Archive for the 'スピリチュアリティ' Category

打ち砕かれる大義名分

火曜日, 8月 28th, 2012

個人が背負う父性は、その人個人の責任感です。背中に宿ります。これが集合体、つまり複数の父性集団が皆で一度に背負うと、そのエネルギーは強い連帯感となり、それが組織の主義となり、それが各自に還元し、循環し、組織全体がその空気に染まります。みんなで渡れば怖くない式の頑固な連携がつくられます。それが大義名分となり、その人の日常のすべての価値観の支配するようになります。そうなると、その父性集団の周囲にいる人達(家族、同僚、友人、地域社会の人達、子供たち)は皆、その父性集団の傘下に所属することになります。父性は、狼のリーダーがそうであるように、全体を統率し、そのまま自警集団のような意識に変化しやすいのです。時に攻撃的にもなります。

しかし、一方で父性は精神エネルギーとしては、とても燃費の悪いエネルギーです。父性が行動する時は、ものすごくたくさんのエネルギーを消耗するので、とにかく補充が必要になります。昔の古いタイプのお父さん達は、がんばって働くのですが毎晩、ものすごい量のお酒を飲みます。悪態もつきます。浮気もするし、競馬もするし、喧嘩もするし、家ではおならもするし、トイレも臭いし、娘には嫌われるし、息子は帰ってこなくなるし、とにかく大変に燃費が悪いし、排気ガスも悪臭を放ちます。これでは身体にも悪いし、病気もでやすくなります。もっとも父性は、短命であることを潜在的に覚悟しています(最悪、命を手放すかもしれないという怖れをもっています)。なので、どうせ短い花の命ならば、ぱっと散らせてしまえという意識におちいりやすいのです。ストレスが貯まれば、とんでもないハメを外したりしてしまうのはそのせいです。

父性を支える母性の役割を担う人は、燃費の悪いお父さんの為に、エネルギーをせっせと補充しなければなりません。質素倹約をこころがけなければならなくなります。自分はとにかく我慢をする。我慢を通して、がんばるという父性の連帯のなかで相方を努めていくわけです。

こういった父性エネルギーの作用がすべて打ち砕かれ始めています。男性性の強い社会、組織がものすごく不安定になっていきます。そのなかにいる人は性別も年代も関わりなく、心の置所がなくなる感覚に襲われているかもしれません。不安な気持ちが高まっているかもしれません。ところが、もはやその不安を手放す矛先すらみうしない始めていて、行動に一貫性が持てなくなり始めているようにも思えます。

これはほんの初期症状といっていいものです。次第に分離が起き、次にさまざまな価値観の崩壊がはじまり、あからさまな対立が浮き上がってくるようになります。

がんばる母性も父性

火曜日, 8月 28th, 2012

ちょっとテクニカルな話かもしれません。ややこしいので、ゆっくりとお伝えできればいいのですが、あまり日がないので急ぎます。数年後にはこんな話題は誰にも必要とされなくなることでしょう。

母性的な人のなかにも父性面があります。父性面はとにかく、誰かの為に自己犠牲をはらいながら、ひたむきにがんばる、努力を重ねるエネルギーを生み出します。それは責任感という波動で、私達の肉体にやどります。肉体は精神と一体なので、肉体面でいえば背中、首筋あたりに責任感というのは宿るのです。ですから、お父さんは背中で背負っている。これがこれまでの普通の男性(父性)の姿でした。男は背中が語るとよくいいます。実際、お父さんは責任感を背中で背負います。それがすなわち、そのまま父性面ということです。

一方で、一本義で頑固でがんばりやのお父さんを支える家族(もっぱら妻ですが、家族全員がその対象です)は、お父さんの父性を支えるのですが同類の意識を持ちます。お父さんががんばっているから、そ「その背中をみて、やはり背中で同じものを背負う」感覚をもちます。言葉少なで貞淑でおとなしい妻であっても、そんな夫をひたむきに支えるということは、母性的な役割をまとっていながらにして、内面的には「父性」のかたまりといえます。

時代はあらゆる人のなかにある、あらゆる父性の要素を打ち壊しはじめています。父性らしさを前面に出しているわかりやすい人よりも、父性らしさを内にひめ、母性でまとっている人のほうが解放が難しいので、少しやっかいです。

