Archive for the 'レメディ' Category

ホメオパシー

水曜日, 8月 17th, 2011

国内では昨年あたりから、賛否がわかれ、批判もあいついでいるようです。批判があるということは注目もされているわけですから、わかる人には受け入れられていくのではないでしょうか。ヨーロッパでは、公に認定されているわけですから、非科学的と決めつけてしまわず、なぜこんなにも受け入れられているか検証する姿勢ぐらいは持てるとよいのでは。それが理知的な向き合い方だと思います。

ここ数年、やっと自分なりに試してみて、ホメオパシーがどのように肉体に作用するのか、少しずつ感触がつかめてきました。もっと実践例を増やして、ノウハウを蓄積していくつもりです。ひとつはっきりわかった事は、ホメオパシーを理解するには「長い時間が必要」だということです。効果がとてもゆっくりです。それはレイキもまったく同じです。比べられるものではないのですが、どちらも肉体のもっているヴァイタル(生命力)が治癒の原動力である限り、魔法のごとく完治するのではありません。自然の力で、それでいて「なにもしないよりは非常にすみやかに」回復したり、完治したりするわけです。レイキよりも、ホメオパシーのほうがより局所的、限定的、そして短時間で集中的に効くこと、また効果の強さをある程度コントロールできること、一度効果が確認できれば、同じ症状には、同じ処方でよく、誰でもレメディを常備薬として使っていくことができること、副作用はないとされていること、科学的な真偽はともかく、これは使わない手はないという感じです。

基本的なレメディについては自分なりの処方ができるようになってきました。ちょっと体調が悪い時でも、これでかなり楽になります。薬を頼らなくてもよい、というのは何よりです。若い頃、これを知っていたらあんなに薬を飲まなくてもよかったのになぁ、と思います。おかげで今は、昔飲んでいた薬を解毒する為にレメディを試しています。

ここ最近は、抗生物質を服用した人が試すレメディで解毒しています。私もかなり抗生物質を使ってきましたので、もし体内になにかが貯まるのならかなり好転反応があると思われました。飲み始めて、それなりに変調が起きているので効いているようです。

薬をたくさん使い、こうして解毒を試している。これも人生の修業のひとつということなのでしょう。楽しみながら、解毒に取り組んでいこうと思います。