Archive for the '恋愛' Category

そこに山があるなら登るべし

水曜日, 7月 3rd, 2013

近年、とても重大なご相談が増えてきました。健康について、仕事について、家庭について。今日は恋愛の行方についてのお話をひとつ。

三浦雄一郎さんがみごとにエベレスト登頂に成功なさって、世界的なニュースになったのは記憶に新しい。登山が好きな人は、なぜ危険を冒してまで冒険をするのか問われると「そこに山があるから」だといいます。私も、軟弱ながら北海道の自然が大好きで、ちょこっとですが山に登ります。でも怖がりなので、特に冬などはめったに一人で行きません。雪のない季節でも、クマが怖いので入り口に先行者の車がない時などは、いこか戻ろかとためらうほど。夏に霧にまかれて方向を見失い、あわや遭難死?と焦ったこともあります。自然の懐は深いけれど、人間はとても小さいので、万が一のことが起きると本当にあっけないものです。

ひとはなぜ恋をするのか。それはもう、そこに男と女があるからであって、恋に落ちるのも、恋愛に燃え上がるのも、理由もなにも要らない世界です。いったん火がついたら簡単に冷めるものでもない。生きるか死ぬか、というレベルで思いつめる方も多いのです。

しかし現実は本当にさまざまな事情がからんできますから、二人の気持ちがいかに高まったところで、事はそう簡単ではない。周囲の大反対に合うぐらいならまだしも、他にも様々な壁にぶつかってしまい、ご相談にみえる方も多いです。

壁がいかに高くても、登りたいのならとことん、応援する。それが私の姿勢です。なぜならこういったケースではその方の周囲に反対する人はいるけれど、応援する人が誰もいないのです。危険なエベレスト登山と同じです。でも人生を生きるのは本人なのです。誰にでも自由に未来を選択する権利があるのです。自分の意思は大事にすべきです。無謀といわれようと、夢を簡単にあきらめるようでは生まれてきたかいがないのです。

ただ、リスクもある。必ず成功するとは誰にもいえない。自然がそうであるように。人生もまたときに厳しい。だとしても簡単にあきらめるのなら本当の恋愛とはいえないかもしれません。

(そういえば、今日のニュースで大雪山系で登山者がお一人亡くなったと報道がありました。合掌。)

結婚・離婚と先祖霊

月曜日, 9月 10th, 2012

違う家庭に育った、二人の人生が交わり、ひとつの流れに紡がれていく。それが結婚です。逆にある程度の期間紡がれた絆をほどいていく。それが離婚です。

それぞれの人が持っている運命的な流れをしっかり支えているのが、先祖霊です。大きくわけると父方、母方の先祖霊が関わってきます。誰にでもついている裁判でいえば国選弁護人、マラソンでいえばコーチ、ボクシングでいえばセコンド、といった役目でしょうか。ご先祖様は非常に個性的です。先祖霊といえども、それぞれの人生を何度も生まれ変わって体験してきた人達ですから、かなり癖があるものです。得手不得手もあります。それから、ご先祖様にも悔いや反省という意識もあるのです。それが強い場合もあればほとんどない場合もあります。こういった先祖の個性、経験値、持ち越した意識などの影響を総合して因縁と称します。

ですから、パーフェクトな神様のようなご先祖様というのはいません。いや稀にいますがそれは滅多にない事例です。ほとんどの場合は、かなり個性がありますから、二人の人生の流れにかなり影響を与えることもあるのです。

結婚を決めるまでには普通は数年の交際期間があります。この間に、それぞれの家庭の習慣だとか、親族に会います。そういうお付き合いのなかから、ご先祖様の傾向を感じ取っていくことができます。ですから結婚前の交際期間はとても大事なのです。特に親族との付き合いは、大事にして欲しいところです。こういうところをはしょって、二人だけで結婚を決めてしまうとどうなるか。例えば、外国で旅行中に意気投合して帰国したらすぐ入籍をして暮らし始めるといったような場合ですね。案外、何事もなく過ぎることもあれば、次第にぎくしゃくしてくることもあり、やっぱりうまくいかない…という場合は先祖の因縁が浮上したのかもしれません。このように先祖の因縁の影響というのは割りと年月をかけて、じわりじわりと浮き上がってくるものです。潜伏期間がすごく長いこともあります。十年とか十五年ですね。お子さんを授かってから出る場合もあります。ただ、子供というのは産まれる前にご先祖様に面通しがあるので、基本的には免疫があります。両親よりは先祖の因縁の影響は受けにくいわけです。それでも尚、先祖の影響を強く受けることもあるものです。

また、女性がある年代になってから先祖との関係が浮上する場合もあります。例えば特有の疾患を繰り返す家系においては、病気をしやすい年代になるとご先祖様達がすごくアピールをしてくるのですね。注意をすごくうながしてくる、そういうことが増えると。そんな時はやはり注意をして欲しいと思います。