がんばれと言わなくて済む時代

月曜日, 8月 27th, 2012

本当に時の流れは確実に、私達の意識を変えつつあるようです。時代の流れとはいえ、本当にすさまじいといっていい加速度で時は動いているように思います。

少し前から、こういうアドバイスをする事が多くなりました。「がんばれと言わないようにしてください」と。どんな場面についてのアドバイスかというと、例えば女性から男性へ言葉をかけるような場面。職場の上下関係においては、先輩から後輩へ、上司から部下へ。お父さんからお子さんへ(お母さんからお子さんへは時と場合によっては、まあいいでしょう)。そんな場面で、がんばれとか、がんばってという言葉をかけないようにとアドバイスをすることが本当に日々増えています。とにかく、いままでと違って、これからは受容性の時代です。がんばれ、は時に相手をおいつめるばかりです。言葉だけでなく、態度や思いも同じです。がんばれではなく、「疲れたね、休もうね」という言葉(言葉より、手をさしのべるほうがもっといいのです)が大切になってきます。そうアドバイスすると、「つかれたの?休みたいの?どうしたいの?」と尋ねてしまう人がいるのですが、これではがんばれとせっついているのと同じエネルギーです。まず、自分の気持ちを相手と一体化させることが大事です。相手に寄り添うのです。自分の心を相手の心に重ね、ひとつにしていくのです。そういう思いやりの表し方が求められる時代になってきました。もう言葉に頼らずに通いあうものを形にしなければ、心と心の絆を保つのが難しい時代なのです。

父親いらずの時代

月曜日, 7月 16th, 2012

21世紀になって大きくかわったこと、といえば父性が崩壊する時代をむかえたことでしょう。父性というのは、一言でいえば「権威」といってもいいでしょう。家庭において、学校において、対人関係において、組織において、政治において、あらゆる面で父性的なもの、つまり「人と人との関係に優劣をもたらすもの」が崩壊しはじめています。これは時代の流れなので、いわば日本という国の宿命というか、運命といっていい変えがたい流れにみえます。変えがたいのだから、そうなっていくでしょうし、止めようもありません。なぜ、という議論は何千年も歴史をさかのぼることになってしまいそうなのでしませんが、もうその流れは止められないとすれば、ではどう生き延びればいいのかを考えたほうが得策でしょう。まず権威を頼らない、ということです。今は頼れても、それはいずれ崩壊します。だとすれば、早めにそこから離れて自立したほうがよいかもしれません。でも、まだ少し時間が残されているのならば、なにも変えなくても問題はないかもしれません。それは個々のケースにおいて違います。が、誰にとっても時間の問題ということになってきました。あらゆる関係性において権威は一旦、失墜し、崩壊し、消滅していく流れにみえます。そういう流れなのだから、誰にも逆らうことはできないのだと思います。

そのかわり、今は母性の時代です。これはいいかえれば権威の反対語の世界です。あえて表現せずとも、今、そこかしこにそれは芽生え、開花し、広がりつつあるものです。それは、こうでああで、と説明すればするほど、それがなんであるかを見失いそうになるような気がするので、あえて詳しく解説しませんが、とにかく時代は大きくかじを切り180度ターンをしたのです。

マザーテレサがお元気だったころは、まだ権威の時代でした。ですから社会はマザーに権威を押し付けようともしました。でも、けしてマザーは自らそういう立場に甘んじることなく、あくまで最も社会の底辺にいる人達に寄り添いました。そして、時代は変わりました。今、私達は一旦マザーが手をさしのべた、路上に横たわる人々の側に立たされるのだと思います。私達は守られなければ生きてすらいけません。いったい何に守られたいのか、どのように守ってくださるなにかをみつけ、手にいれ、力とし、糧とし、生き延びればいいのかです。そこがとても重要です。

私はいつも学びにきてくださる人達にグランディングをしなさい、といいます。それを必要と思えば何度でも、いつでもいいます。そうすると、またそれですか?いったいいつまでそれを続ければいいんですか? もういい加減次の勉強をさせてください、と言われます。

でも、私達は今、路上に横たわっていて、自分ではなにもできないのだから・・・あるがままの自らの姿を認める他になにができるというのでしょうか。願い、乞う。もし救われなければ音もたてず朽ち果てるほかはない運命です。であれば、そうするしかない、ということを悟り、あるがままに横たわることも大事です。運命を悟る。大げさだけれど、どうしてもそこに意識を向けなければいけない時代になったように思えてなりません。そして、この方向転換はこれから何世紀も続いていくようです。であれば、少なくとも私達の子、孫、ひ孫・・・思い浮かべられる限りの末代までの流れだということではないでしょうか。

