が高いと思われます。)

霊的な不調和に敏感な方がときどき体験する症状です(いわゆる霊感体質といわれる方)。症状も起伏があり、なんの兆しもきっかけもなく突然ひどくなることもあれば、親族の葬儀や法要だとか、お盆やお彼岸などの時節に合わせて起きることもよくあります。(であるが故に、霊障と誤解されることが多いのですが。)

憑依体質であれ、霊的に敏感であれ、人生は人それぞれ導かれ、ひとりひとりの学びの課題があり、そのうえで起きるべくして人生を体験して魂を磨いていくのです。霊的な体験はさほど特別なことではありません。誰しもが、親族の死を通して多くのことを学びます。天国への旅立ちを看取ってからも尚、霊的な世界とのはざまで葛藤したり、翻弄されたりしながら、魂をみがくレッスンを受ける人もいます。

大切なことは、この体験を通して自分はいったい、なにを学ぶべきなのか。どのような修行を積むべきなのか。その明確な方向性を確認することです。人生は受験と同じ。どんな学部をねらっているのか。必須科目はなんなのか。それによって、問題の傾向も、それに対する対策もかわってきます。

こういう体質の方は、まず先祖を供養する、ということが必須の修行です。ただ、一重に先祖供養といっても、やはりコツがあります。はずしてはいけないポイントがあります。夫婦であれば、自分の先祖由来か、配偶者の先祖由来なのか、父方か、母方か、何代ぐらい前なのか、どのような供養を何年ぐらい続ければよいのか。その間に注意すべきことはなんなのか。年月がかかるとすれば、いったいどうやってその間、気持ちを保っていけばよいのか。これらを明確に掘り下げておく必要があります。

人生は修業です。その修業の形はさまざまです。皆、違います。本を読んでもなかなか正しい答えにはたどりつきません。

Comments are closed.