離婚した場合は、基本的に相手の先祖との縁は切れます。そうすると元の伴侶の先祖の影響は受けなくなる、と思いがちですが、そういうものでもありません。結婚期間中に子供をもうけたが親権を争って別れたとか(争わなくてもどちらかに深く悲しみが残ったような場合)、かなり長くお互いの親戚同士が対立があったとか、こういった場合は離婚後も、相手側の先祖の因縁を引き継ぐことがあります。なので別れたからといっても、もうすっかり関係ないとも言い切れないものです。

離婚後にまた再婚する場合は、以前の結婚を解消した時の因縁が解決されているかどうか、この確認は是非しておきたいものですね。再婚の場合は割りと短期間でスタートする事例も多いのですが、できれば事前にご先祖様同士の相性も鑑定を受けられると、安心です。特に双方が再婚で、それぞれに連れ子ある場合などは確認する項目が多くなります。

先祖の影響というのは時に次世代、次次世代まで持ち越されることもあります。また仕事、健康などの運気にはっきり影響を与えることもあります。

これらの見えないエネルギーの絆を、どう活かすのか。基本的にはご自身の心がけ次第であります。私達は、そのお手伝いをするサポーターです。

恋愛指南(結婚と子育てが必要命題の人)

水曜日, 10月 12th, 2011

今日は恋愛についてのコラムです。
大人になると、恋をしてわくわくどきどきする期間はどんどん短くなります。それよりも、いったいぜんたい「この人と一緒にいて自分はなにをしているんだ」という自問自答を人は心の奥底でするようになります。「そんなことは一度も考えたことはない!」と断言する人もいるでしょうが、潜在的に人は「自問自答」をしています。稀に本当になにも考えずに出会い、結婚してしまう人がいますが、運命的に出会ってしまう人は迷わないようです(あるいは迷う暇もない出来事に巻き込まれてしまったりします)。

お付き合いをしていくなかで「この人と人生を歩むことの意味はなんなのか」といった自問自答が始まりますがこれがなかなか簡単に答えがでないのです。ですから少しの間お試し期間が必要になります。それが短ければ半年とか1年でしょう。でも女性はなるべく早く結論を出したくなるので、早めに切り上げる傾向があるようです。それが何年も続いていく場合は、仕事の都合であったり遠距離であったり、なにか事情がある場合が多いようです。それなりに近くにいて、頻繁にデートを重ねることができる(あるいは同棲している)状況であれば、自問自答の答えを見つけるまでにそれほど年月は必要としないのが普通です。

ここでその人の「自問自答」に重みづけをしてみることにします。
最初は「結婚することを必要命題」として生まれ変わってきた魂の場合、です。

すべての魂は生まれ変わってくる時に「魂のテーマ」を持ちこしてきます。そこにはカルマという意味合いも含まれます。が、単純に「魂が持っている方向性とか個性のようなもの」と考えてください。つまり「是非、今生でも結婚をして家庭を持ってみたい」と、かなり強くイメージをして生まれ変わってきた場合です。
(ということは、さほど家庭を持つことを重視していない場合もあるわけです。その場合については別の機会に。)

例えば、前世で子育てを十分にできなかった人の場合(例えば十分な教育をしてやれなかった、健康に育てられなかった等の悔いが残っている)は、非常に子育てにこだわる傾向があります。当然、結婚をして子育てをすることを必須の命題として生まれ変わってきていますから、出産と子育ての機会をつかむべく行動します。自然に結婚適齢期には恋愛=結婚をする、つきあっている人が父親に(あるいは母親に)なる、というイメージが出来上がっています。そこにほとんど迷いはありません。しかしながら、いろいろな事情で結婚ができず年齢を重ねてしまうことがあります。その場合は、「自分はやるべきことをやっていない」という葛藤が心の深いところから沸き起こってくるようになります。家庭を持つことを重要視していながら、結婚に、あるいは子宝に恵まれないことがあるのです。その理由は大きなものでは、まず健康がすぐれない場合です。健康運と家庭運は非常に関係があるのです。自分も相手を選ぶわけですから、当然相手からも自分を選んでもらわねばなりません。自由恋愛においては、健康な肉体と優秀な遺伝子を持つものは優位に立ちます。つまり、健康でなければ出産と子育てをこなせません。健康であることはとても重要な要因になります。もし、精神的に、あるいは体質的に健康に少しコンプレックスがあれば改善する努力をしましょう。そうすることで、以外とすんなりお相手が見つかることも多いものです。

また、結婚を目標にしていながら、結婚そのものに苦手意識やコンプレック(いわゆるカルマ)を持って生まれ変わってくる魂もかなり多いのです。その場合は、自分の苦手意識に気づいてもらい、ネガティブな感情を押し殺さないように心がけてもらいます。特定の場面や状況で気持ちが沈んだり、逃げ出したくなったりする事も多いので、自分の傾向とその原因をしっかり見つめておくといざという場合に対しての心構えができ、乗り越えやすくなるのです。原因が前世にある場合は霊視鑑定をして、過去にどのようなドラマを体験したのか確認します。

その他、ちょっとした風水の工夫をしてもらう、趣味やスポーツなどでエネルギーをリフレッシュして運気アップをはかる場合もあります。様々な工夫を通して結婚の運気をあげ、魂の命題にむかってトライしていただきます。