気づきのペースは人それぞれ

金曜日, 4月 13th, 2012

問題に直面する、葛藤と向きあう。ひとまず解決の糸口をつかんで前進する。

また新たな問題に直面したり、葛藤と向きあうことになる。同じような状況だったり、前回とは違う状況になっていることもある。前回と同じ方法論が通用しないこともあり、前進できるようでいて、ぎくしゃくしてみたり、なかなか結果に結びつかなかったり。

実は同じ問題や葛藤でも、時の流れや自分の変化で「気づきの方向性」が変わっていると、それに対処する方法論も変わってきます。

人は自分が変わった、ということを客観的に理解することはあまり上手ではありません。心はまだしも、意識というのは基本的に閉鎖的で内側を向いていて、外との関わりは限られているもの。自分が変わったということを理解できれば方法論をかえるべきかもしれない、という気づきにつながりやすくなります。

人が変わるのに必要な時間は3カ月かもしれません。半年かもしれません。1年とか、3年とか、あるいはもっとかもしれません。が、時にそれは3日かもしれません。人が変わるのに、これという基準もないし、絶対的な時間の枠もありません。人は変わるべくして存在しているので、あらゆるタイミングで変化し得る、ということです。必要なだけの気づきを得るべきなのです。日々精進する、という意識を持っていればいいのですが、それでは疲れます。そこは各自のペースでよいので、一定期間ごとに自分がどう変わったのか、という客観的な視野を持つ機会を作るようにするとよいのではないでしょうか。

カルマの解消方法

木曜日, 3月 29th, 2012

スピリチュアルな世界で、実に様々な人達の考えにふれ、書物もよんできました。人それぞれ考え方も違います。例えば「カルマ」ということについての考えも様々あるわけです。

・カルマを解消してあげます
・カルマ解消の秘技をお伝えします
・カルマ解消のエネルギーを伝授します
・カルマ解消の祈祷をします

いろいろな表現がありますが、そんなことができるのだろうか?と素直に疑問が湧いたものです。そもそもカルマとはいったいなんなのか。年月を重ねていくうちに、自分なりに宇宙を感じ、マンダラを見つめ、そのなかでカルマに対する解答を持てるようになりました。

そこで、今日は私なりの「カルマ解消の秘技」をお伝えしようかと思います(笑)。
それはお金を通して返済する、ということです。

ここまできてうさんくさいと思うなら、読まなければよろしい。
ふと興味があるなら、お読みください。

それは寄付をする、ということです。
仏教の言葉におきかえれば「布施」ということになります。細かいことはさておき、日常の多忙な日々のなかでお金というエネルギーを通してカルマ解消につながるのなら、多いに利用してもよいのではないかと思うのです。

ただ、そこには幾つかの条件があります。
・魂がカルマ解消を願っていることを受け入れる
・魂の本質がお金というエネルギーと共鳴している
こういった条件が揃ってはじめて、寄付をする行為が魂を浄める力を持つでしょう。

お金で苦労する人は、もしかするとカルマ解消を魂が願っているのかもしれません。でも、そのことを受け入れないと苦労することの葛藤が減らなくなります。また、お金というエネルギーに拒絶反応があると潤滑油不足でせっかくのお金というエネルギーがカルマ解消につながりにくくなります。

カルマとお金の関連性は、宗教でもなく、倫理でもなく、宇宙の法則であり物理学のようなものです。シンプルな原理でひもといていけば理解は難しくなさそうです。

いったいどこに寄付をすれば?と思った方はするどいですね。そこはすべての方程式になんらかの解があります。個別の命題に対して無限の答えがありそうです。

まざらないドレッシング

土曜日, 2月 11th, 2012

水と油、あるいはふってもふっても一体化しないドレッシングのようなもの。

誰しも、自分が可愛いものです。どこかしら自分の利得を優先して行動しています。
自分を大事にしてくれる人にはごく自然に好感を持ちます。逆に自分に対して攻撃的な人には嫌悪感を持つこともごく自然なこと。

自分に利益をもたらす人には媚を売ることもある一方で、敵対する人とは距離を保つようにして身を守ります。

でも、でも。

魂はそんな自分を許容しないのですね。自分のことばかり優先しているエゴイストの自分を嫌悪することすらあります。人の為になにかしたいとも思います。それが魂の感覚なんです。

自分の事が大事な意識と、もっと社会の為に人の為に輝きたい意識は相対するもの。なかなかひとつになりません。

人の心とはそういうものです。

厳しい時代の希望の光

火曜日, 1月 31st, 2012

レイキはとても不思議。いったいどこからこの波動はやってくるのか、と考えるけれど今でもよくわからない。感じようとしても感じられず、見極めようと思ってもそう思う自分のエゴが消滅してしまい、考えることすらどうでもよくなってしまう。その源流に辿り着こうとすればするほどエゴが消え、自分が消え、ただ穏やかな至福の境地に近づいてしまうようだ。

レイキがもたらされたのは関東大震災の直前だった。結果的に初代の先生は怪我人や病人の為に奔走し、数千人の入門者を指導し、数年で他界してしまった。戦前、レイキの技法による手あて治療を受けた人の数は、相当なものだったことは間違いない。

この歴史的ないきさつを考えると、そこで誰かが大震災を予見したかのように思える。時代が混迷し、救世主が現れたり、尊い教えがもたらされたりする。偉大なリーダーは命とひきかえに私達に勇気と自立心を与えてくれる。レイキは無形だが、それがもたらされたという事実は、心の深いところで私達はけして見放されてはいない、ということを感じさせてくれる。

めにみえるものすべてが崩れ去っても、なにも案ずることはない。レイキを学んでいると、そういう意識を感じることがある。その源流にある、光をこの世にもたらした意識かもしれない。

なにも案ずることはない。

なんども、それは繰り返されている。
地球が自転を続けている限り、絶望はないのではないか。
いつも、そこに希望の光は届けられているのではないか。

レイキを学んでいると、どうしても最後には煩悩は解放され、安心のみが満ちていくようだ。

瞑想は学ぼうとすると、その「学びたい」という意識が瞑想の妨げるになることがある。学ぼうとすればするほど、強い意思が壁になる。そういう時期が必ずやってくる。ところがレイキは、学ぼうとする意思を持たずとも学べる。気負わずに、楽に実践できる。そうこうしているうちに、ふと瞑想的な時空に心がただよっている感覚を味わう。ここはどこだろう?と思う。たしかに地上にあり、呼吸しているのだが、太陽や月や風や大地や緑や小動物や野菜や果物や花や蝶や香りだの、光だのいったものと一体化してしまい、そうのうちに宇宙空間のなかにいて蒼い星をみつめている自分に気付いたりする。

そして、結局のところすべてが愛おしいと思えるようになる。
生きることも、死ぬことも、生まれ変わることも。
出会うことも、別れることも。
愛することも、憎むことも。
悲しいことも、嬉しいことも。
食べることも、飢えることも。
すべてが愛であり、涙であり、喜びであり、感謝であり、
歓喜に包まれつつ、始まって終わって、そしてまた始まって終わっているのだとわかる。

結局、はじまりはひとつであり、おわりもひとつなのだろうと思えるようになる。

レイキは面白い。

ただ、あまりにもレイキを実践する私達の意識はまだまだ未熟で、使いこなせていないともいえる。

レイキを学べば間違いはないけれど、段階は無限にあり、一段一段をきちんと昇っていくべきでもある。一足飛びということはできない。なにごとも、急がば回れである。

レイキは希望の光である。でも、そこに至る道のりは、人それぞれ皆違う。だから、それぞれにみあった「それぞれのレイキを実践」する方法を学んでほしい。そういうレイキを指導する人を探して欲しい。

そう、レイキを地上にもたらした者は願っている、と思う。

ヴィバッサナー瞑想

土曜日, 1月 28th, 2012

誰にでも瞑想は必要。とくに精神性をいかに高めていけばいいのか、という命題に誰しもが取り組む時代には尚更のこと。人はとにかく考える生き物。ところが考えると神経は疲労する(すなわち、心模様も曇りがちになる)。休んでも、眠っても、疲れがとれない。そんな状況が続くとやがて黄色信号が灯ってしまう。最悪は向精神薬のお世話にならざるをえないかもしれない。

そんな時代にあって瞑想の技術を少しでも学んだり、身につけて実践していくことは必須になりつつあるのではないだろうか。

古来から知られている瞑想方法にヴィバッサナー瞑想というのがある。それを今日は、とても簡単に「今に生きる人」なら誰でもやりやすい方法にアレンジしてみたのでご紹介したい。

古典を知っている人には怒られそうだが、これがどうして効果があるのです。是非、お試しを。

【ヴィパッサナー瞑想〜写メ・イメージ法】

前置き:ヴィパッサナー瞑想では、心がとらわれている状況を手放し、客観視することにより意識を空っぽにしていこうとする技法です。でも、言葉で自分に言い聞かせるのは、なかなか面倒であったり疲れている時にはかえって神経が疲れるような気がします(個人差もあるかもしれません)。そこで、言葉はいっさい念じることなく「イメージ」だけで取り組める方法を考案しました。

準備:特に必要ありません。いつでもどこでもすぐに始められます。

方法:心に雑念がうかんできたら、その雑念にフォーカスします。心のなかで携帯をとりだして写メを撮影する時のように「対象に狙いを定め、シャッターチャンスを待つ」のです。雑念をはっきり見つめ、感じ取ったら「パシャッ」とシャッターをきります。その瞬間、イメージで「雑念の対象」が静止画で表示されていることを思い浮かべ、そして「保存ボタン」をおします。そうすると、対象は画面から消えます。

事後:ここからが大切なポイントだと思います。さきの雑念を撮影し、保存し、画面から消したら次の対象に意識を向けます。携帯を構えて、シャッターボタンをいつでも押せる状態を保ちます。心のなかに新たな雑念が浮かんでくるのを、今か今かと待ち構えるわけです。このような意識の状態をなるべくはっきりと数秒間保ってください。

以上です。

あとがき:できれば一週間ぐらいは続けてみてください。一日に何回やればいいというルールはありません。自由に試してみてください。慣れてくると一日の嫌なことをさっぱりと忘れていることに気づくようになり、一ヶ月も続ければ心が軽くなり、一年もすれば随分と前向きな自分に変われるかもしれません。

尚、この方法はヴィパッサナー瞑想に心から敬意をはらいながら考案しました。実践なさる時は心のどこかに、「ヴィパッサナー瞑想」の智慧を授けてくださった先人達に感謝をして行なっていただければと願っています。

先住民族に学ぶ

火曜日, 10月 11th, 2011

輪廻のいきさつを紐解きながら、運命鑑定をしていくと、自ずと古代からの知恵といっていい仏教の考えを引用することも多いです。それぐらい、私たちの魂にとっては非常に受け入れやすい智慧がたくさん詰め込まれていると思います。お経を読んだり、解釈していくことでなるほどと得心することも多い。多くの人の人生の悩み、深く重い葛藤も、仏の教えが救いになることはきっと多いことでしょう。

しかしながら、それだけで本当にすべてが納得いくのか、全部がまとまるのか、というとなかなか敷居が高い世界でもあり、日常的とはいえず、誰かの葬儀でもなければお坊さんの講釈を聴く機会もほとんどないのが私たちの現実生活です。また、仏教にはこの世は空であるという考えはあっても、ならばその空なる世界とどのように調和して生きていけばよいのか、という智慧はさほど多く用意されていないようです(あるところにはあるのでしょうけれど普通に仏教の表には出てこない)。

スピリチュアルな感性と現実を生きる知恵が調和し、非常にナチュラルな死生観を持っている人達といえば、やはり世界各地に少数ながら存在している先住民族達でしょう。彼らの運命に関する考え方や独自の生きていく知恵の多くが、日本人である私たちにもとても参考になります。いや、参考にすべきといっていいでしょう。

そして、ある一定数の人達は先住民族の精神を受け継いでいるので、その教えや考えを伝えていく使命を持っています(とはいえ、圧倒的に少数であることは間違いありません)。ネイティブな魂を受け継いでいる人達は、非常にリアルに自分の魂のルーツを知っている(そういう感覚をすでにお持ちになっている)ので、お会いする機会があっても「念のための確認」といったようなセッションになります。血は受け継いでいないけれど、魂の由来が先住民族であるというタイプの人も若干ですがいらっしゃいます。そういうタイプの方は自分が今生で持っている肉体、民族、国家、宗教の一切にとらわれず、あくまでも自然との調和や共生を実現する方法論をシンプルに模索する傾向があります。そして、こういう限られた人達と接触することは、非常に深い学びになることが多いものです。どうぞ皆さんも、ご自身の周囲に一般社会に属していても尚、なにか精神が自然と一体化しているような雰囲気を持っている人を探してみてください。心がけてさえいれば、一生に一人ぐらい出会えると思いますよ。